ホットヨーグルトの効果は本当にすごかった!1週間食べ続けた結果を報告

ヨーグルトといえば、冷蔵庫で冷やして食べるのが普通ですよね。

しかし、ダイエットに良いということで2010年頃から登場した「ホットヨーグルト」。ヨーグルトをレンジで温めて食べるという、驚きの食べ方です。

デトックス効果が高く期待できると言われていますが、果たして本当なのでしょうか?

今回は、これまで数多くのダイエットにトライして失敗してきたダイエッター編集部員が、実際に1週間ホットヨーグルトを食べる生活を送ってみました。

ホットヨーグルトの効果は医師も勧めるほどすごい?

まずホットヨーグルトダイエットの口コミを調べてみました。

良い口コミに多かったこと

  • 便秘への効果が高い
  • 簡単に作れるから続けやすい
  • 肌がキレイになった

悪い口コミに多かったこと

  • 温めるとまずい
  • 便秘じゃないと効果を感じにくい

ホットヨーグルトダイエットに挑戦する人は、便秘を解消するのが目的という人が多い印象でした。逆に、便秘じゃないと変化を感じにくそうですね。

早い人だと1週間でお通じがスムーズになった、体重に変化があった効果を早く実感する人が多かったです。

ホットヨーグルトは、普通のヨーグルトと違って食べた際に内臓を冷やさないので、内臓機能に負担をかけず、ヨーグルトの栄養が吸収しやすくなるのが特徴です。

もちろん、腸内環境を整える効果も高く期待でき、ホットヨーグルトを食べるお医者さんもいます。

ホットヨーグルトの美肌、ダイエット効果とは

ヨーグルトを温めるだけのお手軽ダイエットフード、ホットヨーグルトの効果を調べてみました。続けることでお腹だけではなく、お肌にも良いと評判です。

特に私たち女性は身体が冷えやすいので、冷たいヨーグルトよりもホットヨーグルトの方が身体に合っているかもしれません。ホットヨーグルトの具体的な効果をチェックしてみましょう。

胃腸に負担をかけず栄養の吸収がスムーズ

ヨーグルトには乳酸菌をはじめ、カルシウムやたんぱく質など栄養がたっぷり含まれています。温めると胃腸を冷やさないため、胃腸の消化吸収機能に負担をかけず、栄養がスムーズに吸収されるのです。

最近は、カルシウムがダイエットに良い影響を与える、ということが研究結果が発表されており、ホットヨーグルトで積極的にカルシウムを摂れば、ダイエット効果アップも期待できます。

カルシウムイオンは情報を伝達する役割をしていますが、脂肪合成を促進し、脂肪分解を抑制する情報を伝達することがわかってきました。つまり、カルシウム不足が体脂肪を増加させる可能性があるのです。

出典:かんたん、わかる!プロテインの教科書

乳酸菌は熱を加えると活性を失う心配がありますが、実は体温ほどの温度(30〜40度)が一番乳酸菌を活発にさせる温度なのです。

乳酸菌を活発になった状態で摂れるため、腸内環境を整える効果も高く期待できるでしょう。

腸内環境を整えてデブ菌撃退!

デブ菌ってご存知ですか?名前からして嫌な感じですが、太っている人はお腹の中にデブ菌が多く、ダイエットをしてもやせにくいのです。

ワシントン大学の研究によると、同じ食事や生活習慣でも太りやすい体質、痩せやすい体質の人がいるのには、腸内フローラが関わっているといわれています。

腸内細菌には「デブ菌」と「やせ菌」があり、太ったマウスのデブ菌を痩せたマウスに移植すると、痩せたマウスも太りやすくなったという実験結果が発表され、大きな話題となりました。

出典:ビオフェルミン製薬

デブ菌は、腸内環境を整えることで撃退できるため、ダイエットで食事制限と運動に加えて、お腹に良い食べ物で菌活をするとやせやすくなる可能性が高くなります。

ホットヨーグルトの豊富な乳酸菌で、腸内環境を簡単に整えることができるでしょう。

デトックス効果で美肌を育む

デトックスといえば、汗をたっぷりかくことというイメージが強いですが、実際は汗から出る老廃物は全体の3%程度と少なめ。

体内の老廃物は、主に便から排出されます。次に多いのが尿です。

お通じは老廃物のおよそ70%を排出させるため、デトックスで一番意識しなければいけないのは、汗ではなくてお通じなんですね。

ホットヨーグルトで腸内環境を整えてお通じがスムーズになると、老廃物がしっかり排出され、肌荒れや吹き出物を予防できます。

老廃物が排出されることで、お肌を作る細胞に必要な栄養や水分が届けられやすくなるため、ホットヨーグルトを続ければきめ細かい美肌も手に入るでしょう。

ホットヨーグルトはまずい?失敗しない作り方

今回、私がホットヨーグルトダイエットを実践する前に、口コミを調べてみて気になったのが「ホットヨーグルトはまずい」という声です。

正直、私はヨーグルトは冷たいまま食べるのが好きなので「まずい」っという意見を疑問に思ってましたが、ホットヨーグルトは、作り方によって本当にまずくなってしまいます。

味がまずいとダイエットに良くても毎日続けるのは嫌ですよね。無理なく続けるために、おいしいホットヨーグルトの作り方をマスターしましょう!

ホットヨーグルト基本の作り方

ホットヨーグルト基本の作り方

用意するもの

  • 無糖ヨーグルト
  • 耐熱容器
  • お好みのトッピング

作り方

  1. 耐熱容器にヨーグルトを入れ、水を大さじ1加えてよく混ぜる
  2. ラップをかけずそのまま電子レンジに入れ、30秒〜1分加熱する
  3. お好みのトッピングを加えて完成!


ポイントは、①の水を加えるところです。
水を加えずにヨーグルトを加熱すると、ヨーグルトの水分と固形部分が分離した状態になってしまいます。

また、加熱時間はお使いの電子レンジの出力によって変わりますが、温めすぎを防ぐため少しずつ加熱していきましょう。

ヨーグルトは低カロリーですが、一度にたくさん食べると脂質の摂りすぎになるため、一食100g程度に抑えてください。

実際に試して美味しかったおすすめトッピング

実際に試して美味しかったおすすめトッピング

今回私が実際に試してみて、美味しかったトッピングをおすすめします。

  • きな粉
  • はちみつ
  • オールブラン
  • グラノーラ
  • トマトジュース
  • 甘酒
  • バナナ

特にお気に入りが、「きな粉+オールブランまたはグラノーラ」「はちみつ+トマトジュース+バナナ」「甘酒+バナナ」ですね。

どの食材もヨーグルトと相性が良く、食物繊維やオリゴ糖が豊富で腸内環境を整える効果がアップするため、便秘体質の方には特におすすめです!

ホットヨーグルトを食べるタイミング

ホットヨーグルトは、朝か夜に食べますが、特に夜は栄養が吸収されやすいベストタイミングです。

また、夕飯の主食を減らしてホットヨーグルトに置き換えることで、夕飯の摂取カロリーを大幅に抑えることができます。

ダイエッター編集部員が1週間ホットヨーグルトチャレンジ!

今回は期間が1週間と短いので、1週間で2キロ3キロと一気に減量できるとは思っていません。目標としては、1週間でスルッとスムーズにお通じが出るようになること。

私は便秘ではないのですが、お腹が痛くなったりお通じがゆるくなることが多いので、1週間ホットヨーグルトで腸内環境を整える効果を確かめたいと思います。

1週間ホットヨーグルトダイエットの方法

  • ホットヨーグルトは夕飯の主食に置き換え
  • 朝昼は普通の食事を食べる
  • 運動は朝に10分ヨガ、夜はお風呂上がりにストレッチ程度
  • 毎日湯船に浸かる
  • 間食はなし

運動と湯船に浸かることは以前から続けていたことです。ホットヨーグルト習慣の前までは、夕飯もがっつり食べていました。

主食の炭水化物の代わりにホットヨーグルトを食べることにしたので、最初の三日間は辛かったです……。

ホットヨーグルト作り、最初は失敗しました

水を入れなければヨーグルトが分離するのですが、最初に水を入れるのを忘れたことと加熱しすぎたことが原因で、見事にまずいホットヨーグルトになりました。

分離したホットヨーグルトは、ベチャベチャのカッテージチーズのようです。分離してしまうと何をトッピングしても美味しくないので、必ず水を加えて混ぜるのを忘れずに!

ホットヨーグルトを食べてからお通じが変わった!

私は毎日お通じがある方なのですが、ホットヨーグルトを食べ始めて三日くらいからお通じの状態が変わりました。

腸内環境はお通じの状態から確認できます。腸内環境が整えられたかは、便の状態を見ればわかる、ということです。

腸内環境が良いお通じの状態

  • バナナ状の量が2〜3本
  • ニオイがきつくない
  • 排便がスムーズ

腸内環境が悪いお通じの状態

  • 便の色が黒褐色か黒色
  • ニオイがきつい
  • 便が固くて出にくい、または水状
  • 排便の際にいきむ、下痢でお腹が痛くなってからお通じが出る

ホットヨーグルト生活を始めたら、お通じの状態が日に日に改善されてきました。

お通じの回数は一日2回、多ければ3回ですが、以前よりお腹が痛くなってからトイレに行くことが減るようになりましたね。

ホットヨーグルトでお通じ以外に変わったこと

以前からヨーグルトはよく食べていましたが、この1週間のように毎日同じ時間帯に食べるような習慣はありませんでした。毎日食べるようになってから、寝起きが楽になったような気がします。

以前、毎日ヤクルトを飲んでいた時期も、同じように寝起きが楽でした。調べてみると、胃腸環境が整えられると朝にスッキリ起きれるようになることがわかりました。

乳酸菌豊富なヨーグルトの他に、食物繊維オリゴ糖が豊富なバナナも胃腸環境を整えるのに効果的なので、ホットヨーグルトとバナナの組み合わせは鉄板ですね。

佐々木りな
佐々木りな
1週間ホットヨーグルトを続けてみて、体重は1キロ減りました!

体脂肪率は変わっていないので、おそらく腸内環境が整い、老廃物や余分な水分がお通じと一緒に出やすくなったからだと思います。

口コミ通り、ホットヨーグルトのデトックス効果は本当でした。

ホットヨーグルトのダイエット効果をアップさせるポイント

ホットヨーグルトダイエットで効果を出すためには、私のように短期間ではなく続けることが大切です。

腸内環境を一度整えても、お腹の中にずっと同じ菌がいるというわけではありません。ホットヨーグルトを食習慣に取り入れて、腸内環境が整えられた状態をキープするようにしましょう。

では、ホットヨーグルトのダイエット効果をアップさせるポイントをご紹介しますね。

トッピングやおかずは噛み応えのあるものを

1週間ホットヨーグルトを食べ続けて感じたのが、食感のないトッピングだと満足感を感じにくいので、ホットヨーグルトだけだと物足りないということ。

置き換える場合は、ホットヨーグルトのみ、というのは辛くて続けにくいでしょう。

ホットヨーグルトに噛み応えのあるトッピングをしたり、ホットヨーグルトと合わせて野菜のおかずを合わせると食べ過ぎ予防になります。

私の場合は、低糖質のグラノーラやオールブランをトッピングしたり、おかずには野菜たっぷりの味噌汁を用意するようにしました。ただグラノーラは糖質量が多いので、必ず低糖質系のものを選んだ方が良いでしょう。

おからパウダーを加えて血糖値対策

糖質を過剰に摂取すると、食後血糖値が急上昇し、脂肪が身体につきやすくなります。また、急上昇した血糖値はその後に急下降し、空腹感や眠気が発生します。

おからパウダーを食前に摂ると、血糖値の上昇がゆるやかになり、脂肪の溜め込みを予防できるのです。さらに、おからパウダーには豊富に食物繊維が含まれているので、腸内環境を整える効果も期待できます。

おからパウダーは冷たいものには溶けにくいのですが、ホットヨーグルトなら熱でおからパウダーが溶けやすく、粉っぽさを感じずに食べられますよ。

おからパウダーを取り入れるなら、夜だけではなく、朝食の前にホットヨーグルトに加えて摂るのがおすすめです。朝に血糖値の上昇がゆるやかになると、一日中血糖値の急激な動きを防げます。

佐々木りな
佐々木りな
おからパウダーは水分を吸うと膨らむので、おからパウダーとホットヨーグルトを朝食前に食べると、朝食の食べ過ぎ防止に効果的です。

ちなみにおからパウダーは小麦粉の代わりにも使って、おからパウダーとサイリウムで生地を作って、低糖質ピザをよく食べています。

ホットヨーグルト効果でおなかスッキリ!

ホットヨーグルトは電子レンジで簡単に作れるので、ズボラさんでも続けやすいですよ。

今回私は1週間続けましたが、1週間だけでもおなかに効果があったので、1ヶ月、2ヶ月と続ければ美肌効果も期待できると感じました。

温めるだけでヨーグルトの効果がアップするので、そのまま食べるのはもったいないですよ!

これからダイエットを始める方、ダイエットの効果が出にくくて挫折しそうな方は、ホットヨーグルトを取り入れてみてください。

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。