いちご鼻や角栓ケアにおすすめのクレンジングの選び方

毛穴のお悩みの中で最も厄介な「いちご鼻」や「角栓」。目立たなくしたくてクレンジングや洗顔を変えても、なかなか改善しない・・・なんて方も多いですよね。

実は、いちご鼻対策はクレンジングを見直すことがまずケアの第一。いちご鼻を改善するには、いちご鼻に適したクレンジングを選び、正しく使うことがとても大切なんです。

こちらでは、

  • いちご鼻が目立つのは何でなの?
  • 何でいちご鼻や角栓がなおらないの!?
  • いちご鼻にはどんなクレンジングを選べばいの?
  • クレンジングだけでいちご鼻や角栓はなくなるの?

と、改善しないいちご鼻や角栓にイライラしている方のために、いちご鼻の予防や改善に効果的なクレンジング選びやスキンケア方法をご紹介します。

いちご鼻はクレンジングで毛穴を清潔に保つことが重要

なぜできる?いちご鼻の原因

いちご鼻というのは、お悩みの方なら知っているとおり、鼻の毛穴が黒ずんで鼻がいちごのように見える状態のこと。

鼻の毛穴に皮脂や汚れが詰まって角栓となり、これが空気に触れて酸化し、黒ずんでしまうことが原因で起こります。

大抵、鼻の頭や小鼻の周辺の毛穴が黒ずみますが、その部分を指で触ると凸凹としていて、肌のツヤや透明感が奪われています。

ある程度、メイクで隠せるものの、隠そうとすればするほどメイク汚れが毛穴に詰まりやすくなり、いちご鼻が改善しないという悪循環に陥ることもあります。

また、クレンジングや洗顔が不十分だと、皮膚の常在菌のバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が詰まりやすくなり、いちご鼻になるというケースも。オイリーな肌タイプの女性だけでなく、男性も起こりやすいのが特徴です。

鼻の毛穴が目立ちやすい原因

皮膚には皮脂を分泌する皮脂腺や汗を出す汗腺がありますが、鼻はこの皮脂腺や汗腺が他の部位に比べて多い部位。スムーズな分泌を促すため、鼻の毛穴は大きく開きやすい上、皮脂や汗でテカりやすいので、もともと目立ちやすいんです。

また、鼻はTゾーンの一部に当たり、顔の真ん中に位置して人の目につきやすいところ。毛穴が黒ずむいちご鼻は、見た目にも不潔な印象を与えてしまうため、まずはクレンジングで毛穴を清潔に保つ、根本的なケアが必要です。

クレンジングによるいちご鼻対策の必要性

ケアをしているのに、いちご鼻や角栓がなかなか改善しない・・・そんな方に多いのが自己流の毛穴ケア。

特に、いちご鼻を隠すためにメイクでがっつりカバーしていると、洗浄力の強いクレンジングが必要になり、必要な皮脂や角質までも落としてしまって、結果、バリア機能の低下を招き、余計毛穴が目立ってしまうという悪循環に陥ります。

さらに、酵素洗顔やピーリング等で角質を落とし過ぎたり、毛穴ケア化粧品をあれこれ使いすぎたり、過剰なスキンケアを行っていると、かえっていちご鼻が悪化してしまいます。根本的ないちご鼻対策を行う上で大切なのは、まず皮脂を落とし過ぎないクレンジング料でメイクをきちんと落とすこと。そして、肌質に合った基礎化粧品で必要な保湿成分を適度に補給することが大切です。

いちご鼻対策に最適なクレンジング料の選び方

いちご鼻対策に最適なクレンジング料の選び方

タイプ別いちご鼻対策におすすめのクレンジング料

いちご鼻対策には、皮脂を落とし過ぎずにメイク料をきちんと落とせるクレンジング料が最適です。

とはいえ、クレンジング料は、

  • シート(ふきとり)
  • リキッド
  • ジェル
  • クリーム
  • ミルク
  • バーム
  • オイル

などなど様々なタイプにわかれ、いろいろな種類のクレンジング料が市販されているので、ちょっと迷ってしまいますよね。

そこで、どれがいちご鼻対策に適しているのか、クレンジングのタイプごとに簡単にご紹介していきますね。

オイルクレンジング

洗浄力が高く、濃いメイクもするんと落とせるクレンジング料。

ミネラルオイルなどを主原料にした、比較的安価なオイルクレンジングは、メイク落ちがいい反面、脱脂作用が高く、必要な皮脂や角質まで落としてしまうので、いちご鼻や角栓対策としては注意が必要。

特に、オイルクレンジングで鼻の毛穴をくるくるマッサージしている、なんて方はいちご鼻を悪化させている可能性大です。

ふだんから毛穴を気にしすぎてがっつりメイクしているという方は、植物オイルを主原料とした「油脂系オイルクレンジング」を選びましょう。

油脂系オイルクレンジングだとメイク汚れもきちんと落とせる上、必要な皮脂は残してくれるので、メイクが濃い方や乾燥肌の方のいちご鼻対策に最適です。

バームクレンジング

バームはオイルの形状の一つで、オイルが常温で固まったタイプのクレンジング料です。

手で温めるなどして温度が上がると、とろけてオイル状になります。

洗浄力は高めで濃いメイクもしっかり落とせますが、肌質によっては乾燥を感じることもあります。

脱脂作用の強いミネラルオイルを主原料にしたオイルクレンジングに比べれば、肌への負担は少なめなので、メイクが濃いめの方のいちご鼻対策として有効です。

クリームクレンジング

クリームクレンジングは、洗浄力や肌への負担度もちょうど中くらいの、バランスのとれたクレンジング料。

肌への負担は少ないものの、油分が多めなのでべたつきを感じやすいのが特徴です。

一度ティッシュオフしてからのW洗顔が必要なので、肌に油分が残りやすく、いちご鼻対策としては不向きです。

リキッド・シートクレンジング

リキッドやシートクレンジングは、ほぼ洗浄剤の力で油分のメイクを落とすので、脱脂作用も高く、肌への負担大。

特に、シートにクレンジング料を浸したふきとりタイプのクレンジングは、アルコールが配合されていたり、肌に摩擦を与えて刺激となりやすいので、いちご鼻対策としてはおすすめできません。

ジェルクレンジング

ジェルクレンジングは、リキッドタイプのクレンジングにゲル化剤を混ぜたもので、どんな肌質の方でも使いやすいアイテム。

毛穴ケアに特化したものも多いので、いちご鼻対策としても効果的なクレンジングジェルがたくさんあります。

また、水性のオイルフリーと油性のオイルインのタイプがあり、商品によって配合されている成分や配合量が異なり、刺激の度合いや洗浄力が違います。

肌質に合うかどうか、一度試してみてから購入することをおすすめします。

ミルククレンジング

ミルクタイプのクレンジングは、肌への負担が少ないのですが、洗浄力が弱く、メイクとのなじみが悪いので、少し濃いめのメイクの方には向かないクレンジング料です。

洗い流すと拭き取るタイプのクレンジングミルクがありますが、肌を摩擦するふきとりタイプはいちご鼻対策としてはNGです。

クレンジングミルクつっぱらず肌に優しい人気のメイク落とし22選!クレンジングミルクは、ほどよい保湿感で洗い上がりもつっぱらず、肌に優しいクレンジング料。パッケージがかわいかったり、香りがいいものも多い...

特徴別いちご鼻対策におすすめのクレンジング料

皮脂をとりすぎないクレンジング料

効果的にいちご鼻を予防・改善するためには、肌に必要な皮脂やうるおいを残しつつ、メイクをしっかり落とせるものを選びましょう。

オイルタイプのクレンジングなら、アルガンオイルやコメヌカオイルなどの植物オイルをメインに配合したものがおすすめ。

若干、価格は高めですが、メイクとのなじみもよく、肌に負担を与えることなく毛穴の汚れもしっかり落とせるので、いちご鼻対策に適しています。

また、肌が乾燥しやすいという方は、弱酸性かアミノ酸系の界面活性剤を配合したクレンジング料も◎。

弱酸性の界面活性剤であれば皮膚の常在菌のバランスを整える効果もあり、いちご鼻の悪化や悪循環を防げます。

アルガンオイルから期待できる効果は?使い方と選び方を徹底解説美容ケアに役立てられる植物性オイルには様々な種類がありますよね。 今回こちらでは、数多くのオイルの中から「アルガンオイル」をピック...

毛穴ケア成分を配合したクレンジング料

いちご鼻改善におすすめの毛穴ケア成分が「アーティチョーク葉エキス」です。

アーティチョーク葉エキスには肌荒れを防ぐ「シナロピクリン」という成分が含まれ、これが肌と毛穴を引き締めて、毛穴の黒ずみを目立たなくする効果が期待できます。

シナロピクリンは、毛穴の黒ずみだけでなく、肌のハリをアップするなどの作用もあり、いちご鼻だけでなく、たるみ毛穴など毛穴エイジングトラブルの改善にも効果的です。

刺激の原因となる成分が添加されていないクレンジング料

エタノールやDPG、PGといった成分が成分表の初めに出てくるクレンジング料は、肌に負担をかけやすいので、乾燥肌や敏感肌の方には不向きです。

また、グリセリンとDPGで発熱させるタイプのホットクレンジングも肌が弱い方はNG。

合成香料や合成着色料、石油系合成界面活性剤など、肌に刺激を与える恐れがある成分が配合されていない、無添加処方のクレンジング料がいちご鼻対策には向いています。

こんにゃくスクラブを配合したクレンジング料

数あるクレンジング料の中には、こんにゃく成分で作られたスクラブが配合されているものがあります。

このこんにゃくスクラブは、普通のスクラブと違い、丸い形状でできているので、肌を傷めることなく毛穴の汚れを取り除くことができ、いちご鼻ケアに効果的です。

モイストゲルクレンジングの口コミで見かける「刺激が強い?」はホント? 毛穴が目立つ 角栓がポツポツ出ている テカリ、または乾燥が気になる 肌のくすみやゴワツキがある クレンジングが面倒でメイク落...

W洗顔不要で肌に優しいクレンジング料

W洗顔は肌に負担がかかるので、いちご鼻ケアとしては避けたいところ。

脂性肌の方や比較的肌が強い方以外の肌質の方は、W洗顔不要のクレンジング料がおすすめです。

ただし、W洗顔不要のクレンジング料の中でもグリコール酸やフルーツ酸(AHA)など、ピーリング成分を配合したものがあります。

クレンジングは基本的に毎日行うものなので、角質をとりすぎるピーリング成分配合のクレンジング料はいちご鼻対策にはNGです。

なじみがよく肌を摩擦しにくいクレンジング料

クレンジングで肌を摩擦すると、それが刺激となって炎症や不全角化を起こしやすくなり、毛穴が目立つようになります。

そのため、いちご鼻を目立たなくするには、なじみがよく、摩擦することなくするんとメイクを落とせるクレンジング料が最適。

タイプや商品によって肌なじみやテクスチャが異なりますので、気になる商品があったら、一度手に取ってなじみやすさをしっかりチェックして購入しましょう。

いちご鼻にはランキングではなく自分に合ったクレンジングを

クレンジングは、タイプによって洗浄力、脱脂力、摩擦や静電気による刺激度、配合されている保湿成分や美肌成分等も異なります。

その上、人によって年齢、肌質、感じる肌の負担の度合いやメイクの濃さも違うので、「これがいちご鼻にイイ♪」ということは一概に言えません。

@コスメの口コミや美容サイト、美容雑誌などで掲載されているランキングやおすすめで安易にクレンジングを選んでしまうと、あまり効果を実感できないなんてことも。

失敗しないためにも、まずは

  • 自分の肌質や肌のコンディション
  • メイクの濃さ
  • 年齢

に合わせてクレンジング料を選び、効果的ないちご鼻・角栓対策を行いましょう。

いちご鼻・角栓ケアに効果的なクレンジング料の使い方

いちご鼻・角栓ケアに効果的なクレンジング料の使い方
いくらいちご鼻対策に効果のあるクレンジング料を選んでも、間違った使い方をすると効果は半減。

毛穴の黒ずみのない、きれいな鼻を目指すために、正しいクレンジング法を身につけましょう。

メイクはその日のうちに落とすこと

いちご鼻を改善するために最も基礎的といっていいケアは、クレンジング料でメイクをその日のうちにきれいに落とすこと。

メイクを落とさずに寝てしまうと、メイク汚れが酸化して毛穴に詰まり、いちご鼻の原因、角栓ができやすくなるだけでなく、顔ダニの増殖やニキビ、吹き出物など、様々な肌トラブルの元となります。

肌を常に清潔に保っていちご鼻を解消するためにも、メイクをした日はその日のうちにクレンジング、これをしっかり守りましょう。

まずはポイントメイクを落としてTゾーンにクレンジングをのせる

ウォータープルーフのマスカラやアイラインなどを使っている場合は、専用のリムーバーを使って落とします。

次に、皮脂量の多いおでこ、鼻と、Tゾーンにクレンジングをのせてなじませていきます。

最後は、皮脂腺の少ない頬やUゾーン、フェイスラインと、外側に向かってクレンジング料をなじませていきます。

いちご鼻が最も気になる小鼻の部分は、指の腹を使ってくるくる動かしてクレンジング。

こすらずやさしくなじませるのがコツです。

クレンジング以外のいちご鼻対策に効果的なスキンケア

クレンジング後は肌に合った保湿化粧品で水分補給

クレンジングの後は、バリア機能とターンオーバーを整えるために保湿成分を補い、肌を乾燥から守ることも大切。

ただし、クレンジングで角質をとりすぎない正しいケアを行っていると、保湿化粧品のつけすぎは油分が肌に残り、いちご鼻の原因になることもあるため注意が必要です。

実は、つけすぎもいちご鼻ケアとしてはNG。乾燥がさほど強くないという場合は、クレンジング後、保湿美容液のみのスキンケアでもOKです。

また、週に一度、保湿成分が入ったシートマスクによるスペシャルケアもいちご鼻対策に有効です。

オイリー肌のいちご鼻は皮脂分泌を抑えるケアも効果的

生まれつき皮脂の分泌量が多いオイリー肌の方は、皮脂をコントロールするケアも効果的。

いちご鼻をケアするために、皮脂分泌を抑える効果のあるビタミンC誘導体を配合した化粧水や美容液をいつものスキンケアにプラスしてみましょう。

中でも、浸透力が高く効果を実感しやすいAPPSやVCエチルというビタミンC誘導体を配合したアイテムがおすすめ。

いちご鼻を防ぐだけでなく、肌の弾力低下にも作用して、エイジングによるたるみ毛穴の改善にも効果が期待できます。

蒸しタオルやスチーマーで毛穴を開かせてクレンジング

クレンジングの前に、蒸しタオルやスチーマーで毛穴を開かせておくと、毛穴の汚れが落ちやすくなり、角栓予防に効果的。

クレンジングの時間も短く済み、クレンジングによる肌への負担を最小限に抑えられ、美肌効果が期待できます。

美顔器はスチーマーを選べば間違いない?人気の6台を比較霧のように発生するスチームをたっぷり浴び、肌にうるおいを与えるスチーマー美顔器は、年代問わずに人気の美容家電です。 たっぷりスチー...

いちご鼻対策でも紫外線ケアは必須

紫外線を無防備に浴びると光老化をもたらすばかりか、皮脂の酸化や肌の炎症を起こしやすくなり、いちご鼻が目立つ原因となります。

日差しが弱くなる秋や冬にも油断は大敵。

一年を通して日焼け止めや、サングラス、帽子等で紫外線をガードし、毛穴の開きや黒ずみを防ぎましょう。

いちご鼻に効果的なインナーケア

いちご鼻をはじめ、毛穴の目立たない美肌を目指すためには、外側からのケアだけでなく、内側からのインナーケアも大切。

肌荒れを引き起こす睡眠不足やストレスを解消したり、毛穴トラブルに効果的な栄養をとったりと、生活習慣を整えることもいちご鼻改善には必須のケアです。

いちご鼻におすすめの栄養素

特に、いちご鼻対策におすすめなのが、脂質の代謝を上げるビタミンB2やB6をとれる豚肉や緑黄色野菜などの食材をしっかりとること。

また、酸化を防ぐビタミンCを含む食事も積極的に取り入れていきましょう。

脂質の代謝は30代を過ぎるとどんどん低下してしまうので、意識して不足した栄養を補うことが大切です。

編集部
編集部
喫煙すると、せっかく摂取したビタミンCが破壊されてしまい、抗酸化効果が発揮できません。

また、ニコチンによる血行不良で栄養が肌に行きわたらず、結果毛穴が開いてしまう原因に。

たばこは肌にとっては何一ついいことはありません。

喫煙をしている方でいちご鼻が気になるなら、今すぐ禁煙を始めましょう!

いちご鼻対策でやってはいけないスキンケア

いちご鼻改善効果を実感するためにも、以下のようなスキンケアをやっている方は今すぐにやめましょう。

間違ったいちご鼻対策

  1. 毛穴パックで角栓を無理やりはがす
  2. オイルクレンジングでマッサージ
  3. 下地で毛穴を埋めようとする
  4. 酵素洗顔を頻繁に使う

①毛穴パックで角栓を無理やりはがす

小鼻に貼ってはがすタイプの毛穴パック。

毛穴の角栓がごっそりとれて、快感を得られるケアですが、いちご鼻を予防・改善したいなら毛穴パックは使わないに越したことはありません。

なぜなら、毛穴パックで肌がきれいに見えるのは、はがした後、ほんの一瞬だけ。

いちご鼻が改善するどころか、角栓を無理やりはがすことで小鼻周辺の角質もとれてしまい、毛穴が広がって新たな角栓ができやすくなります。

②オイルクレンジングでマッサージ

さきにも触れましたが、毛穴が気になりすぎている女子に多いのが、メイクを落とすときにオイルクレンジングでマッサージを行うこと。

クレンジングはただでさえ肌に負担がかかるケアなのに、ミネラルオイルメインのクレンジングオイルで長々とマッサージなんて、いちご鼻対策にもってのほか!

どうしてもクレンジング時にマッサージしたい!という方は、ホホバオイルで軽く行うようにしましょう。

精製された無色透明のホホバオイルを使えば、肌に負担をかけることなくマッサージができます。

③下地で毛穴を埋めようとする

いちご鼻になりやすいオイリータイプの肌質の方が毛穴対策用の化粧下地に頼ると、かえって毛穴が広がって角栓ができやすくなります。

化粧下地で毛穴を埋めようとせず、油分少なめの化粧下地にパウダーファンデーションやフェイスパウダーで皮脂を吸着させ、角栓のできにくい肌に育てていきましょう。

④酵素洗顔を頻繁に使う

酵素洗顔やピーリングは、古い角質を落とす効果があり、角栓予防にもなりますが、肌質や使用頻度によっては注意が必要。

さほど角質肥厚を起こしていないのに角質を取り続けていると、皮膚のターンオーバーが速まって、未熟な角質が肌表面に現れる「不全角化」状態に陥ります。

すると、毛穴はすり鉢状になってしまい、大きく広がって見えるばかりか、角栓が詰まりやすくなり、いちご鼻になりやすくなります。

酵素洗顔やピーリングをやっているのにいちご鼻がなおらない!という方は、不全角化を起こしている場合もあるので、一旦使用を中止して様子を見ましょう。

まずは正しいクレンジングでいちご鼻を予防・改善しよう!

以上、いちご鼻対策に効果的なクレンジング料の選び方や使い方、スキンケア方法等をご紹介しました。

いちご鼻が改善できないのは、クレンジングによる落としすぎと、毛穴が気になりすぎてこすったり、はがしたりと、肌への刺激の与えすぎやスキンケアのしすぎが主な原因です。

思い当たる方はまずクレンジング選びを見直すことから始めてみましょう。

正しくクレンジングを行うことでターンオーバーが正常に回復し、早い段階でいちご鼻が改善することもあります。

年齢や肌質、メイクの濃さ等で自分に合ったクレンジングを選び、いちご鼻や角栓を根本的になおしていきましょう!

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。