理想すっぴん肌をつくる!正しい洗顔方法

顔のテカリや毛穴の黒ずみ、ニキビなど…女性の肌の悩みは尽きないですよね。

でも実は、そういった悩みは間違った洗顔の方法によって引き起こされていることもあるんです。

毎日の洗顔を丁寧に行い、肌の水分と油分のバランスを適切な状態に導くことで、肌トラブルの改善が期待できます。

正しいケアをここで覚えて、肌悩みのない理想のすっぴん肌を目指しましょう♪

正しい洗顔方法

STEP.1
ぬるま湯で予洗いする
洗顔料をつける前に、まずはお湯で予洗いをしましょう。

お湯は熱すぎると過剰に皮脂を落としてしまうので、33〜35度程度のぬるま湯が適切です。

予洗いはこすらず、表面の汚れを落とすくらいにとどめましょう。

STEP.2
洗顔料をよく泡立てる
次に洗顔料をよく泡立てます。

手のひらに洗顔料を適量出し、ぬるま湯を少しずつ加えながら卵を溶くように泡立てていきます。

洗顔料は少なめ、水は多めになるように調節し、手を逆さにしたとき下に落ちないくらい弾力のある泡を作りましょう。

泡の量はピンポン玉2個分程度が目安。

時間がないときは泡立てネットを使ってもOKです。

STEP.3
Tゾーンを洗う
泡ができたら、額や鼻周りなどのTゾーンを先に洗います。

まず皮脂の分泌が多い額に泡をのせ、泡を転がしながら鼻まで伸ばし、なるべく指が肌に触れないように優しくなじませます。

目頭から鼻筋にかけてのくぼみは洗い残しが起きやすい部分なので、念入りに洗うのがポイントです。

STEP.4
Uゾーン&目元・口元を洗う
Tゾーンを洗えたら、乾きやすい頰(Uゾーン)を洗いましょう。

頬は皮脂の分泌が少なく乾燥しがちなためサッと短時間で洗うようにし、最後に皮膚の弱い目元と口元を洗います。

細かい部分には指の腹で泡を行き渡らせ、摩擦を加えないよう優しくなじませていきます。

STEP.5
丁寧にすすぐ
目元、口元まで洗い終えたら、たっぷりのぬるま湯で素早く泡を洗い流します。

水圧の強いシャワーを当てたり、指でこするようにすすぐのはNG。

両手でぬるま湯をすくい上げて、刺激を与えずそっと洗い流すようにしましょう。

STEP.6
タオルで押さえるように拭く
よくすすいだら、清潔なタオルで顔を押さえるように水分を拭き取ります。

洗顔後のデリケートな肌にとって、タオルでこする刺激はシミやシワの原因にもなるので、力を加えすぎないように注意しましょう。

化粧水などのコスメの浸透を良くするためには、完全に肌の水分を取り去るのではなく、やや湿り気を残しておくのがおすすめです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。