ベビーオイルでクレンジングする方法|肌荒れやニキビは大丈夫?

赤ちゃんの保湿剤として使われるベビーオイルですが、クレンジングとして使うと美肌になると話題になっているそう。でも、そもそも肌に塗るベビーオイルでメイクがちゃんと落とせるのか、ちょっと気になりませんか?

そこで、こちらでは、ベビーオイルでクレンジングが本当にできるのか、肌荒れやニキビなど、肌トラブルを起こすことはないのか、調べてみました。

ベビーオイルクレンジングでメイク汚れは落とせる?

ベビーオイルクレンジングでメイク汚れは落とせる?
前提として、ベビーオイルで油性のメイクや毛穴の汚れまで落とせるのか、少し疑問に思ってしまいますよね。

では、そもそもベビーオイルって何からできているんでしょうか?一番最初に思いつくのは、大体、ジョンソンのベビーオイルですよね。成分を見ると、「ミネラルオイル」と「酢酸トコフェロール」のみ。

しかも、酢酸トコフェロールは酸化安定剤として微量に配合されているだけなので、ほぼミネラルオイルでできていると言えます。

ミネラルオイルというのは、「鉱物油」といわれるもので、石油から精製された無色透明の液状オイル。濃いメイクでもするっと落ちると言われる、比較的安価なオイルクレンジングによく使われています。

そして、ベビーオイルは、もともとクレンジングに使われているミネラルオイルでできているもの。なので、市販されているオイルクレンジング同様、メイク汚れを肌から浮き上がらせることができるというわけです。

ジョンソンベビーオイル

ベビーオイル単体ではメイク汚れは落とせない

ただ、ベビーオイルには、市販されているオイルクレンジングと違って、水と油を乳化する界面活性剤が配合されていません。

そのため、水で洗い流すと水と油が分離して肌にベタベタ感が残り、せっかく浮かせた汚れもスッキリ落とすことができません。市販されているオイルクレンジング同様に、ベビーオイルクレンジングで完璧にメイクを落とすためには、別途、洗顔料によるダブル洗顔が必要になります。

ベビーオイルクレンジングって肌荒れしない?

ベビーオイルは、ほぼミネラルオイル=鉱物油でできているとご紹介しましたが、これを聞くと、肌荒れしないか心配という方も多いかもしれません。確かに「鉱物油」というと、何となく肌によくないというイメージもありますよね。

でも、最近のミネラルオイルは精製過程できちんと不純物が取り除かれているため、安全性の高いもの。

また低刺激で安定性にも優れていますし、何より、ベビーオイルは赤ちゃんの肌にも安心して使えているわけで、これを大人の肌には使えないなんてことはありませんよね。使い方を間違ったり、アレルギーなどがなければ、ベビーオイルをクレンジングとして使用しても、肌荒れする可能性は低いと考えられます。

ベビーオイルクレンジングで得られる美肌効果


ベビーオイルで肌に負担なくクレンジングができることはわかったけれど、何かメリットがないと続ける理由、ありませんよね。

そこで、ベビーオイルでクレンジングをすることで、肌にはどんな効果が得られるのか調べてみました。

界面活性剤による肌への負担が軽減できる

前述したように、通常のミネラルオイルを使ったクレンジングオイルには、水と油の乳化をする界面活性剤が配合されています。脱脂作用が強く、洗浄力も高いため、濃いメイクも簡単に落とせますが、その分、肌に相当な負担がかかっています。

その点、ベビーオイルには界面活性剤は配合されていないため、その分の肌への負担を大幅に軽減することが可能。刺激に弱い敏感肌でも、最小限の負担でメイク汚れを落とすことができます。

肌を乾燥や刺激から守る

ベビーオイルでクレンジングをすると、つっぱり感がなく、肌にうるおいが残ります。

これは、ミネラルオイルの保護膜作用。肌から水分が蒸発するのを防いだり、外部刺激から肌を守る働きをしてくれるので、乾燥肌や敏感肌のクレンジングとしても向いています。

角栓を除去して毛穴の開き・黒ずみを防げる

具体的な角栓除去方法は後述しますが、ベビーオイルを使うと誰でも簡単に角栓除去ができます。毛穴の開きや黒ずみ、いちご鼻の予防・改善につながり、ツルツルできれいな小鼻を目指せます。

コメドと角栓の違いとは?顔の毛穴のポツポツを解消する正しい毛穴ケア顔の毛穴のポツポツの原因として挙げられる「コメド」や「角栓」コメドと角栓、何か違うの?と疑問に感じたことはありませんか? こちらの...

ベビーオイルを使ったクレンジング方法

ベビーオイルのクレンジング方法
ベビーオイルクレンジングの効果を生かすためにも、正しい手順で行うことが大切。こちらからは、ベビーオイルを使った基本的なクレンジング方法をご紹介します。

基本の手順

①マスカラなどのポイントメイクはコットン湿布で先にオフ

落ちにくいウォータープルーフのマスカラや口紅は、専用リムーバーで先に落としておきます。通常のポイントメイクは、コットンにベビーオイルを浸して目元・口元に置き、1分ほど置いて浮いてきたらやさしく拭き取ります。

②ベビーオイルを手に取り肌全体になじませる

ベビーオイルをたっぷりめに手に取り、Tゾーン、Uゾーン、頬、目元・口元の順になじませていきます。なじませるときは指の腹を使い、卵を割らない程度の力加減で行うこと。

③ティッシュや蒸しタオルで汚れを拭き取る

メイクが浮いてきたらティッシュや蒸しタオルを使って拭き取ります。拭き取るときは、肌に摩擦を与えないよう、こすらず、やさしく押さえるように心掛けてください。

蒸しタオルは、タオルを水で濡らして軽く絞ったら、ロールケーキのように丸めてレンジで30秒から1分ほどチンすれば簡単にできますよ♪使っている電子レンジに合わせて、時間や絞り具合を調整してください。温まったら広げ、冷まして使います。ヤケドをしないように気をつけてくださいね。

④洗顔料で洗い流す

最後に、洗顔料をよく泡立てて、クレンジングと同様の順番に泡をのせながらなじませ、洗い流します。べたつきが残らないよう、丁寧に洗い上げましょう。

洗顔後のつっぱりが気になるときは、泡立てた洗顔料にベビーオイルを1、2滴たらし、混ぜ合わせてから洗ってみてください。ベビーオイルの保湿効果で、洗い上がりもしっとりしていますよ。

ベビーオイルと綿棒で行うカンタン角栓除去方法

  1. 洗顔後、蒸しタオルを顔に置き、毛穴を開かせておく
  2. ベビーオイルを手に取り、角栓の気になるところをくるくるとマッサージする
  3. ベビーオイルを綿棒にしみ込ませる
  4. オイルがいきわたって浮き出てきた角栓を綿棒でやさしく押し出す
  5. タオルやティッシュで拭き取る
編集部
編集部
通常は、1、2だけでも角栓は除去できます。うまく取れないときに綿棒を使ってみましょう。ただし、やりすぎは余計毛穴の開きが目立ってくる危険性もあるので注意!週に一度にとどめ、角栓を除去した後は保湿を忘れないようにしましょう。

デメリットや注意点を把握しておこう

デメリットや注意点を把握しておこう

ベビーオイルクレンジングは、肌に負担なくメイクが落とせるものの、それなりのデメリットや注意すべきこともあります。ベビーオイル、買って損した!なんてことにならないよう、自分に向いているか確認しておきましょう。

面倒くさがりには向かない

ベビーオイルクレンジングは、メイク料を浮かせる力は普通のオイルクレンジングとほぼ変わりません。

ただ、洗い流すとなると、お湯でもダメですし、洗顔料による洗顔でもベタベタ感がなかなかとれません。さっぱり仕上げるには、やはり洗顔前にティッシュかタオルで丁寧に拭き取らないといけないのですが、これがかなり面倒。

ティッシュだと肌を傷めることもありますし、タオルを使うにしても、蒸しタオルを作ったり、メイク汚れが付いたタオルを洗ったりと、やることが多いです。面倒くさがりさんは、ベビーオイルクレンジング、続かないかもしれませんね・・・。

ニキビができやすい人・オイリー肌には向かない

ベビーオイルクレンジングは、洗顔をしても油膜が肌に残りやすく、肌が乾燥しやすい人には適度なうるおいになります。

ただ、逆にこの残った油が毛穴に詰まりやすいので、オイリーな脂性肌やTゾーンにニキビができやすい人には不向き。肌に残ったベビーオイルを洗顔料でしっかり落としておかないと、次の日にニキビや吹き出物ができたりすることもあります。

保湿不足を招くこともある

前述したように、ベビーオイルの主成分、ミネラルオイルは肌を乾燥や刺激から守る保湿効果が期待できます。

でも、それはベビーオイルが肌に浸透しているからではなく、あくまでオイルが肌表面に保護膜を作っている結果。そのため、肌は保湿されているような感じがするのに、実際、角質層には保湿成分が不足している状態、つまりインナードライ肌になってしまう危険性があります。

ベビーオイルによるクレンジングは、界面活性剤を使わないという点では肌に負担がかかりません。

ただ、きちんと落とさないと、ミネラルオイルが肌に残り、かえって保湿不足を招くというデメリットもあります。また、ベタベタ感が気になって何度も洗顔することによる乾燥にも注意が必要です。

摩擦によるシミ・くすみの原因になることもある

ベビーオイルクレンジングは、メイクを浮かせた後、ティッシュやタオルで拭き取る必要があります。

その際、肌をこすることで摩擦による色素沈着を起こし、シミやくすみを作ってしまうことがあります。拭き取りの際は細心の注意を払うなど、丁寧な作業が必要になります。

まとめ

ベビーオイルクレンジングは、メイクが落とせるだけでなく、角栓も除去できるクレンジング法としてメリットもある反面、デメリットもあります。

特に、肌に残ってしまうと、ニキビや吹き出物、保湿不足など、様々な肌トラブルの原因となることもあるため、丁寧さがかなり必要になってきます。過度に美肌効果を期待せず、お風呂場などで角栓をケアするときのクレンジングとして使うのが一番適しているかなと思います。

ベビーオイル自体、さほど高価なものでもなく、保湿剤やマッサージオイルとしても使えますので、いちご鼻にお悩みの方は一度試すのもアリですよ♪

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

ブティーマガジン
編集部
ブティーマガジンはあなたの知りたいを追及するWEBマガジンです。クレンジング、スキンケア、基礎化粧品に関する記事を配信しています。