BBクリームとファンデーションの違いとは?仕上がりの差を徹底検証!

BBクリームとファンデーション、ベースメイクに使うならどちらが優秀でしょうか。

成分やカバー力、仕上がりなどに違いがあり、それぞれにメリットやデメリットがあるので、はっきりとどちらが優れているとは言えません。大事なことは、違いを理解して使い分けることです!

今回は、実際のコスメを使用してBBクリームとファンデーションの違いを比較解説します。

BBクリームとファンデーションの違いって?

  • BBクリームとファンデーション、何が違うの?
  • BBクリームを塗ればファンデはいらない?
  • BBクリームとファンデなら、肌にやさしいのはどっち?

BBクリームとファンデーションの違いがよくわからない、という人は多いでしょう。

BBクリームは数年前に韓国コスメをきっかけに、日本でも人気を集めましたが、今ではすっかりベースメイクの定番コスメになりました。

最近は、ファンデーションではなくBBクリームをベースメイクのメインに使っている人も多いですよね。

佐々木りな
佐々木りな
ちなみに私も普段はBBクリームかCCクリーム派で、特別な日にはファンデーションを使っています。

BBクリームの口コミを見てみると、ほとんどの人が時短メイクや肌にかかる負担を減らすためにBBクリームを選んでいることがわかりました。

時短で肌に負担がかかりにくい、それだけがBBクリームとファンデーションの違いではありません。

それぞれの違いや特徴を知れば、上手に使い分けて肌負担を抑え、肌の調子も良くなりますよ!

BBクリームとファンデーションの特徴

BBクリームの特徴

  • ファンデ、日焼け止め、美容液、化粧下地、コンシーラーなど1本で数役を果たす
  • リキッドファンデよりテクスチャーにコクがあるものが多い
  • カバー力はリキッドファンデと同じ、または少し劣るかのどちらか

CCクリームの特徴

  • 化粧下地とカラーコントロール、日焼け止め、美容液の4つの役を果たすものが多い
  • カバー力はリキッドファンデ、BBクリームより弱め

ファンデーションの特徴

  • プレストパウダーやリキッド、クリームとテクスチャーのバリエーションが多い
  • シミやニキビ跡など、目立つ肌悩みのカバー力が高い
  • カラー展開が多い

CCクリームは、カラーコントロール効果があり、BBクリームとファンデーションよりカバー力が低いため、他の2つとはっきりとした違いがわかりやすいですよね。

実は曖昧?BBクリームとファンデの違い

BBクリームとファンデーションの違いをまとめてみると……

  • カバー力はファンデの方が高いものが多い
  • BBクリームは1つでベースメイクを完成できる
  • BBクリームはファンデと比べてスキンケア成分が多く配合されている

3つの違いがあると言えますが、最近はファンデーションでもスキンケア成分にこだわって作られているものもあります。

また、BBクリームでもベースはリキッドファンデーションと成分に大きな違いはなく、メーカーがBBクリームとして販売しているだけのものもあり、違いは曖昧になっているのです。

しかし、BBクリームは1つでベースメイクを完成できるという、ファンデーションにはない特徴があります。

ベースメイクを1つで完成できるぶん、肌に複数のコスメを重ねなくて済むので、肌に与える負担はファンデーションより軽いと言えるでしょう。

では、気になるカバー力や仕上がりにはどのような違いがあるのでしょうか。

BBクリームとファンデーション、ベースメイクとして優秀なのは?

BBクリームとファンデーション、ベースメイクとして優秀かどうかをカバー力と仕上がりの違い、質感、肌への負担などから考えてみました。

今回は、BBクリームとファンデーションの違いを検証するために、同じメーカーのBBクリームと下地+パウダリーファンデーションを使ってみます。

使用したものはこちら!

BBクリーム:セザンヌ BBクリーム
化粧下地:セザンヌ UV ウルトラフィットベース
パウダーファンデ:セザンヌ UVファンデーションEXプラス

上がBBクリーム、下がファンデと下地を使った写真です。

色味に若干の違いがありますが、赤く囲んだニキビ跡部分はファンデの方がカバーできています。

シミカバー力は大差ないように見えますが、パウダリーファンデーションはファンデの中でも比較的カバー力が低いので、パウダリーファンデとBBクリームの場合はシミカバー力は大差ないのかもしれません。

ちなみに、他メーカーのBBクリームとパウダリーファンデーションでも比較してみましたが、同じくニキビ跡や鼻のまわりの赤みのカバー力はパウダリーファンデーションの方が高かったです。

仕上がりのキレイさ BBクリーム△ パウダリーファンデーション◯
質感 BBクリーム◯ パウダリーファンデーション△
キープ力 BBクリーム× パウダリーファンデーション◯
総合評価 パウダリーファンデーションの方が使いやすい

ナチュラルな仕上がりでは、BBクリームの方が優れていましたが、キープ力や仕上がりのキレイさ、カバー力の面ではやはりパウダリーファンデーションの方が優れていました。

比較的カバー力の低いパウダリーファンデーションで、BBクリームよりカバー力が高いということは、リキッドファンデーションやクリームファンデーションならもっと仕上がりに差が出るでしょう。

BBクリームとファンデーションの使い分け方

カバー力や質感など、仕上がりに違いがあるとわかったBBクリームとファンデーションですが、実際どのように使い分ければいいのか悩みますよね。

一番使い分けやすいのが、シーンによっての使い分けです。

カバー力はファンデーションの方が高いものが多いので、ファンデーションは特別な日や仕事の日用に、BBクリームは休日のちょっとしたお出かけの日用に、と使い分けてみましょう。
コンシーラーを使えば、BBクリームで仕事メイクをしてもいいですね。

BBクリームを使ってもクレンジング、洗顔はしっかりと!

「BBクリームはファンデーションと違って毛穴に詰まらない」という誤解をしている人もいますが、毛穴に入るという点ではBBクリームもファンデも同じです。

むしろ、BBクリームは油分が多いので、パウダリーファンデーションやリキッドファンデよりも毛穴に詰まりやすいと言えます。

下地、日焼け止め、カラーコントロール、と色々なコスメを重ねないぶん、肌につける余分な成分が少なく済むという点では、BBクリームの方が肌負担は軽いですが、毛穴に対しては話は別です。

BBクリームを塗ってもクレンジングや洗顔をしっかり行わないと、毛穴が詰まって黒ずみやニキビの原因になります。

BBクリームとファンデーション、どちらを使ってもクレンジングは忘れずに、できれば市販の安いクレンジング剤ではなく、洗浄成分がやさしいものが多い通販系を使って汚れを落としましょう。

BBクリームとファンデーションの併用はできる?

BBクリームとファンデーションの併用は可能ですが、厚塗りになりやすいのであまりおすすめはしません。

BBクリームをコンシーラーがわりにして、パウダリーファンデーションを重ねる場合も、先に塗ったBBクリームに色を合わせるためにファンデが厚塗りになりやすく、いかにもメイクしています感が出やすくなります。

また、BBクリームは油分が多いので、ファンデを重ねるとメイク崩れしやすくなり、特にオイリー肌の人はTゾーンがテカる原因になってしまいます。

カバー力を高めたいなら、ファンデーションとコンシーラー、またはBBクリームとコンシーラーを併用する方が肌負担も少なく、メイク崩れも最小限に抑えられますよ。

プチプラからデパコスまで!おすすめBBクリーム

最後に、ドラッグストアで購入できるBBクリームから、デパコスや通販系のスキンケア効果の高いBBクリームをご紹介します。

おすすめは、もちろんスキンケア効果の高いBBクリームです。

ベースメイクを美容成分が多く、無添加のBBクリームメインに変えれば、肌負担を抑えて使い続けることで素肌の調子も良くなるでしょう。

1. 毛穴パテ職人 エッセンスBBクリーム ML(モイストリフト)

おすすめ度 ★★★★
美容成分 レチノール誘導体、ローヤルゼリーエキス、Wコラーゲン、豆乳発酵液、アクアミネラル、スクワラン、ビタミンB-E、セラミド、アーチチョーク葉エキス
カバーできる肌悩み 毛穴、乾燥

ドラッグストアで購入できるプチプラBBクリームなら、断然毛穴パテ職人のBBクリームがおすすめです。

毛穴パテ職人から出ているBBクリームの中でも、特に毛穴カバー力とスキンケア効果が高いのが、モイストリフトです。

美容成分たっぷり、肌ストレスブロック処方でスキンケア感覚で使えます。

一気に塗ると厚塗りになりやすいので、少しずつ肌に丁寧に叩き込むように重ねると、コンシーラーいらずの毛穴カバー力を発揮します。

乾燥小じわのカバー力は効能評価試験をクリアしているので、エイジングによる乾燥小じわ隠しにもおすすめです。

2. ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクションBB

おすすめ度 ★★★★
美容成分 ターマルウォーター

敏感肌でも使える、低刺激の日焼け止めBBクリームです。

SPF50+、シミやシワ、たるみの原因になるロングUVAも防ぎ、毎日のベースメイクでエイジングケアができます。

大気中の物質から肌を守る効果もあり、健やかな肌に整えてくれる上に、洗顔料で落とせるほど肌にやさしいBBクリームです。

カバー力はそこそこですが、ツヤのある仕上がりになるため、コンシーラーと合わせて使えば今っぽいナチュラルなツヤ肌に仕上がりますよ。

佐々木りな
佐々木りな
私はBBクリームではなく、ラ ロッシュ ポゼの下地を使っていますが、下地だけでも自然なツヤ感が生まれるので気に入っています。

肌荒れしているときにも使える低刺激処方な点もお気に入りポイントです。

3. オンリーミネラル ミネラルエッセンスBBクリーム

おすすめ度 ★★★★★
美容成分 オーガニックエキス、セラミド3種類、植物エキス、ビタミンC誘導体、シアバター

石鹸落ちミネラルコスメで人気のオンリーミネラルのBBクリームです。

シアバターや植物エキス配合で保湿力が高く、乾燥肌もツヤのあるレア肌に仕上がります。

石鹸で落ちるので、マイルドな洗浄力で肌にやさしいクリームやミルクタイプのクレンジングでも落としやすいです。

カバー力も高く、小鼻の赤みや毛穴をナチュラルにカバーしてくれます。

毛穴に詰まりやすいシリコンや鉱物油が配合されていないので、毎日使い続けても肌負担が軽く、素肌が健やかに育ちやすくなるでしょう。

毎日BBクリームを使うなら、価格は少々高くなりますが、無添加で落ちやすいアイテムがおすすめです!

BBクリームとファンデーションはシーンによって使い分けよう

BBクリームとファンデーションは併用するのではなく、日によって使い分けると肌に負担をかけないベースメイクで、素肌力がアップします。

日常的には肌負担の軽いBBクリームを、特別な日にはしっかりカバーしてくれるファンデーション、というように使い分けてみましょう。

また、毎日メイクをするなら、ちょっと奮発して美容成分が多く無添加で落ちやすいBBクリームを選ぶと、より肌が整いやすくなります。

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

佐々木りな
美容ライター
佐々木りな
アラサーの美容ライターです。最近3ヶ月で10キロの減量に成功しました!愛猫と一緒に暮らしていますが、婚期からどんどん遠ざかっている気がする今日この頃。