ホホバオイルの効果で全身喜ぶ!嬉しい魅力と便利な使い方を解説

保湿ケアにいいと大人気のオイル美容ですが、中でも人気が高いのがホホバオイルです。ホホバオイルが人気なのは、保湿効果が高い上に全身に使えるからです。

今回は、ホホバオイルの嬉しい効果から便利な使い方まで解説します。

ホホバオイルってどんなオイル?

砂漠の地で育つホホバの種子から作るオイル

ホホバオイルは「奇跡のオイル」と呼ばれており、水分が少なく高温の砂漠地帯でも安定した質を保つ植物油です。

原料はホホバという多年草の植物の実で、アメリカ南西部からメキシコで栽培されています。ホホバオイルは酸化しにくく、紫外線ダメージも受けにくいため、かつて先住民族は日焼け止めに使っていたそうです。

ある実験で70度以上の高温の環境でホホバオイルを保存したところ、質にほとんど劣化が見られなかったという結果があります。生存環境が厳しい砂漠でたくましく育つ植物から生まれたオイルなので、高温や乾燥に強いのでしょう。

ホホバオイルはオイルというよりワックス

ホホバオイルは、主成分が「ワックスエステル」という油脂です。ワックスエステルには、高級脂肪酸と高級アルコールの特徴があります。

ワックスエステルの特徴

  • 酸化しにくい
  • 皮膚を柔らかくする
  • 皮膚を保護する

さらに、ホホバオイルは精製方法の違いで2種類に分けられます。

2種類あるホホバオイルの違い

2種類あるホホバオイルの違い

ゴールデンホホバオイル

黄金色のホホバオイルで、精製されていないのでホホバオイルが持つ栄養が失われずに残っています。精製されているものに比べると、ほんのりと青臭いニオイがして、トロッと粘りがあるテクスチャーです。

未精製なので、商品によっては不純物が残っているものもあるため、商品選びでは不純物による肌刺激がないかチェックする必要があります。

クリアホホバオイル

無色透明のホホバオイルで、サラッとしたテクスチャーです。ニオイもなく、オイルのベタつきが苦手な人にはクリアタイプの方が使いやすいでしょう。

製造過程でホホバオイルの栄養は失われてしまいますが、主成分のワックスエステルの高い保湿効果は残っているので、ゴールデンタイプと同じく保湿ケアに使えます。

ゴールデンとクリアタイプ、どちらのホホバオイルを使うべき?

保湿力はどちらも高いので、目的が保湿ケアならどちらを使ってもOKです。

オイル美容初心者の方や、オイルのベタつきが苦手な方は、まずリーズナブルなクリアタイプから試してみてください。肌荒れやエイジングトラブルなど、気になる肌悩みがあるなら、肌を健康的に整えるビタミンとアミノ酸豊富なゴールデンタイプがおすすめです。

ホホバオイルは液状から固形になる

ヘアワックスを思い出せばわかりやすいと思いますが、ワックスとは固形状になっている油分です。ホホバオイルは主成分が植物性のワックスなので、常温では液体、低温になると固形に変化します。

春夏は液状でも、冬に暖房をつけていない部屋にホホバオイルを置いておくと、固形になっていることが多くなるのです。液状から固形、固形から液状へと変化を続けても使用は可能ですが、何度も状態変化が起こると品質が劣化する可能性があります。冬にホホバオイルを使う場合は、できれば暖かい部屋に保存しておきましょう。

ホホバオイルの3つの効果

1. 全身を保湿する

ホホバオイルの主成分であるワックスエステルには、私たち人間の皮脂の成分と似ているため、肌馴染みがとても良いという特徴もあるのです。

皮脂は肌表面を包み込み、あらゆる刺激から肌を守る役目を果たしています。しかし、日頃クレンジングや洗顔で必要以上に肌を洗い続けると、皮脂まで洗い流されて肌が刺激に弱くなるのです。

ホホバオイルを保湿ケアに取り入れれば、素肌の保湿力を高めて、肌トラブルを防ぐ効果が期待できます。また、ホホバオイルは肌だけではなく髪にも使えるので、全身のあらゆるパーツの保湿に使えるのも魅力です。

2. 毛穴の黒ずみ、ニキビの予防

毛穴の黒ずみやニキビは、過剰に分泌される皮脂が主な原因です。皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まると、ニキビ菌が繁殖し、角栓は大きく成長して次第に参加し、黒ずみへと変化します。

ホホバオイルは、皮脂のバランスを調整する働きがあり、過剰な皮脂分泌を抑えて毛穴の黒ずみやニキビの発生、悪化を防ぎます。

3. 髪と頭皮を保湿して乾燥トラブルを防ぐ

毛先がパサパサ、全体的に髪にツヤがない、抜け毛やフケが多いなど、髪のトラブルのほとんどは乾燥が原因です。

乾燥は紫外線や空気の乾燥はもちろん、ドライヤーやヘアアイロンの熱、使っているシャンプーの洗浄力なども関係しています。

ホホバオイルは、髪の表面にあるキューティクルを整え、髪のツヤを引き出したり、頭皮の毛穴汚れと馴染んで頭皮環境をスッキリさせます。ホホバオイルをヘアケアに取り入れると、高い保湿力で髪と頭皮の乾燥を防ぎ、しっとりなめらかでツヤのある髪の毛が手に入るでしょう。

全身に使える!ホホバオイルの使い方

全身に使える!ホホバオイルの使い方

ホホバオイル基本の使い方

ホホバオイルは単体で使えますが、酸化しにくいので、他の植物油は精油を混ぜて使うことも可能です。特に酸化しやすいけど美容効果は高い精油と混ぜると、オリジナルの美容オイルが作れます。

実際にエステサロンでは、フェイシャルやボディの施術に使うオイルに、ホホバオイルをベースとして精油や植物油を混ぜ、オリジナルのアロマオイルやブレンドオイルを作っているのです。

ホホバオイルでアロマオイルを作る方法

精油(エッセンシャルオイル)を皮膚に使う場合は、刺激を抑えるためにホホバオイルのような酸化に強いキャリアオイルに混ぜて使います。使う精油の濃度は0.5%から1%、まずは肌刺激の心配がない0.5%濃度で作ってみましょう。

エッセンシャルオイルは、通常1滴が0.05mlになるような瓶に保存されて売られています。混ぜる前に必ずオイルの量を計算しましょう。

例:50mlのアロマオイルを1%濃度で作る場合

ホホバオイルを50ml50mlの1%は0.5mlなので、使う精油の量は0.5ml→精油1滴が0.05mlなので、0.5ml使うためには10滴必要

50mlのホホバオイルに、精油を10滴加えて混ぜれば完成です。保存する場合は、遮光性のある瓶に入れて保存し、早めに使い切りましょう。

ガサガサかかとをツルツルなめらかに

かかとに古い角質が溜まると、ガサガサ手触りの悪いかかとになってしまいます。ガサガサカカトを放置し続けると、古い角質をエサに菌が繁殖し、足のニオイも悪化するのです。

スクラブでかかとの古い角質を取ったあと、ホホバオイルで保湿すれば、ケアを続けるうちになめらかでツルツルの手触りのかかとが手に入ります。ホホバオイルを数滴かかとになじませたら、靴下を履いてベタつきを防いでください。靴下でかかとを密閉すれば、ホホバオイルの保湿効果が高まって翌朝にはしっとりなめらかな手触りになります。

クリームまたはミルククレンジングの前にホホバオイルを使う

クリームまたはミルククレンジングは、肌の潤いは逃さず、乾燥させないクレンジング剤なので、普段のメイク落としにぴったりです。しかし、洗浄力はオイルタイプやリキッドタイプより弱いのが欠点です。

ホホバオイルをクレンジング前に使えば、クリームやミルククレンジングの洗浄力を補いながらも、潤いはそのままで肌負担が減ります。ホホバオイルはメイクや皮脂と同じ油分ですし、皮脂となじみやすいワックスエステルが主成分なので、汚れをスルッと浮かせられます。

ホホバオイルクレンジングの方法

  1. コットンにホホバオイルをたっぷり浸し、目元をやさしく押さえてアイメイクを拭き取ります。下まぶたのメイクは、ホホバオイルをつけた綿棒でサッとなでると落としやすいです。
  2. ホホバオイルを500円玉大手のひらに出し、両手を合わせて体温で軽く温めます。
  3. 両手でほお、おでこ、鼻それぞれにホホバオイルをなじませましょう。特に汚れがたまりやすい小鼻は、中指と薬指の腹を使ってくるくると円を描くようにマッサージしてください。
  4. すすがずクリーム、またはミルククレンジングを通常通り行います。
  5. 顔全体にクレンジング剤がなじんだら、両手をぬるま湯で濡らし、顔全体に水分を与えてクレンジング剤と水分をなじませます。
  6. クレンジング剤のテクスチャーがふっと軽くなったら、ぬるま湯で10〜20回すすいで完了です。

毛穴の集中ケアの前にホホバオイルで毛穴マッサージ

週に1、2回毛穴を集中的にケアをするという方におすすめなのが毛穴マッサージです。

ホホバオイルは皮膚を柔らかくする効果があるので、毛穴まわりの皮膚を柔らかくして毛穴汚れが取れやすくなります。

また、ホホバオイルと皮脂はなじみやすいので、詰まった皮脂汚れやメイク汚れも絡めとります。

ホホバオイルの毛穴マッサージ方法

  1. 湯船に浸かる、またはホットタオルを2〜3分顔に当てて毛穴を開かせます。
  2. ホホバオイルを小鼻にたっぷりと塗り、中指と薬指で円を描くようにやさしくマッサージします。
  3. 濃いメイクを連日していた、というときは綿棒にホホバオイルをたっぷりつけ、小鼻をくるくるとマッサージしてみてください。
  4. いつもお使いのクレンジング剤をなじませ、ぬるま湯ですすいだあと、パックなどを行います。

毛穴パックは、はがすタイプではなく、泥パックやゴマージュ、酵素洗顔など肌刺激の心配が少ないものを使いましょう。

ホホバオイルで頭皮マッサージ

フケやかゆみ、抜け毛が気になる方はホホバオイルで頭皮マッサージをしてみてください。頭皮が保湿されるだけではなく、毛穴に詰まった皮脂汚れも落としやすくなります。

マッサージを定期的に続ければ、頭皮の血流がスムーズになり、育毛環境も整うでしょう。

ホホバオイルの頭皮マッサージ方法

  1. 手、髪が濡れていない状態でホホバオイルを両手の指になじませます。
  2. 耳元から頭頂部、後頭部から頭頂部、というふうにパーツごとに分けて少しずつ頭皮をマッサージします。マッサージするとき、指を頭皮に立てて円を描くように動かしましょう。
  3. 5分ほどマッサージしたら、そのままシャンプーに進んでください。

ホホバオイルを使うときの注意点

保存期間は最長で1年間

酸化に強いホホバオイルですが、開封してからは雑菌が入り込む可能性が高いので、できるだけ早めに使い切りましょう。また、保存場所は日光が当たらない20度〜25度程度の室内で保存してください。

使用前にパッチテストをする

ゴールデンホホバオイルは、未精製なのでまれに不純物が含まれていることがあります。安心して使うためにも、使用前にパッチテストをしましょう。

皮膚が柔らかく目立ちにくい場所(おすすめは二の腕の皮膚)にホホバオイルを少量塗り、絆創膏を貼って半日〜1日様子を見ます。絆創膏を剥がして、赤くなっていたり、ピリピリ刺激を感じたりと、異変がなければ使い始めてもOKです。

おすすめはオーガニック!厳選ホホバオイル3選

メルヴィータ ビオオイルホホバオイル /税込3,456円

画像引用:melvita.com

未精製ながら自然由来成分100%、かつオーガニック成分100%で敏感肌でも使いやすいホホバオイルです。容器がプッシュ形式でオイルが取り出しやすくなっています。口コミでは、肌のハリや弾力に変化を感じた、という声が多数寄せられていました。

公式ページ

spa hinoki オーガニック ホホバオイル /税込2,000円

画像引用:Amazon

ペルー原産、オーガニック認定を受けている未精製のゴールデンホホバオイルです。

未精製のゴールデンホホバオイルの中では、比較的価格がリーズナブルでお求めやすくなっています。ホホバ独特のスモーキーな香りがそのまま残っていて、自然の力を感じながらお手入れできるでしょう。

Amazonで購入する

無印良品 ホホバオイル /50ml 税込890円

画像引用:無印良品
リーズナブルなホホバオイルで有名な、無印良品のホホバオイルですが、原料のホホバはペルーで無農薬に栽培されているこだわりの商品です。化粧用に精製されているクリアタイプのホホバオイルで、さらっとしていて使いやすくなっています。ホホバオイルやオイル美容初心者の方におすすめです。

50mlと200mlがありますが、まずはミニボトルの50mlを使ってみてはいかがでしょうか。

公式ページ

万能なホホバオイルで全身しっとり!

顔、髪、体と全身に使えるホホバオイルは、1本常備しておけば乾燥がひどいときのレスキューアイテムとして大活躍します。日々のお手入れにも、ホホバオイルを少量加えるだけで、手持ちの化粧品の保湿力がアップ!

ホホバオイルを常備して乾燥知らずのしっとり肌、なめらかな髪をキープしましょう。

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。