ヘアアイロンおすすめ10選!自由自在に髪を操るベストな1台はどれ?

髪型はストレートにするか、巻き髪にするかでガラッと雰囲気が変わります。

色々なスタイルを楽しむために必要不可欠なヘアアイロンですが、製品が多すぎてベストな1台が見つけられない、という方は多いでしょう。

今回は、ネットで人気のヘアアイロンから、プロも使用するヘアアイロンまで、おすすめのヘアアイロンを厳選してみました!

ヘアアイロン選びの5つのポイントをチェック!

ヘアアイロン選びで大事なポイントは5つあります。

①ストレート?巻き髪?求める仕上がりに合わせた種類を選ぶ

ヘアアイロンには

  • ストレートアイロン
  • カールアイロン
  • 2WAYアイロン
  • ブラシ型アイロン

4つの種類があります。

あなたはヘアアイロンで、どのような仕上がりのヘアスタイルにしたいですか?

  • 毛先までまっすぐサラサラの髪型→ストレート、2WAYタイプのヘアアイロン
  • 毛先が軽く内巻きになった髪型→ストレート、2WAY、ブラシ型のヘアアイロン
  • カール、ウェーブなど巻き髪→カール、2WAYタイプのヘアアイロン

2WAYタイプは、どのヘアスタイルにも対応して万能ですが、癖が強い人にはあまりおすすめしません。

機能が二つついているぶん、どうしてもそれぞれの性能が専用のヘアアイロンよりも落ちてしまうからです。

仕上がりを重視するなら専用のヘアアイロンを選びましょう。

②コテのサイズは髪の長さに合わせて選ぶ

コテの直径サイズは10mm単位のものから、30mm単位のものまで色々あり、どのサイズが良いのか選びにくいですよね。

コテの直径サイズは、カールの大きさと元の髪の長さに関係しています。

直径サイズが大きいほど、カールやウェーブは大きくゆるめに、小さいほど小さく細かめになります。

最近のトレンドはゆるっとしたナチュラルな大きめカール、ウェーブなので、おすすめは直径サイズができるだけ大きいタイプですね。

ただし、直径サイズが大きすぎると、ショートヘアやショートボブの場合は巻きにくくなります。仕上がりのカールに合わせて、髪の長さに合わせた直径サイズを選びましょう。

  • ショートまたはショートボブ→直径19mm〜32mm
  • ボブ〜ロング→直径32mm〜38mm

よりベストなヘアアイロンを選びたいなら、通っているヘアサロンの美容師さんに相談してみるのも手です。

自分好みの巻き髪の写真を見せて、「こんな風に仕上げるにはどんなタイプのコテが良い?」と尋ねてみましょう。

美容師さん目線で的確なアドバイスをもらえますよ。

③髪質に合わせた温度のヘアアイロンを選ぶ

ヘアアイロンは、温度が高いほどクセはつきやすいですが、そのぶん髪が受ける熱ダメージも大きくなります。

※髪の熱ダメージ

熱でタンパクが変性してしまうダメージ。生卵を熱すると固まるように、キューティクルやコルテックスが固まってしまいます。

引用:www.demi.nicca.co.jp

逆に温度が低ければ、髪が受ける熱ダメージが少なくなりますが、クセはつけにくくなります。

つまり、ヘアアイロンの温度はクセのつけやすさを重視するか、髪に与えるダメージの少なさを重視するからで選択が別れるのです。

理想なヘアアイロンの温度は、クセがつきやすくて熱ダメージが少ない温度ですよね。

熱ダメージを完璧に抑えることは不可能ですが、おすすめなのは180度のヘアアイロンです。

180度でも高温ですが、髪への熱ダメージとクセのつけやすさ両方を重視するなら、180度がベストという美容師さんが多いのです。

ただし、180度のヘアアイロンを使って髪がギシギシしたり、枝毛や切れ毛が増えたりしたら、使用頻度を減らしてヘアケアをしっかり行ってくださいね。

④ヘアアイロンの素材もチェック!

髪へのダメージをできるだけ抑えたいなら、ヘアアイロンの素材は要チェックです。

ヘアアイロンのプレートに使われている素材は、なめらかな素材だとキューティクルを傷つけにくくなります。

ヘアアイロンのプレートには、主にチタンとセラミックが使われていますが、ダメージを抑えることを重視するならチタンがおすすめです。

ただし、クセがつけやすいのは熱伝導率に優れているセラミックなので、髪質が固いまたはくせ毛の人にはセラミックの方が使いやすいでしょう。

セラミック製のヘアアイロンを使う場合は、毎日のヘアケアをより丁寧に行って、ダメージを放置しないようにしてくださいね。

⑤ヘアアイロンを使うシーンをイメージして選ぶ

あなたはヘアアイロンをどのようなシーンで使いたいですか?

もし、旅行や出張をする機会が多く、自宅以外でもヘアアイロンを使いたいという方は、携帯しやすいかどうかもチェックポイントに入れてください。

携帯しやすさのチェックポイントは三つあります。

  • コードが短いまたはコードレス
  • ヘアアイロン本体が軽い
  • 開閉ロック付き

携帯用のヘアアイロンを別に常備しておくのもアリですが、普段使いしている方が外出先でも使いやすいので、携帯しやすくて普段使いができるヘアアイロンが良いでしょう。

海外出張、旅行が多い方は、海外でも使えるかどうかもチェックしてくださいね。

手頃な価格なのが嬉しい!市販のヘアアイロンおすすめ5選

1. サロニア ダブルイオン ストレートアイロン

特徴

  • ヘアアイロンタイプ:ストレート
  • コテの直径:ー
  • 温度:120〜230度
  • プレート素材:チタニウム

広告宣伝費をカットしているぶん、リーズナブルで質の良いヘアアイロンの販売を可能にしたサロニアのストレートヘアアイロンです。

最大温度は230度と高温で、頑固なくせ毛も毛先までストンとそろったストレートヘアに整えます。

熱を髪に均等に伝えるプレートサイズと、なめらかなチタニウムプレートで髪への摩擦ダメージを抑え、髪に与える負担が軽くなるように作られています。

海外使用OK、開閉ロック付きなので携帯性もバッチリ。コードが360度回転式なので、コードが断線しにくいのもポイントです。

2. ヴィダルサスーン カールアイロン VSI-3283

ヴィダル サスーン ヘアアイロン ピンク シリーズ カール 32mm 海外対応 VSI-3283/PJ
VIDAL SASSOON (ヴィダルサスーン)
特徴

  • ヘアアイロンタイプ:カールアイロン
  • コテの直径:25mmまたは32mm
  • 温度:125〜200度
  • プレート素材:セラミック

おなじみヴィダルサスーンのカールアイロンは、独自技術「シルキーピンクコーティング技術」が特徴です。

プレート素材は熱伝導率の高いセラミックですが、独自技術によって急な高温で髪が傷つくのを防ぎ、髪の熱ダメージを軽減します。

サイズ展開が25mm、32mmと2種類あるので、自分の髪の長さに合わせた直径サイズを選べますよ。

さらに、専用のスタンドがついているので、セット中に手を止めるときにスタンドにヘアアイロンを置けて便利です。

3. アゲツヤプロ

特徴

  • ヘアアイロンタイプ:2WAY
  • コテの直径:ー
  • 温度:80度〜220度
  • プレート素材:チタニウムプレート

カールもストレートも、どっちも楽しみたい、という方におすすめのアゲツヤプロです。

カールを作りやすく、ムラなくストレートにもプレスできるラウンドプレートで、カールヘアもストレートヘアも自由自在に楽しめます。

温度が5段階で調節でき、髪質やダメージ具合で温度が変えられるのもポイントです。

スイッチを入れると、たった30秒でプレートが温まるため、忙しい朝でも使いやすいでしょう。海外使用可能、コードも断線しにくい回転式です。

4. クレイツ ヘアアイロン グレイス カール

特徴

  • ヘアアイロンタイプ:カールタイプ
  • コテの直径:26mm〜38mm
  • 温度:150〜190度
  • プレート素材:クレイツイオン®ゴールド&クレイツイオン®シリコンラバー加工

プロの愛用者が多いクレイツのヘアアイロンは、独自のプレート素材でツヤのあるハズムカールヘアに仕上げられます。

「クレイツイオン®ゴールド&クレイツイオン®シリコンラバー加工」は、髪の滑りがなめらか、かつ髪にフィットしやすい加工で、程よい強さで髪に圧をかけてクセづけします。

海外使用可能、コテの直径サイズのバリエーションも豊富です。

5. Areti ストレート カール ヘアアイロン

Areti(アレティ) ストレート カール ヘアアイロン i628BK (ブラック)
Areti(アレティ) ヘアー & ビューティー
特徴

  • ヘアアイロンタイプ:2WAY
  • コテの直径:ー
  • 温度:80〜200度
  • プレート素材:チタニウム

アレティのヘアアイロンは、メンズの髪にも使える2WAYヘアアイロンなので、ベリーショートの方もで使いやすいですよ!

プレートの幅が15mmと極細で、ふんわりパーマをかけたようなベリーショートに仕上げることもできます。

もちろん、毛先までまっすぐ、またはワンカールしたショートも楽しめますよ。スピード加熱で時短、マイナスイオンを発生させてダメージ軽減と機能性も抜群です。

プロの美容師が愛用する!本格ヘアアイロン5選

1. クレイツイオン ホットブローブラシ ブラスティー

特徴

  • ヘアアイロンタイプ:ストレート、ブラシタイプ
  • コテの直径:ー
  • 温度:80〜210度
  • プレート素材:イオンセラミック

ササッととかすだけで、毛先までしっとりなめらかにまとまるブラシタイプのヘアアイロンです。

ダメージが気になってプレスするヘアアイロンは使いにくい、という方でもブラシでとかすだけなので使いやすいでしょう。

素材のイオンセラミックは、マイナスイオンと遠赤外線を発生させ、ダメージヘアをなめらかに整えます。

朝は時間がない、くせ毛がひどいという方におすすめです。

2. リュエミリーナ ヘアビューロン 2D Plus

バイオプログラミング ヘアビューロン 2D Plus [カール] S-type (26.5㎜)
Bioprogramming
特徴

  • ヘアアイロンタイプ:カール
  • コテの直径:34mm
  • 温度:40〜180度
  • プレート素材:特殊セラミック

「ヘアアイロン=髪が傷む」という常識を覆したリュエミリーナのカールタイプのヘアアイロンです。

バイオプログラミングという独自技術で、髪の密度を高めてダメージを抑え、使うほどにツヤのある弾むカールヘアに仕上がります。

ヘアアイロンを使うと髪がパサつく、という方に特におすすめですね!

3. クレイツ ヘアアイロン イオンカール プロ

特徴

  • ヘアアイロンタイプ:カール
  • コテの直径:26mm〜32mm
  • 温度:120〜210度
  • プレート素材:イオンチタニウム

滑りの良さ、細かくできる温度調節が支持されているカールアイロンです。

なめらかなチタン素材のプレートで、余計な力をかけずに髪に均等に熱を伝えてクセづけます。

引っかかりがなくスルスルと巻けるので、ヘアアイロン初心者でも使いやすいでしょう。

4. ルベル プライア SS ストレートアイロン

特徴

  • ヘアアイロンタイプ:ストレート
  • コテの直径:ー
  • 温度:60〜180度
  • プレート素材:アルミニウム

人気業務用ヘアアイロンです。プレートから発生する水蒸気の効果で、ヘアセットしながら髪にうるおいを閉じ込め、毛先までつるんとなめらかな仕上がりになります。

プレートには、引っかかり防止の「スムーススリット」が施されているので、スムーズに使える操作性の良さと、温度を安定して伝える「ICパワーコントロールデジタル制御」でムラなく髪にクセづけます。

5. トリコ インダストリーズ アイビル D2 アイロン

特徴

  • ヘアアイロンタイプ:カール
  • コテの直径:25〜38mm
  • 温度:190度
  • プレート素材:ー

400g以上のヘアアイロンが多い中、400g未満の軽量さが自慢のヘアアイロンです。

軽くてセット中に腕が疲れないので、ロングヘアの方でも楽々セットできます。

コテの直径サイズが3種類ありますが、どの長さでも巻きやすい32mmがおすすめです。

高級感のあるゴールドデザインも魅力的ですよね。

ヘアアイロンの正しい使い方&便利テクニック

洗い流さないトリートメントでダメージ予防

ヘアアイロンは熱を使って髪を整える道具なので、熱ダメージは避けられません。

熱ダメージを少しでも抑えるために、洗い流さないトリートメントはヘアアイロンとセットで常備しましょう。

洗い流さないトリートメント以外でも、週に1〜2回は髪をオイルパックしたり、スタイリング剤は保湿力が高いものを選ぶと効果的です。

ヘアアイロンを使う前に髪を乾かす

髪が濡れている状態でヘアアイロンを使うと、髪内部の水分が蒸発して髪の毛が火傷状態になります。

髪を洗ったり、スタイリング用スプレーを使って濡れた髪は、ドライヤーでしっかりブローしてください。

また、朝起きて寝癖がある、または髪が絡まった状態の場合は、そのままヘアアイロンを使うのではなく、髪を濡らしてブローでクセをリセットしてから使うとスタイリングがしやすくなりますよ。

ヘアアイロンの熱で火傷しないように気をつけて!

ヘアアイロンのプレートは熱で高温になるので、火傷には必ず注意してください。

また、スイッチの消し忘れにも気をつけましょう。スイッチをつけたまま、家具や衣類にアイロンの熱が伝わると火事になる恐れがあります。

ヘアアイロンの中には、自動でスイッチがオフになる機能がついているものもあるので、不安であればスイッチオフ機能付きのものを選ぶと良いでしょう。

ヘアアイロンで皮膚を火傷したら、流水や保冷剤ですぐに熱を冷まし、火傷にも使用できる低刺激の保湿クリームを塗ってください。

処置が遅れると、火傷がずっと肌に残ってしまいます。

筆者も、ヘアアイロンでヒザに火傷を負ったことがあるのですが、正しい処置をしなかったため今でも火傷の跡が残っています……。

おすすめヘアアイロンからマイベストを選ぼう!

ヘアアイロンは種類が豊富だからこそ、自分のこだわりを大事に選びたいですね。

仕上がりのイメージ、髪質や長さ、使いやすさなど、あらゆる面から評価してベストな1台を見つけてください!

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

ブティーマガジン
編集部
ブティーマガジンはあなたの知りたいを追及するWEBマガジンです。クレンジング、スキンケア、基礎化粧品に関する記事を配信しています。