乾燥肌が使うべき化粧水まとめ【保湿力バツグンの人気5選】

「化粧水で保湿ケアをしているのに肌がカサつく」「毎日きちんとスキンケアをしているのに乾燥肌が改善しない」そうした乾燥肌に関する悩みを抱いていませんか?

確かに化粧水は保湿ケアの1つの手段ではありますが、使い方が間違っていたり合っていないタイプを使ったりしていると、かえって乾燥肌リスクが高まってしまうこともありますよ。

今回こちらでは「乾燥肌への保湿ケア」の中でも「乾燥肌におすすめの化粧水」に焦点合わせ、化粧水の正しい使い方や乾燥肌に合った化粧水の選び方をわかりやすく解説いたします。

最後には乾燥肌でお悩みの方に是非ともおすすめしたい「乾燥肌におすすめの化粧水」を5つご紹介しますので、乾燥肌でお悩みの方だけでなく乾燥肌の予防を考えている方もご覧になってくださいね。

はじめに 乾燥肌とは?乾燥肌の原因は?

肌がカサつく・ツッパったりする乾燥肌はその名の通り肌の水分量が足りない状態ですが、より具体的に言うと「肌内部に水分を留めておく保湿成分が不足している状態」と言えます。

健やかな状態にあれば、肌本来が持つ「肌のバリア機能」や「もともと肌に存在する保湿成分」といった乾燥から肌を守る機能が正常に働きます。それによって肌の潤いがキープされ、正常な状態やそれを維持するための様々な機能が作動します。

しかし、加齢による肌環境の変化や間違ったスキンケア、そして生活習慣の乱れなどが原因となって健やかな肌を保つために必要な機能が低下してしまうと乾燥肌のリスクが高まってしまうのです。

しかも乾燥状態にある肌は、肌を健やかに保つための様々な機能が正常に働きにくくなり、さらに症状が深刻化する恐れも考えられます。

そうした悪循環を断ち、乾燥肌の根本的な改善・予防につなげるには、やはり「保湿ケアから肌の潤いを高め、肌本来の機能の正常化する」といったアプローチが基本であり重要だと言えます。

乾燥肌ケアの基本は保湿にあり!

乾燥肌ケアの基本は保湿にあり!
乾燥肌の改善・予防を目指すには、「保湿」が基本かつ最も大切なスキンケアと言えます。

ただし、日頃のスキンケアで使用するアイテムが乾燥肌に適していなかったり、乾燥肌の原因となるスキンケアの方法を行っていたりすると……健やかな肌へと近づくどころか余計に肌が乾燥してしまうことも。

そこで今回スポットライトを当てる「乾燥肌に適している化粧水」の選び方やおすすめアイテムをご紹介する前に、まずは化粧水の正しい使い方やケア方法について解説いたします。

あなたの自己流ケアは間違っている?正しい化粧水の使い方とは

いつもどのように化粧水を使用していますか?まずは下記のチェック項目で該当するものがあるかどうかを確かめてみてください。

  1. 保湿のためにしっかりと化粧水を塗り込んでいる
  2. 化粧水をバシャバシャとたっぷり使用している
  3. コットンでのパッティングで化粧水をつけている
  4. 高い値段の化粧水がもったいなくてついつい使用量が少なくなっている

実は上記のチェック項目はどれも間違った化粧水の使い方です。もしも1つでも当てはまった人は、自己流で間違ったケアを行っていると考えられます。

肌のバリア機能が低下している状態にある乾燥肌では、普段なら何の問題もない少しの刺激でさえ肌トラブルの原因となります。そのため、たとえ手のひらだとしても化粧水をこするように使うのは、肌への負担となるのでおすすめできません。コットンでのパッティングはなおさら肌への刺激となります。

化粧水をつける際にはできる限り肌への刺激をなくそうというイメージで、手のひらの柔らかな部分で優しく抑えるようにしましょう。特に、皮膚が薄く他の部位よりもデリケートな目の周りは、こすらないようにしながら指の腹で優しくポンポンと抑えるようにして化粧水をつけてくださいね。

また、たとえ保湿への優れた作用が期待できる高価な化粧水を使用していたとしても、使用量が極端に少なければ意味がありません。化粧水の適切な量とされている「500円玉サイズほどの量」を使うようにしてください。

逆に化粧水をバシャバシャとたくさん使ったとしても、使用量に比例してより高い保湿効果が期待できるということはなく、あまり意味がないと考えられています。

化粧水ケアだけでは乾燥ケアとは言いにくい

化粧水の使用量を増やしたとしても、化粧水のほとんどが水分ですから蒸発してしまいます。化粧水だけのスキンケアは十分な乾燥対策とは言えませんし、むしろ化粧水が蒸発する際に肌の水分も持っていってしまうので余計に乾燥してしまうことも考えられます。

その点では「化粧水の後に乳液を使用する」という手順は、油分による水分の蒸発を防ぐアプローチが期待できますが、これだけで十分だとは言いにくいです。化粧水よりもより多くの美容・保湿成分が配合されている美容液も使用することで、より高い効果が期待できるようになります。

そのため、乾燥肌の改善・予防を目的としたスキンケアでは、化粧水や乳液に加えて美容液も合わせて使用すべきだと言えますよ。

乾燥肌の化粧水選びはこの4ポイントに気をつけて

乾燥肌の化粧水選びはこの4ポイントに気をつけて
乾燥肌に役立つ化粧水を探す際には「しっとり」「乾燥肌用」そして「保湿ケア」などと記載されている商品を選んでいる方がほとんどだと思います。こうした記載から選ぶことは間違いではありません。

しかし、「パッケージに書かれているから」と何となく選ぶよりも、下記4つのポイントを踏まえた選び方のほうがより確実に効率的なアプローチに役立てられる化粧水にたどり着きやすくなりますよ。

優れた保湿成分が入っているかを見る

乾燥肌でお悩みの場合には、化粧水に配合されている「保湿成分」をチェックしましょう。保湿ケアに役立つ成分としては下記のようなものが挙げられます。

保湿成分として化粧水に配合されることの多い成分

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • レシチン(大豆レシチン)

中でも特におすすめなのが「セラミド」です。セラミドは肌内部にもともと存在する保湿成分で、「水分をサンドイッチのように挟み込むことで潤いをキープする」といった性質を持っています。「セラミドによって挟み込まれた水分は、たとえ水分の湿度が0%になったとしても蒸発しない」と言われるほどの優れた水分保持効果が期待できます。

また、アルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分は、セラミドには劣るものの「抱え込むようにしてたくさんの水分を保持する」といった性質を持ちます。これらの高い保水力が期待できる成分とセラミドとが一緒に配合されているアイテムでは、それぞれによる相乗効果が期待できるようになります。

セラミドの中では「ヒト型セラミド」が最もおすすめ

そんなセラミドには様々な種類がありますが、1番おすすめなのが「ヒト型セラミド」と呼ばれるものです。成分自体は高価ではありますが高保湿が望めます。

成分表にて「セラミド1~6」とセラミドの後に数字が続くもの、「セラミドEOP」「セラミドNS/NG」そして「セラミドNP」とアルファベットが続くものがヒト型セラミドに分類されます。

セラミド配合美容液おすすめランキング|人気の高保湿アイテム11選セラミド配合美容液で乾燥知らずのモチモチ肌に♪ セラミド配合美容液は、乾燥しきった肌に素早くうるおいを与えたり、肌のバリア機能をアップ...

乾燥肌との相性が悪い成分を避ける

成分表を確認する際には、保湿成分に着目すると同時に乾燥肌との相性が悪い以下のような成分を避けるようにしましょう。

  1. アルコール(エタノール、エチルアルコール):サラッとした使用感のために使用されている成分。揮発性という性質上、配合量が多ければ必要以上に水分が奪われる原因に。
  2. ビタミンC誘導体:皮脂の抑制に役立つためニキビケアを目的としたアイテムに使用されていることが多い成分。ただし、肌に合わなければ肌の乾燥に繋がりやすくなる。
  3. アルブチンハイドロキノン:美白ケアが期待できる成分ではあるものの、高濃度配合では肌への刺激になることも。
  4. 香料(植物名+油など):複数の成分が配合されていると、肌への刺激が大きくなることも。

成分表では「配合量が多い順」で成分が記載されています。上記のような成分が成分表示の中でも前の方の順番で登場するアイテムは避けるようにしたいですね。

安すぎる化粧水はできる限り避ける

毎日のケアとして続けることが何よりも大切なですから、予算を大幅に超えた化粧水は「習慣として続けられにくい」という点では適していないと言えます。

しかし、だからと言って安ければ良いというわけではありません。むしろ、化粧水では安すぎるアイテムは避けるべきです。これは安い化粧水では配合成分の質が悪かったり、配合量が少なかったりする恐れが高くなるからです。

そのため「使用する目的に応じた保湿成分の有無、またはその成分の配合量・濃度」など成分の種類・質・配合量と、「安すぎず、また毎日無理なく続けられる範囲内にある価格かどうか」の価格面との2つを天秤にかけて選ぶようにしましょう。

お肌への相性をきちんと確認する

配合成分や価格でのチェック項目をクリアしたとしても、最終的な決め手となるのはもちろん「肌との相性」です。下記のような記載がある化粧水は刺激が少なく、幅広い方が使用できる製品に仕上げられていることが多いですよ。

乾燥肌向け・乾燥肌用 低刺激性
敏感肌向け・敏感肌用 ・アレルギーテスト済:アレルギーを起こさないかどうかを確認
・パッチテスト済:肌に刺激を与えないかどうかを確認

しかし、たとえ上記の記載があったとしても全ての人が使用できるということではありません。やはりサンプルやテスターそしてトライアルセットを実際に使用し、肌との相性を確認したうえで活用するようにするのが確実です。

そのため、肌に不安を抱く方・肌との相性が気になる方は、サンプルやテスターそしてトライアルセットなどが展開されているアイテムを選ぶようにすることも大切ですね。

高い保湿力が期待できる!乾燥肌におすすめの化粧水5選

保湿ケアに役立てられる化粧水の選び方を踏まえ、最後に乾燥肌におすすめの化粧水を5つご紹介します。

米肌(MAIHADA)肌潤化粧水

公式サイトをみる
楽天で購入する
Amazonで購入する

はじめにご紹介する化粧水はKOSEから販売されている「米肌(MAIHADA) 肌潤化粧水」です。とろみのあるリッチなテクスチャでなめらかに肌に馴染み、使用後には肌のベタつきはほとんどありません。1年を通して使いやすい使用感に仕上げられています。

「肌が自らうるおいを保つ力を改善する」効果があるとして厚生労働省に認められたエキス成分「ライスパワーNo.11」が採用されています。また、「角層柔軟オイル」配合で、肌を柔らかくほぐしながら美容成分が浸透しやすい状態に整えます。潤いを与えて保ちながら、キメの整った毛穴の目立たない肌へのサポートが期待できますよ。

アスタリフトモイストローション

公式サイトをみる
楽天で購入する
Amazonで購入する

アスタリフトの保湿シリーズの中の化粧水であるこちらの「モイストローション」は、保湿ケアだけでなくアンチエイジングケアにも役立てられる製品です。

まず保湿成分としては水溶性コラーゲン、浸透性コラーゲン、ピココラーゲン(加水分解コラーゲン)といった3種類のコラーゲンにヒアルロン酸をプラス。角層までみずみずしい潤いをかなえます。

また、ビタミンA(パルミチン酸レチノール)と亜アスタキサンチンを独自技術で組み合わせてナノ化した潤い成分「ナノビタミンAx」と独自成分コラーゲンペプチド(加水分解コラーゲン)からなる独自複合成分「CLリフレッシャー®」が肌のダメージケアに役立ち、うるおいで満たしながら美容液やクリームなどが馴染みやすい肌へと整えます。

エトヴォスセラミドスキンケア モイスチャライジングローション

公式サイトをみる
楽天で購入する
Amazonで購入する

医学博士監修のもとで商品開発を行うエトヴォスの「セラミドスキンケア モイスチャライジングローション」は、肌のうるおいや保湿力に着目した保湿化粧水です。

天然由来の高保湿成分「POs-Ca®」・ラベンダー花エキスを配合することで、水分を抱え込む肌を目指しやすくなります。また、高保湿成分「POs-Ca®」は、肌の角層まで優しくうるおいを届けます。

また、保湿力をサポートする「グルコシルセラミド」を配合するだけでなく、肌表面でうるおいを守る「ヒアルロン酸」やヒアルロン酸の2倍の保湿力を誇る「リピジュア®」によって肌表面と角層内のダブル保湿に役立てられます。

そのほか、肌にもともと存在する保湿成分「天然保湿因子(NMF)」でもあるアミノ酸、「植物性プラセンタエキス」やハリを与える「ヒドロキシプロリン」がうるおいに満ちた肌へと導きます。

オルビスユー ローション

公式サイトをみる
楽天で購入する
Amazonで購入する

「超浸透“とろぱしゃ”化粧水」と謳われている「オルビスユー ローション」は、未だかつてないリッチなコクのテクスチャに仕上げられている保湿化粧水です。

角層の奥、肌の角層全体に水の通り道をつくり、肌をうるおいで満たす鍵となる複合成分「キーポリンブースター」を配合。キーポリンブースターを構成するのはアマモエキス・モモ葉エキス・ヤグルマギク花エキスといった肌にうるおいとハリ感を与える3つの保湿成分です。

また、独自の高保湿成分「濃密ウォータージェリー」を採用することにより、細胞内部までうるおいで満たされることによりセルフコントロールできる自立した肌を目指しやすくなっています。

ノブL&WエンリッチローションEX

公式サイトをみる
楽天で購入する
Amazonで購入する

最後に、敏感なお肌を考えた高保湿エイジングケアシリーズ「ノブ L&Wシリーズ」から展開されている高保湿化粧水「L&W エンリッチローション EX」をご紹介。

まず、テクスチャは濃密なとろみと優れた肌馴染みの良さとの両立によって、シチュエーションを問わず使いやすく仕上げられています。保湿成分として「浸透型アミノ酸AHP」と「コエンザイムQ10」に加えて「α-グルコシルグリゼロール液」を配合することで、肌に潤いを与えながら感想による小じわを目立たなくするアプローチにも繋げられます(効能評価試験済み)。

油性成分を含んだ「うるおいヴェール処方」で肌表面にうるおいのヴェールを作り、浸透したうるおいを長時間しっかりキープ。また、上記を含む贅沢な11種類のうるおいハリ成分によって、リッチな保湿感から満足しやすくなっています。

まとめ

数多く展開されている保湿化粧水の中からピックアップした以上5つの製品は、配合成分という観点では違いがあります。しかしどれも毎日の保湿ケアに役立ちながら、肌への負担が少ないアイテムだと言えるものばかりです。

繰り返しになりますが、最終的には肌への相性が化粧水の良し悪しを決めると言っても過言ではありません。ただ、今回はトライアルセットやサンプルがきちんと用意されている化粧水をチョイスしましたので、是非それらから使用感や相性を確かめてみてくださいね。

保湿ケアから乾燥肌の改善を目指すには、毎日コツコツと続けることが大切です。「すぐに乾燥肌が改善する」というわけにはいきませんが、保湿ケアを習慣として継続すれば確実に本来の健やかな肌の状態へと繋げられるようになります。

こうした普段の保湿ケアに今回ご紹介した「乾燥肌対策に活かせられる正しい化粧水の使い方」や「乾燥肌におすすめの化粧水の選び方・製品」の情報を活用し、少しでも効率的なアプローチを目指していただけますと嬉しいです。

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。