おすすめの液体洗顔料【厳選ランキング】人気の高いプチプラアイテムを紹介!

リキッドタイプやジェルタイプの液体洗顔料は、泡立てやすく、どんな肌質の方にも使いやすい洗顔料。

でも、液体タイプの洗顔料にもいろいろな種類があり、選ぶときは迷ってしまいますよね。

そこで、今回は、

  • 今人気の液体洗顔料を知りたい!
  • 肌にやさしい液体洗顔料はどれ?
  • 毛穴ケアできる液体タイプの洗顔料ってある?

など、何かいい液体状の洗顔料はないかとお探しの方のために、選び方やおすすめの商品をご紹介します。

使いやすい洗顔料をラインナップしていますので、ぜひチェックしていってくださいね。

液体洗顔料の特徴と選び方

では、どんなものを選べばいいのか、液体洗顔料の特徴と併せて選び方をご紹介しますね。

弱アルカリ性の液体洗顔料は混合肌・脂性肌向き

液体洗顔料には、カリ石ケン素地などの石けん成分で作られた弱アルカリ性のものがあります。弱アルカリ性の液体洗顔料は、石けんに近い製法で作られているため、洗顔石けん同様、油分を残さず、すっきり洗い上げられるのが特徴です。

基本的にどんな肌質の方にも使いやすい洗顔料ですが、どちらかというと混合肌や脂性肌向き。乾燥が強い方や敏感肌の方が使うと、刺激やつっぱりを感じることもあります。

肌が弱い方は弱酸性の液体洗顔料がおすすめ

乾燥肌や敏感肌など、肌が弱っていて刺激が気になる方は、アミノ酸系やカルボン酸系の洗浄成分で作られた弱酸性の液体洗顔料がおすすめ。

弱アルカリ性の洗顔料に比べて洗浄力は劣りますが、刺激も少なく、穏やかな使い心地です。保湿成分がたっぷり含まれているものを選ぶと、洗顔後もつっぱることなく、しっとり洗い上がります。

また、エタノール、殺菌剤(サリチル酸など)、ピーリング成分(AHAなど)、酸化防止剤(BHTなど)といった成分は、肌への刺激が強いと言われているため、注意が必要。特に化粧品でかぶれや赤み、かゆみを感じたことがある方は、液体洗顔料に記載されている成分表示をしっかりチェックして選ぶようにしましょう。

毛穴やくすみが気になる方は角質ケアができるものを

毛穴の黒ずみや角栓、肌のくすみが気になる方は、パパイン酵素やピーリング成分などを配合し、古い角質が除去できるタイプの液体洗顔料を選びましょう。夜だけでなく、朝の洗顔時にも使うと効果的です。

ただし、パパイン酵素やピーリング成分は肌への刺激は強めなので、乾燥が強い方や敏感肌の方はNGです。

肌なじみがよく、すすぎやすい液体洗顔料を

液体タイプの洗顔料は基本的に泡立ち、泡切れがいいものが多め。クッション性もあり、すすいだ後も洗浄成分が残りにくいということもメリットの一つです。

中には、ポンプで押し出すと泡で出てくるタイプのものや、肌に塗って流すだけという泡立て不要の液体洗顔料もあり、洗顔時の泡立てが面倒という方にはとても便利。

ただ、なじみが悪く、肌をこすってしまったり、すすぎに時間がかかる液体洗顔料は、乾燥やシワたるみ、シミなどを引き起こす原因になってしまうため注意が必要です。

肌トラブルを防ぐためにも、肌なじみがよく、手早くすすげるものを選びましょう。

液体洗顔料おすすめランキング

以上を踏まえ、人気の液体洗顔料を厳選し、口コミや価格、成分、効果等を考慮して、おすすめ順にランキング形式でご紹介します!

液体洗顔料は意外に便利!

以上、液体洗顔料の中でも、余分な皮脂や汚れを落とすだけでなく、肌を保湿したり、毛穴をきれいにしたり、肌のバリア機能をサポートしたりと、様々な機能をもった人気の商品を厳選してご紹介しました。

洗顔料というと、フォームタイプを使っている方も多いですが、液体タイプの洗顔料はポンプ式で1回分が出てきたり、すすぎやすかったりと、意外と使いやすくて便利なアイテムです。ぜひ毎日の洗顔に取り入れてみてくださいね!

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

ブティーマガジン
編集部
ブティーマガジンはあなたの知りたいを追及するWEBマガジンです。クレンジング、スキンケア、基礎化粧品に関する記事を配信しています。