半身浴の本当の効果ってなに?ダイエットには意味がない?

半身浴といえば、ダイエットに効果的ということで有名になりましたが、今では直接的にダイエット効果があるわけではない、ということがテレビでも放送されるようになりました。

でも、半身浴が美容やダイエットに無意味、というわけではありません。正しい方法で入浴すれば、直接的ではなくても、ダイエットに役立つ効果が期待できるのです。

今回は、半身浴の本当の効果や美容、ダイエットに良い入浴方法をご紹介します。

半身浴にはダイエット効果はない?

半身浴の効果というと、多くの方はきっと「ダイエットに良い」と考えるでしょう。

モデルさんの中にも、ダイエットや美容のために半身浴をすると答える人がたくさんいました。

でも実は、半身浴はダイエットに直接的な効果はありません。2016年12月に放送された『林修の今でしょ!講座』で、半身浴がダイエットに効果がないと専門家が解説していました。

半身浴にダイエット効果がないという真実

  • 半身浴は全身浴より消費カロリーが少ない
  • 半身浴で汗をかいても老廃物はあまり排出されない

ひと昔前は、女性誌のダイエット特集でよく半身浴が取り上げられていましたよね。多くの女性が雑誌を浴室に持ち込んで、30分〜1時間と長時間半身浴をしていたでしょう。

それが最近になって、「半身浴はダイエットに効果がありません」と言われたらがっかりですよね。

ダイエットに効果がないなら、半身浴には一体どんな効果があるのでしょうか?

佐々木りな
佐々木りな
私は今アラサーの20代後半ですが、中学生や高校生の頃によく読んでいたティーン向け雑誌で半身浴=ダイエットに良い、としょっちゅう載っていたんです。だからよく雑誌を持ち込んで、雑誌が湯気でふやけるまで長時間半身浴をしてました……。きっと同じ経験を持つ女性は多いはず。

半身浴の本当の効果とは

半身浴で消費できるカロリーは、10分入浴してもたったの1.5kcal程度とほんのわずか。チョコレートひとかけらのカロリーですら消費できません。

汗をかいても老廃物の多くはトイレで排出されるので、デトックス効果もほとんど期待できないのです。

では、半身浴の本当の効果とは?半身浴の本当の効果を調べてみましたが、半身浴がダイエットに全く効果がない、というわけではありませんでした。

むくみにくくなる、むくみがスッキリする

むくみはダイエットの大敵です。

特に下半身は重力の影響で水分が皮膚の下に溜まりやすく、血流やリンパの流れも悪くなりやすいため、むくみが頻繁に起こります。

デスクワークや立ち仕事で毎日のように脚がむくむ人は、むくみをケアしないと下半身にセルライトができやすくなるので要注意です。

むくみで水分と一緒に老廃物がたまると、脂肪細胞とくっついてセルライトになります。

下半身をスッキリ細くしたいなら、むくみケアは必須ですが、毎日コツコツマッサージやストレッチをするのは面倒ですよね。

でも半身浴なら、10分〜20分じっくり入浴するだけで良いから簡単です。

血行とリンパの流れが良くなるので、下半身のめぐりがスムーズになり、老廃物や余分な水分が排出されやすくなります。

老廃物や余分な水分は、半身浴中に汗と一緒に排出されるのではなく、トイレで排出されやすくなるというわけです。

身体が温まって冷え防止に効果的

女性は、男性より筋肉の量が少ないため、身体が冷えやすいのですが、身体の冷えもむくみと同じくダイエットの大敵です。

冷たいジュースやアイスはもちろん、ダイエットのためにと食べているサラダなど、日々の食習慣や運動不足、ストレスなど様々なことが原因になり、身体の冷えを起こします。

半身浴はじっくりとお湯に浸かるので、身体の芯から足の先までゆっくりと熱が伝わり、冷え改善の効果が期待できるのです。

冷え性は一日二日で治るものではありませんが、半身浴を習慣にすれば少しずつ身体が冷えにくくなるでしょう。

ゆったりリラックス効果

半身浴をすると、嫌なことがあった日でも入浴中はホッとリラックスしませんか?

半身浴のリラックス効果は、医学的にも認められているのです。

”37 〜 39℃程度のぬるめの微温浴は、副交感神経を刺激することから、軽度の血圧・心拍数・体温の変化は認められるものの、血流が促進されて身体の芯から温まり、湯冷めもしにくくなります。筋肉は浮力の作用などにより負担が軽減し、緊張がとれリラックス効果が高まり、疲労回復が促されます。”

引用:疲労回復に導く入浴の効果

40度以上の熱いお湯は、逆に交感神経を刺激するので、リラックスしたい日疲れがひどい日の熱いお湯での入浴はあまりおすすめされていません。

また、半身浴中に歌を歌うとよりリラックス効果がアップするので、イライラした日は思いっきり歌いながら半身浴をしても良いでしょう。

心身がリラックスして安眠効果も

半身浴をすると、副交感神経が優位に働いて血管が広がり、血流が良くなります。

血流が良くなって身体の芯から温まると、体温が上がってじんわりと汗をかき、お風呂から上がってまた体温が下がります。

体温が下がると、眠気が発生するので、寝る前に半身浴をして体温を上げ下げすれば、ベッドに入ってからスムーズに眠れるようになる、というわけです。

寝つきが悪くて困っている、という方は、一度寝る前の半身浴を実践してみると良いでしょう。

毛穴が開いて肌の汚れを落としやすくなる

半身浴の効果はお肌にも期待できます。

半身浴をしてじっくりと身体が温められると、毛穴が開いて毛穴の奥に入り込んだメイク汚れや、洗い残しの古い皮脂などを洗い落としやすくなります。

毛穴の奥に汚れが詰まると、角栓が大きくなって毛穴をふさがれると、酸化した皮脂や抜けなくなった産毛のせいで角栓が黒くなったように見えるのです。

半身浴で毛穴を開いてからクレンジングと洗顔をすれば、毛穴の奥にある汚れもしっかり洗い落とせるため、毛穴の黒ずみを防げます。

効果的な半身浴の方法

半身浴の効果を引き出すためには、正しい方法で入浴しなければいけませんよね。

お湯の温度や身体のどの部分まで入浴するのか、入浴時間はどれくらいがベストなのか、半身浴の効果を引き出す正しい入浴方法をチェックしましょう!

半身浴の温度は37〜39度がベスト

ぬるま湯程度の温度ですが、10分入浴していると次第に汗ばむくらいに身体が温まります。

半身浴は肩から胸の辺りがお湯から出る入浴方法なので、冬場は肌寒くなるでしょう。

寒さ対策には、タオルを肩にかける、温浴効果の高い入浴剤を使うのがおすすめです。

また、お湯をためたらすぐに入浴するのではなく、フタを開けて30分以上かけて浴室を温めるのも良いでしょう。

記事後半でおすすめしますが、温浴効果のある入浴剤は炭酸系が特におすすめです。炭酸入浴剤は血流を促す効果が期待できるので、身体が早く温まります。

私も冬場は炭酸成分入りの入浴剤ばかり使っています。

半身浴はみぞおち辺りまで浸かる

半身浴では心臓がお湯に浸からないようにしなければいけません。胸の下、みぞおち辺りまでお湯に浸かるようにしましょう。

入浴時、両腕もバスタブに入れず、バスタブから出しておきます。両腕を入れてしまうと、両腕を出したときに冷えてしまうからです。

かけ湯もみぞおちまでかけましょう。足先からみぞおちまでかけてから入ると、お湯に浸からない部分が冷えずに快適に入浴できますよ。

入浴時間は20分程度まで

半身浴はのぼせにくいので、長時間入浴できますが、1時間以上かけて入浴するのはNGです。

特に乾燥肌の人は、長時間入浴すると肌に必要な皮脂や天然の保湿成分が流れ出てしまいます。冬場は乾燥しやすいので、オイルを顔に塗っておくと乾燥対策に効果的ですよ。

時間を測りつつ、じんわりと額が汗ばんできたら半身浴終了です。

ダイエット効果を狙って、1時間以上も入浴しても消費カロリーはわずかですし、身体にも悪いので気をつけましょう。

あまり湯に長時間浸かっていることは、血圧が上昇してしまうためお勧めしません。額が少し汗ばみ、軽くドキドキし始めたら浴槽から出るタイミングです。発汗により水分が失われるため、入浴前後の水分補給が大切ですが、アルコールは脱水を起こすため、入浴前後は控えましょう。

引用:疲労回復に導く入浴の効果

入浴中の水分補給を忘れずに

入浴中は、喉が乾く前に水分補給をしましょう。

喉が乾いた時点で、身体は水分不足になっています。500mlのペットボトルに水を入れて、こまめに飲むようにしてくださいね。

お茶は利尿作用のあるものが多いので、水分補給には適していません。

ダイエット中なら、ミネラルも補給できるミネラルウォーターがおすすめです。

運動や食事の直後は入浴を避ける

ダイエットのために自宅でエクササイズをして汗を流すと、すぐにでもお風呂に入ってキレイにしたいですよね。

でも運動直後の入浴は運動の疲労が取れにくくなるので、運動のあとは30分以上時間を置いてから入浴しましょう。

食後も同じです。食後すぐに入浴すると、胃腸の消化活動がうまく行われません。食後も30分以上時間を置いてください。

半身浴中にやると効果的なダイエット方法は?

半身浴には直接脂肪を燃やすような効果はありませんが、むくみ解消リラックス効果など、間接的にダイエットに役立つ効果があります。

今回は、半身浴で間接的にダイエット効果がアップする方法をご紹介します!

足裏マッサージで簡単むくみスッキリ!

半身浴でじっくり身体を温めたら、バスタブから出る前に足裏をマッサージしましょう。

足裏は一日中全身を支えて、特に疲れがたまる部分です。さらに重力で水分と老廃物も足裏に溜まります。

足裏をマッサージするだけでも、脚のむくみが取れやすくなってスッキリしますよ!足裏マッサージの方法はとても簡単です。

半身浴中におすすめの足裏マッサージ

  1. 足の指をつかんで、左右に開くようにほぐしましょう。親指から小指まで、じっくりと左右限界まで広げてストレッチします。
  2. 足と手の指を握手するように合わせ、足首をグルグル回します。
  3. 足首からひざ下まで下から上に向かってモミモミとほぐして完了です。
佐々木りな
佐々木りな
足裏マッサージはかなりおすすめです!私も毎日半身浴中にやっています。

前は象の足のような太っちょ足でしたが、足裏マッサージをするようになって少しずつほっそりしてきました!

半身浴終わりでも良いですし、お風呂から上がってからでもOK。私の場合は、入浴後にゴルフボールを足の裏に当ててコロコロ転がすストレッチもやっています。

好きな香りでリラックス効果アップ!

イライラした日や嫌なことがあった日は、アロマオイルを使って半身浴をするのがおすすめです。

アロマオイルはたくさん種類がありますが、リラックス効果のあるものが多く、心がゆったり落ち着きますよ。アロマオイルを直接バスタブに入れる場合は、3〜5滴とほんの少しで十分です。

冬場は発汗作用のある塩とアロマオイルを混ぜ、バスソルトにしてお湯で溶かすとオリジナルのアロマバスソルトとして使えます。

バスソルトは、大さじ2の塩にアロマオイルを3〜5滴垂らして混ぜれば完成なので、簡単に作れますよ。作ったバスソルトは、すぐに使い切るようにしましょう。

おすすめのリラックス効果が期待できるアロマオイル

  • ラベンダー
  • ベルガモット
  • ネロリ
  • サンダルウッド
  • ゼラニウム
佐々木りな
佐々木りな
おすすめはサンダルウッドですね。お香のような香りで気持ちが落ち着きます。

半身浴におすすめの入浴剤

入浴剤マニアの筆者が実際に試しておすすめしたい入浴剤をご紹介します!

バブ エピュール シダーウッド&マンダリンの香り

超微細炭酸入りの入浴剤なので、身体がポカポカ温まりやすく、冷え性の方や冷えやすい冬場の半身浴におすすめです。アロマオイルを入れたときのような、心地いい香りでリラックスできます。

身体をじんわり温め、発汗作用のあるエプソムソルト入りの入浴剤です。1本のボトルで8回分でコスパはちょっと微妙なので、特に疲れた日にだけ使うようにしています。

クナイプ バスソルト グーテバランス ワイルドローズの香り

バスソルトといえばクナイプが人気ですが、特に良い香りだったのがワイルドローズの香りです。

強すぎずほんのりとやさしく香る程度のソフトな香りで、ゆっくり香りを楽しみながら半身浴できます。

バスソルトはお肌の保湿効果があるので、湯上がりの肌がしっとりしますよ。乾燥しやすい秋冬に大きいボトルを買って使っています。

効果的な入浴法で美肌もスッキリボディもゲット!

半身浴に直接のダイエット効果は期待できません。

でも、血流やリンパの流れがスムーズになることで、むくみを防ぎ、下半身をほっそり引き締めやすくなります。

もちろん、下半身痩せには運動も必要ですが、半身浴を習慣にすれば効率よくスッキリ下半身がゲットできますよ。

ダイエットよりもリラックス効果が高く期待できるので、ストレス対策にも効果的です。

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。