家庭用脱毛器でvio処理は可能?セルフケアの方法と注意点を解説

ビキニラインや陰部・肛門まわりを”vio”と呼びますが、ムダ毛が生えている部位の中で、特にデリケートな部分です。

見えづらく自分で脱毛するのは難しいため、プロの手を借りるのが安心ですが、デリケートな部分なので、施術を受けるのにためらいを感じる人は多いでしょう。

初めて家庭用脱毛器でvioを処理しようと考えている人は、まずどんな家庭用脱毛器を選べばいいのか、製品選びで悩みますよね。

また、どのように脱毛器を使えばいいのか、注意点なども合わせて確認しなければいけません。

今回は、vioを家庭用脱毛器で脱毛したい人向けに、vioの脱毛ができる家庭用脱毛器の選び方使い方おすすめ製品をご紹介します。

vio脱毛とは?家庭用脱毛器で行うメリット・デメリット

vioラインを細かく見てみると、

  • vライン:アンダーヘア部分と太ももの付け根部分
  • iライン:vラインから女性器の両側につながる部分で、特に脱毛しにくい
  • oライン:お尻の穴のまわりで細かい毛がたくさん生える部分

VIOは、他の部位に比べると脱毛しにくく、どのような状態になっているのか自分で確認しづらいですよね。

しかし、最近はvioの脱毛をエチケットとして行う人が増えており、vioラインの脱毛への関心度が高まっています。vio脱毛はプロに任せたいのが本音でも、デリケートで人に見せたくない部分なので、中々チャレンジしにくいですよね。

家庭用脱毛器なら、他人にvioラインを見せて脱毛する必要はありませんし、エステやクリニックで受ける施術に比べるとコストも大幅に抑えられます。

また、最近はvioライン専用ではなく、全身用かつvioラインの脱毛もできる家庭用脱毛器があるので、1台で全身脱毛までできてコスパが良いのです。

vioは自分で確認しづらい部分なので、十分に脱毛処理ができるようになるには、時間がかかります。早く脱毛完了したいからと使う頻度を増やすと、vioはデリケートなので肌トラブルの原因になるので要注意です。

vioを家庭用脱毛器で脱毛するには、vio脱毛がしやすい脱毛器を選ぶことと、最初は時間がかかっても良いので正しい方法で脱毛できるよう、他の部位以上に気をつけなければいけません。

vioに使える家庭用脱毛器の選び方4つのポイント

①vio対応の家庭用脱毛器を選ぶ

家庭用脱毛器ならなんでも良い、というわけではありません。vioは特にデリケートなので、vioの肌質や構造を考えて作られた専用の家庭用脱毛器を使わないと、思わぬトラブルが起こる可能性があります。

特にvioには家庭用脱毛器が反応する黒色の部分が他の部位より多いため、レーザーや光脱毛機の場合は、ムダ毛以外の部分に反応して肌が傷つきやすいのです。vio対応の家庭用脱毛器もありますが、できればvioに特化した専用の家庭用脱毛器を選びましょう。

②vioのムダ毛部分に照射しやすいかどうかチェックする

vioまわりのムダ毛が生えていない部分に家庭用脱毛器が反応すると、肌が傷ついてしまう可能性があるため、ムダ毛部分にピンポイントに照射できる家庭用脱毛器を選びましょう。

照射面積を部位ごとにカートリッジを変えて調整できると、簡単にvioのムダ毛部分に照射できます。

照射面積が変えられない、照射面積が大きいことが売りの家庭用脱毛器はvio脱毛には不向きです。vioに特化した家庭用脱毛器ではなく、全身脱毛も可能な家庭用脱毛器を選ぶなら、必ずカートリッジを交換して照射面積を変えられるタイプを選んでくださいね。

③照射回数が多い家庭用脱毛器を選ぶ

vio脱毛に向いているレーザー、光の家庭用脱毛器には、カートリッジを交換して使うタイプ交換できない使い捨てタイプがあります。カートリッジ交換タイプなら、脱毛器本体が無駄にならず長く使えるのでおすすめです。

ただし、最近は使い捨てタイプでも照射回数を多くすることで、交換タイプとコスパが変わらないものが増えています。カートリッジ交換タイプ、使い捨てタイプに限らず、照射回数が多いものを選ぶとランニングコストがかかりにくいですよ!

④安全性の高さをチェックする

vioに限らず、家庭用脱毛器は肌への負担が大きいなもので、安さを重視して選ぶのはやめましょう。安い家庭用脱毛器は、肌が荒れたり、やけどをしたりとトラブルが起こりやすいので要注意です。

必ず安全性にこだわって作られているものや、万が一トラブルが起こった際に素早く対応できるアフターフォローサービスがあるメーカーのものを選びましょう。

vioを家庭用脱毛器で処理するポイント

下準備は忘れずに

脱毛前の下準備では、Vラインの形を決め、あらかじめ長い毛をカットしておきます。Vラインの形を決めるには、専用のプレートやペンがあるため、大雑把に決めるのではなく便利なアイテムを使って決めましょう。

脱毛前に長い毛をカットするのは、毛が絡まってうまく脱毛できないことがあるからです。長さは1〜2mm程度までカットして整えると、細かい部分の毛も家庭用脱毛器で処理しやすくなります。

また、脱毛前に肌を冷やして痛みを和らげるために保冷剤と、vioが見えやすいように大きな鏡を用意しておきましょう。角度を変えられるスタンド型の鏡がおすすめです。部屋は明るくしてくださいね。

照射前に保冷剤で冷却して痛みを軽減

vioは特に脱毛時の痛みを感じやすいため、脱毛前に必ず保冷剤で照射する部分を冷却します。

保冷剤でしっかり冷却すれば、照射レベルが強めで痛みを感じにくくなり、スムーズに脱毛が可能です。

照射レベルは最弱から始める

下準備が終わればいよいよvio脱毛のスタートです。鏡の前でvio全体が鏡に映るように足を開き、開いた状態で脱毛するのですが、まずは最弱の照射レベルから脱毛しましょう。

早くムダ毛を処理したいから最強レベルで使い始めると、強い痛みを感じやすいので要注意です。痛みに慣れてきたら、少しずつ照射レベルを上げていきます。

照射した部分を冷却&保湿して痛みを軽減させる

照射が終わった部分を再冷却&保湿し、痛みを抑えて照射による乾燥ダメージをケアします。保湿には低刺激で毛穴に詰まらない化粧水を使うのがおすすめです。

部位別の脱毛ポイントを意識する

vゾーンは仕上がりの形をしっかりイメージする

vゾーンは形を整えることが大切なので、脱毛初期は整えやすいようにあらかじめムダ毛をカットすること、そして理想の形プレートなどを使ってしっかりイメージすることが大切です。

毛量が多い人は、特に脱毛しづらいため、脱毛前の下準備の時点でハサミで丁寧にカットするのを忘れないでくださいね。毛量が元々薄くて形を整えれば十分、という人は、イメージした形を目指して余分な部分を脱毛すればOKです。

iゾーンとoゾーンは見えやすい体勢を見つけることが大事

iゾーンは陰部の両側は粘膜に近いため、脱毛時は特に注意が必要な部分です。見えにくい部分なので、見えやすい体勢を色々試してみてください。脱毛のポイントは、vゾーンとつながるように脱毛すると自然な仕上がりになります。

毛量を調整するなら最初と次回の脱毛で全部剃ると、次に生えてくるムダ毛の量を抑えることが可能です。

仕上がりに関わらず、iゾーンに家庭用脱毛器を使うときは、空いている方の手で照射部分をやさしく引っ張った状態にすると照射しやすくなります。

vioに家庭用脱毛器を使うときの注意点

①照射前に黒ずみを確認してレベルを調整する

vioは下着による擦れで黒く色素沈着しやすい部分です。vioに使う家庭用脱毛器は照射するタイプで、黒い部分に反応するため、ムダ毛がなくても黒ずみがあると反応して肌にダメージを与える可能性があります。

脱毛前に必ず鏡で黒ずみの程度を確認し、黒ずみがある場合照射レベルを最弱の状態でゆっくり脱毛しましょう。同じ理由で、vioにほくろがあると脱毛器が反応して火傷する可能性があるため、ほくろ部分は皮膚に貼れる白いテープでカバーしてください。

脱毛器はほくろがあると使えない?消える、濃くなるのは本当?ほくろに脱毛器はよくない?フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、黒い色素に反応して毛を処理します。ほくろやほくろの近くから生えている毛を脱毛できるのか、安全に使うことが出来るのかについてご説明します。...

②肌が敏感な時期は家庭用脱毛器を使わない

生理の時期や体調が悪いとき、肌トラブルが頻繁に起こっているときなどは、肌が敏感状態なので家庭用脱毛器を使うのは一旦中止しましょう。

家庭用脱毛器は肌に与えるダメージが大きいので、肌の調子が悪いときに無理に使うと思わぬトラブルが起こる可能性があります。

敏感肌でも脱毛器は使える?選び方や使用方法、注意点を徹底解説!敏感肌でも家庭用脱毛器でセルフ脱毛をしていいのか、不安な方は多いと思います。 敏感肌でも刺激の少ない脱毛器を選べば、除毛クリームや...

③脱毛後はお風呂に入らない

家庭用脱毛器で肌を照射すると、肌が一時的に刺激に弱くなるため、湯船に浸かって体温を上げたり、炎症を起こしている場合はシャワーも避けましょう。

特にvioは雑菌の影響を受けやすい部分なので、脱毛当日は入浴を控え、翌日は肌の状態を見て炎症を起こしたり、刺激を感じたりなど異常がなければシャワーを浴びても大丈夫です。

vio対応おすすめ家庭用脱毛器2選

ケノン

ケノンはメーカー側が推奨するのはvラインのみで、io部分は自己責任としていますが、口コミを調べるとvioの脱毛に使っている方が多く、トラブルの報告もほとんどないため、安全に使える家庭用脱毛器の一つです。

照射回数がたっぷりあり、照射範囲が狭いカートリッジも使えるため、vio部分に照射しやすくなっています。痛みを抑える連射モードがついているため、照射を細かくして連射することで痛みの軽減も可能です。

ラヴィ

ラヴィは、全身とvioの脱毛に合わせて、美顔器としても使えるマルチな家庭用脱毛器です。パワー調整が7段階まであるため、低いレベルから少しずつ照射刺激を肌に慣れさせることができます。

また、本体についているフタに鏡がついており、見えにくいvioの細かい部分までチェックできるのが便利です。本体のフォルムは、手にしっかりフィットするようにデザインされていて使いやすいのもポイントです。国産、最長2年保証と安全・信頼性もバッチリの家庭用脱毛器です。

vioも家庭用脱毛器で処理して全身スッキリ!

エステ脱毛などでは施術を受けにくいvio脱毛ですが、家庭用脱毛器を使えばコストを抑えつつ、心理的な不安も感じずに脱毛ができます。

他の部位に比べると脱毛にコツが必要ですが、初心者の方はvio全てを一気に脱毛するのではなく、一つずつ丁寧に脱毛してコツを押さえましょう。

セルフvio脱毛を考えている方は、今回ご紹介したvio脱毛のための家庭用脱毛器の選び方や、脱毛のポイント・注意点を参考にしてみてくださいね。

「VIO脱毛はできれば誰にも知られることなく済ませたい」と思う人は、家庭用脱毛器を是非試してみてくださいね。正しい使い方を守って、家庭で完璧なVIO脱毛を目指しましょう♪

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。