ジャスミン茶の効果を5つ紹介!女性必見のハーブティー

ジャスミン茶は女性に人気が高い華やかな香りのハーブティーです。中華料理との相性が良いので、中華好きな方は特に飲む機会が多いのではないでしょうか。

ジャスミン茶には、女性が喜ぶ効果がたくさん期待できます。美容やダイエットに良い飲み物をお探しの方は、ぜひジャスミン茶を飲んでみませんか。

今回はジャスミン茶の効果やおすすめの市販品をご紹介します。

ジャスミンってどんな植物?ジャスミンティーとは?

甘くエキゾチックな香りがするジャスミンは、古くは古代エジプト時代から栽培され、人々の生活に根付いていました。

現在でも主にエジプトやモロッコ、インドなどで栽培されており、アロマオイルや香水、お茶など様々な用途で使われています。

香りが良いモクセイ科のつる性常緑樹で、ハーブの一種ですが、夕方から早朝の間に香りが強くなる面白い植物です。

また、ジャスミンは300種類ほどあります。お茶の原料として使われているのは中国や台湾、インドネシアで栽培されている「マツリカ」という種類で、お茶大国である中国では伝統的なお茶の一つとして親しまれています。

ジャスミンティーは、緑茶ウーロン茶などをベースにして、ジャスミンの香りをお茶に吸着させて作られており、ベースのお茶によって風味が違うのが特徴です。

緑茶ベースのジャスミンティーは台湾で人気の「シャンピン」や中国の「茉莉銀毫(もうりぎんごう)」が有名で、ほんのり甘みがあります。沖縄の「さんぴん茶」は、中国から伝わったジャスミンティーです。

ジャスミン茶が持つダイエット、美肌効果

ジャスミン茶が持つダイエット、美肌効果
ジャスミン茶には女性が喜ぶ嬉しい効果がたくさん期待できます。

  • 脂肪燃焼サポート
  • 美肌促進
  • ストレスケア
  • ニオイ消し
  • 二日酔いケア

ダイエット美肌づくりのサポートにぴったりです。

脂肪燃焼サポートでダイエット促進!

ジャスミン茶はダイエット中の方にぴったりのダイエットサポートドリンクの一つです。

脂肪燃焼にはウォーキングやジョギングなど、有酸素運動を習慣的に行う必要がありますが、ジャスミン茶を運動前に飲めば、脂肪を効率よく燃やせます。

ジャスミン茶には、脂肪を燃やすサポート効果が期待できるタンニンやカフェイン、ベンデルアセテートが含まれています。

タンニン

脂肪吸収を抑え、体脂肪の増加を防ぐ

ベンデルアセテート

ジャスミンの香りを出す成分のベンデルアセテートは、脂肪分解を促す作用や脂肪吸収を抑える作用が期待できます。

カロリーも糖質量も少ないので、ダイエット中でも摂取カロリーや糖質量を気にせずにティータイムに安心して飲めますよ。

美肌に良い栄養がたっぷり

ジャスミン茶にはビタミンCビタミンE、ミネラルなど美肌に良い栄養素がたっぷり含まれています。

ビタミンC

メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ、コラーゲン生成をサポートして肌のハリを守る

ビタミンE

活性酸素を抑えて肌をエイジングケア

ミネラル

肌の代謝をサポートする

ビタミンCとビタミンEには、どちらも抗酸化作用があり、一緒に摂るとエイジングケア効果をWで期待できます。

特にエイジングケアが気になり始める30代や、肌の年齢サインが目立つようになる40代以降の女性の美容ドリンクとしておすすめです。

アロマテラピーでストレスケア

ジャスミンの香りにはアロマによるリラックス効果も期待できます。ジャスミンの芳醇な香りは、ベンデルアセテートリナロールという成分から生まれます。この二つの香り成分には、緊張を和らげてリラックスさせる効果があるのです。

ジャスミンが香水に使われることが多いのは、心身をリラックスさせる効果が高く期待できるからなんですね。

中国などでは、暑い夏にジャスミンの香りで暑さを忘れるようにしていたという説があります。仕事でイライラすることが多い日や、不安を強く感じる日などには、ジャスミンティーを香りを楽しみながら飲むだけでもリラックスできるでしょう。

ニオイ消し効果で口臭ケアに

ジャスミン茶には、殺菌力消臭力のあるカテキンが含まれています。

出かける前やニンニク料理のようなニオイの強い食事をしたあと、タバコを吸ったあとなどにニオイ予防として飲むのがおすすめです。

お酒を飲んだジャスミンティーで二日酔いケア

ジャスミンティーに含まれるカフェインには、利尿作用があり、飲酒翌日の体内に残ったアルコールを排出しやすくなります。

また、ビタミンCがアルコール分解をサポートする効果や、アセトアルデヒドを分解して二日酔いのガンガン響くような頭痛ケアの効果が期待できます。お酒を飲むことが多い人は、ジャスミンティーを自宅に常備しておくと良いでしょう。

ジャスミン茶のダイエットに効果的な飲み方や注意点

ジャスミン茶のダイエットに効果的な飲み方や注意点
ジャスミン茶の効果の中でも、特に注目されているのがダイエット効果です。

もちろん、ジャスミン茶を飲むだけで好きなものを好きなだけ食べたり、運動不足だったりと基本のダイエットを行わなければやせません。

しかし、ジャスミン茶効果的に取り入れれば、ダイエットがスムーズに進みやすくなるでしょう。

運動の直前に飲んで脂肪を落としやすくする

身体についた脂肪は、まず脂肪酸に分解されてからエネルギーとして燃焼します。つまり、ジャスミン茶を飲むだけで脂肪が直接落ちる、というわけではないので要注意です。

ダイエット中でウォーキングジョギングなど、有酸素運動をする前にジャスミン茶を飲んでみてください。ジャスミン茶を飲んでから30分後に身体を動かすと、脂肪が分解されやすくなるため、脂肪燃焼も効率よく行われます。

さらに、有酸素運動の前に10分ほど筋トレを行うのもおすすめです。

入浴前にジャスミン茶を飲んで代謝アップ

37〜39度ほどのぬるま湯で入浴すると、身体が芯から温まり、血流がスムーズになります。老廃物や余分な水分が排出されやすくなり、むくみに良いので下半身痩せに効果的です。

入浴前にも、温かいジャスミン茶を飲んでみましょう。温かい飲み物を摂ると血行が促進され、入浴時に体温が上がりやすくなります。

運動と同じように、ジャスミン茶は入浴の30分前に飲んでくださいね。

ジャスミン茶を飲むときの注意点

ジャスミン茶を飲むときは、次の二点に注意してください。

  • 午後の遅い時間〜寝る前に飲まない
  • 一日に大量に飲まない

ジャスミン茶を飲むのは午後2時まで

ジャスミン茶にはカフェインが含まれているので、午後の遅い時間から寝る前の間に飲むと、カフェインの作用で眠りにくくなります。

カフェインの影響力は長く続くので、完全になくなるのに数日かかることもある。人体でのカフェインの半減期は5~8時間だと言われている(個人の体質による)。「半減期」とは基本的に、一定時間(例:8時間)が過ぎた後でもまだその半分の量が体内で活動しているという意味だ。

たとえば、体内におけるカフェインの半減期が8時間だとしよう。その場合、200ミリグラムのカフェイン(普通のコーヒー1、2杯ぶんに相当)を摂取したら、8時間後もその半分(100ミリグラム)は体内に影響を及ぼすことになる。さらに8時間後でも50ミリグラム、さらに8時間後でも25ミリグラムが体内で作用する。寝る6時間前に摂取したカフェインですら睡眠を阻害した理由はこれにあったのだ。”

引用:ダイヤモンドオンライン

普段寝つきが悪いという人は、ジャスミン茶を飲むのは午後2時までにして、午後のティータイムには別のお茶を選びましょう。

ジャスミン茶の香りにはリラックス効果が期待されるので、ジャスミンのアロマオイルを使って芳香浴をするのはOKです。

ジャスミン茶を飲む量は一日1リットル以内まで

ジャスミン茶に含まれるカフェインには、利尿作用もあります。

ダイエットに良いからとガブガブ大量にジャスミン茶を飲むと、トイレの回数が増えてしまいます。水分補給にジャスミン茶を飲んでも、カフェインの作用で水分が体内にとどまりにくいため、水分補給は水で行いましょう。

ジャスミン茶の噂を解明!よくある疑問

ジャスミン茶について調べてみると、いくつか気になる点がありました。

安心してジャスミン茶を飲むためにも、気になる点はスッキリ明らかにしておきましょう!

Q1. ジャスミン茶を飲むとワキガになる?

ジャスミン茶を飲んでもワキガにはなりません。

なぜか、ジャスミン茶で調べると「ワキガ」というワードがよく出てきます。どうやら、「ジャスミン茶を飲むとワキガになるのでは」と不安になる人が多いようです。

ジャスミン茶を飲んでワキガ体質になることはありませんが、元々ワキガ体質の人は、ジャスミン茶を飲みすぎるとニオイが強くなる可能性があります。

ジャスミン茶にはカテキンによる消臭、殺菌作用があるので、本来であれば体臭ケア効果も期待できます。

しかし、飲みすぎるとカテキンの作用よりも、利尿作用やカフェインの作用が強くなり、ニオイに影響を及ぼすのです。

利尿作用が働きすぎ、体内の水分が不足すると、汗の中に老廃物が混ざってニオイの強い汗が出ます。

また、カフェインの摂りすぎで自律神経が乱れ、交感神経が優位になると、汗をかきやすくなります。ワキガ体質で汗が増えると、汗と皮脂が混ざって菌が繁殖しやすくなり、ニオイが強くなるというわけです。

しかし、ジャスミン茶に限らず、カフェインを含む飲み物なら飲み過ぎれば同じようにワキガのニオイが強くなると考えられます。

要するに、飲み過ぎればニオイが強くなる可能性はあるけど、適量であれば飲んでもワキガに影響はしないし、ワキガ体質じゃない人がジャスミン茶でワキガになることはほとんどありません。

ストレスや緊張、不安を感じると、交感神経が優位になって、汗腺の働きを活発にします。そのため、交感神経が敏感な方ほど、多汗症になりやすいといわれています。

引用:ゆたか倶楽部

Q2. ジャスミン茶は身体を冷やす?

キンキンに冷えたジャスミン茶の場合は、身体を冷やすかもしれません。

しかし、ワキガの件と同じで、冷たい飲み物であればジャスミン茶に限らず身体を冷やします。

夏場は特に、冷たい飲み物が欲しくなる季節ですが、キンキンに冷えた飲み物を口にすると、内臓が冷えて代謝が低下してしまいます。女性は身体が冷えやすいので、ジャスミン茶を飲むときはできるだけホットで飲みましょう。

もし、コンビニで緑茶かジャスミン茶で迷ったら、ジャスミン茶を選ぶのが賢明です。

ジャスミン茶に豊富に含まれるビタミンCとビタミンEには、身体を温める効果が期待できます。ホットが良いですが、冷たいペットボトルしかなくても、緑茶を選ぶよりはジャスミン茶を選んだ方が身体が冷えにくく、美容やダイエットに良いですよ。

Q3. ジャスミン茶が苦手な人でも飲みやすい種類はある?

ジャスミン茶の風味が苦手で、まずいという人は少なくありません。

特にジャスミンの豊かな香りを楽しめる茶葉から淹れた本格的なタイプは、風味がダイレクトに出るので苦手な人は飲みにくいと感じるでしょう。

ジャスミン茶の風味が苦手な人は、ペットボトルタイプのジャスミン茶がおすすめです。比較的飲みやすい味のものが多く、ジャスミン茶初心者の方でも飲みやすいでしょう。

飲みやすいおすすめジャスミン茶

最後に、飲みやすいジャスミン茶や香りを楽しみたい人におすすめの茶葉タイプのジャスミン茶など、おすすめジャスミン茶をご紹介します!

ダイエット目的なら、運動前に手軽飲めるペットボトルタイプ、リラックス目的なら香りが楽しめる茶葉タイプを選ぶと良いでしょう。

伊藤園 Relax ジャスミンティー

伊藤園のペットボトルのジャスミン茶は、ジャスミン茶初心者やジャスミン茶が苦手な人にもおすすめです。

ジャスミンの華やかな香りがありながらも、味はスッキリとしているので、独特の風味が苦手な人でも飲みやすいでしょう。

香料不使用なので、ペットボトルで手軽にジャスミン本来の香りが楽しめるのもポイントです。

実は私も、初めて飲んだ茶葉タイプのジャスミン茶の風味が苦手でした。

ダイエットに良いということで、試しにペットボトルで飲んでみましたが、伊藤園のジャスミン茶は飲みやすくてびっくり!ちなみに温めてもおいしかったです。

ダイドードリンコ 贅沢香茶ジャスミンティー

ダイドードリンコのジャスミン茶も、香料なし、添加物もビタミンCが含まれている程度なので安心です。ハーブティー専門家が認定した香りというだけあり、本格的なジャスミン茶の香りが楽しめます。

ジャスミン茶が好きだけど、茶葉で淹れるのが面倒という方にぴったりです。ジャスミンの香りが比較的強めなので、本格的なジャスミン茶が好きならきっと気に入るでしょう。

久順銘茶 久順の契約茶園で作った 茉莉花茶

台湾産のジャスミン茶の茶葉です。ジャスミン茶が人気の台湾で作られた茶葉を使用しているので、舌の肥えたジャスミン茶党の方でも満足できる上品な風味を味わえます。

茶葉の劣化を防ぐために丁寧に処理されているので、風味の良さが長持ちします。

ジャスミン茶の効果を利用して美ボディ&美肌に!

女性に嬉しい効果たくさんのジャスミン茶は、まさに女性の味方のようなお茶です。

ダイエットに励む人はもちろん、スキンケアに力を入れている人やストレスの多い人にもぴったりです。

外食時もドリンクメニューからジャスミン茶をオーダーしたり、コンビニでもペットボトルのジャスミン茶を買うように意識してみましょう。

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。