牛乳風呂の効果は本当?実践してみてわかったメリットやデメリット

夜にゆっくりお風呂に浸かれば、どんよりとした気分もスッキリしますよね。新しい入浴剤を試すときはワクワクします。

市販の入浴剤も良いですが、最近は入浴剤を手作りする人も増えており、特に美容に良いと人気なのが牛乳!

温泉やスパでも、牛乳風呂を試せるところがありますが、自宅で試す場合、普段飲んでいる牛乳をそのまま入れても良いのでしょうか。

また、本当に美容に効果があるのか、牛乳風呂の本当の効果も気になりますよね。

今回は、牛乳風呂の美容効果や自宅で試す方法をご紹介します。

牛乳風呂が美肌に効果的?

牛乳風呂は、かつて世界三大美女の一人、クレオパトラも好んで入っていたという説があります。

古代エジプトですでに牛乳風呂があったなんて驚きですよね。クレオパトラの美意識の高さもすごいです。牛乳風呂は特に美肌効果が期待できます。

牛乳には美肌成分がたっぷり!

牛乳といえばカルシムが豊富ということはよく知られています。

牛乳には美肌に良い成分もたっぷり含まれており、牛乳風呂に入浴することで全身の肌をしっとりとケアできるのです。

2004年、日本酪農乳業協会では、20代の女性を対象に、牛乳・乳製品と美肌の関連性について調査を行いました。

その結果、体験者群は非体験者群に比べて皮膚の潤いが改善され、保湿力が高まり、脂っぽさが減少したと報告されています。牛乳中に含まれるビタミンAは皮膚や粘膜などの表皮細胞を正常に保つ作用があり、ビタミンB2はたんぱく質や脂質、糖質の代謝に関係し、健康な皮膚や毛髪、爪をつくります。ニキビや吹き出もの、皮膚炎の防止にも役立ちます。

また、カルシウム不足はストレス感受性を高めるとされ、カルシウムの摂取はストレスからくる肌荒れの予防効果が期待されます。

出典:うまいぞ!牛乳

牛乳の美肌成分

  • ビタミンA:ターンオーバーを正常に整える
  • ビタミンB:皮脂の過剰な分泌を抑える
  • カリウム:肌の水分量をキープする
  • カゼイン:古い角質を除去してくすみケア

牛乳を肌に直接使うと、古い角質が剥がれるため、肌のざらつきや角質と一緒に溜まったメラニンも排出できるので、美白ケアにも効果が期待できます。

クレオパトラが好んだと言われている「牛乳風呂」。その当時からしっかりと風呂文化があったことにも驚きですが、クレオパトラは美を保つため、牛乳風呂を続けていたとのこと。

この牛乳風呂、実は化学的根拠も証明されています。牛乳に含まれるタンパク質を分解する酵素は、老化した角質を除去してくれて、牛乳に含まれるビタミンで肌を保湿する効果があるそうです。美白、保温、保湿効果が期待できるのです。

牛乳は天然のピーリング剤?

牛乳風呂で調べてみると、「美白」という言葉がセットで出てきます。牛乳には美白ケア効果がある、ということですが、美白有効成分が配合されているという訳ではありません。

牛乳にはカゼインという成分が含まれており、カゼインには古い角質を除去する作用があります。

美白ケアには、古い角質を除去してシミを防ぐピーリングというケアがありますが、カゼインの角質除去作用で牛乳をピーリング剤として使えるのです。

シミの原因のメラニンは、ターンオーバーの周期が長くなったり、乱れたりすると角質と一緒に排出されなくなり、色素沈着を起こします。

定期的にピーリングを行うことで、古い角質を落としてシミを防げるのですが、ピーリング剤は肌に刺激がかかるものが多いため、敏感な乾燥肌やバリア機能が低下しやすい大人の肌には刺激が心配です。

牛乳は天然のピーリング剤として、肌に刺激を与えずにピーリングで美白ケアができます。

牛乳風呂なら、全身の古い角質を除去して美白ケアだけではなく、肌のざらつきを取ってしっとり肌に導くます。

ちなみに、牛乳風呂の他には牛乳洗顔も美肌に良いと支持されています。牛乳はカウブランドの牛乳石鹸など、洗顔料や保湿クリームの成分にも使われていますから、牛乳そのものも美肌に良いというのは間違いではありませんね。

毛穴の汚れも牛乳でスッキリ?

牛乳に含まれる酵素には、タンパク質の汚れを分解して落とす作用があります。

毛穴に詰まった角栓はタンパク質が主成分なので、牛乳の酵素の作用で詰まった角栓を取り、ニキビや毛穴の黒ずみ予防に効果的です。

牛乳風呂の美肌以外の効果は?

牛乳風呂は美肌以外にも効果があります。美肌以外に期待できる牛乳風呂の効果をチェックしていきましょう!

カルシムでストレスケア

牛乳にたっぷり含まれるカルシウムですが、実は皮膚からも成分が吸収されます。カルシムにはストレスを和らげる作用があるため、牛乳風呂に入れば心が落ち着いてストレス対策にも有効です。

全身浴と半身浴自体にもストレス緩和効果があるので、牛乳を入れて入浴すればWのストレスケア効果が期待できます。ストレスが解消されて心がリラックスすると、副交感神経が優位になり、血流がスムーズになって冷え解消にも有効です。

心が落ち着くことでぐっすり眠れる快眠効果も期待できるので、寝つきが悪い人ぐっすり眠りたい疲れた日に牛乳風呂はぴったりですね。

カリウムで全身のむくみをスッキリ!

牛乳に含まれるカリウムは、体内のナトリウム量を調整し、余分なナトリウムを排出させる作用があります。

塩辛い食べ物を食べて塩分を過剰摂取すると、身体が水分を余分に溜め込むようになり、皮膚の下に水分が溜まってむくみが発生します。

カリウムが皮膚から浸透すると、余分な水分が排出され、むくみに効果的です。

特に下半身は余分な水分が溜まりやすいですが、牛乳風呂に入ればしっかりマッサージをしなくてもむくみケアができるので、疲れている日も簡単にむくみが取れるでしょう。

牛乳風呂の入浴方法

牛乳風呂と聞くと、牛乳だけでお湯を張るイメージがあるかもしれませんが、牛乳はお湯に溶かして入浴剤のように使うだけです。

牛乳だけでお湯を張るとなると、1回の入浴で牛乳が何パックも必要になり、コストがかかってしまいます。牛乳風呂の正しい方法で、ツルツルのお肌を手に入れましょう。

牛乳は1回の入浴で1/2パック〜1パック使う

牛乳風呂の用意はとても簡単です。普段お使いの入浴剤のように、お湯と混ぜるだけ。

浴槽に牛乳を入れたら、お湯を溜めてよく混ぜましょう。

使う牛乳は普通の牛乳がおすすめ

牛乳風呂には低脂肪乳を使っても問題はありませんが、低脂肪乳は普通の牛乳よりも脂肪分が少なく、保湿効果が下がります。

牛乳風呂に使う牛乳は、賞味期限切れのものを使ってもOKです。口コミを調べてみると、賞味期限切れの牛乳を有効活用するために牛乳風呂にする、という人も多いんですよ。

お湯の温度はぬるま湯がベスト

お湯は37〜40度程度にして半身浴にすれば、身体の芯から温まって冷えに効果的ですよ。

お湯の温度が高いと、牛乳のニオイを強く感じるので、あまりおすすめしません。入浴時間は普通の半身浴と同じく、15〜20分程度でOKです。

実際に牛乳風呂を試してみてわかったこと

今回、お風呂大好き筆者が実際に牛乳風呂に入ってみました。実際に入浴してみて感じたリアルな感想をお伝えします!

牛乳風呂のニオイについて

牛乳風呂の口コミを調べてみて、気になっていたニオイ問題ですが、問題なく入浴できるレベルでした。でも良い香りがするというわけではありません。人によってはカビっぽい牛乳臭さが気になるかもしれませんね。

入浴剤の香りにこだわりがある入浴剤マニアの私としては、物足りなさを感じました。

普段アロマバスや香りの良い入浴剤を使っている人は、牛乳風呂は香りのメリットがないので続けにくいと思います。

そこで、試してみたのが牛乳とアロマオイルを加えた、オリジナルミルク入浴剤です。

好きな香りのアロマオイルを3〜4滴加えるだけです。

アロマオイルと牛乳の香りがケンカするかな、と思いきや、問題なく入浴できました。アロマの香りでよりリラックスできますし、入浴剤マニアでも香りで満足できると思います!

ちなみに、入浴後に身体が牛乳くさくなるということはありませんでした。

牛乳アロマ入浴剤の作り方は簡単です。コップ1杯の牛乳にアロマオイルを3〜4滴加えて混ぜ、お湯に入れるだけ。リラックス効果の高いラベンダーゼラニウムがおすすめですよ!

牛乳風呂の保湿効果について

牛乳風呂の美肌効果の一つ、保湿効果ですが、実際に入ってみるとしっとりというよりすべすべ感がすごかったです。牛乳の角質除去効果のおかげでしょうか。

普段はざらつきやすい角質が分厚いひじの部分や足裏も、牛乳風呂に入浴したあとはすべすべになりました。

牛乳風呂のお湯を洗面器に分け、牛乳洗顔も試してみましたが、洗顔後のつっぱりがなく、入浴後すぐに化粧水をつけなくても乾燥しなかったので、牛乳の保湿効果の高さを実感できました。

牛乳風呂の美白効果について

牛乳風呂のお湯で洗顔をしてみて驚いたのが、口コミ通り肌色がワントーンアップしたことですね。

古い角質が取り除かれ、くすみのない透明感のある素肌になりました。

特に夏から秋にかけて、紫外線ダメージを防ぐために角質が分厚くなるので、角質ケアにぴったりだと思います。肌がピリピリすることもありませんでした。

牛乳風呂は1回使い切りの方が良いかも

牛乳風呂は食品を入浴剤として使うので、牛乳が腐ってしまうのでは、という疑問がありました。

数日間放置すればもちろん腐ると思いますが、一日程度であれば特に腐ったような変化はありません。

ただし、気温の高い夏場はニオイがちょっと心配ですね。

衛生的にも、元が食品なので、雑菌も繁殖しやすいですし、牛乳風呂は一回入浴したらその日のうちに捨てた方が良いと思います。

追い焚き機能のあるお風呂なら、捨てるだけではなくその日のうちに掃除もした方が良いですね。

牛乳風呂に入る前に注意点をチェック!

今回実際に牛乳風呂を試してみて、お肌への効果の高さを実感できましたが、牛乳風呂にはいくつか注意点があります。牛乳風呂を試す前に、注意点をしっかり確認しましょう。

牛乳アレルギーの人は牛乳風呂NG

牛乳風呂は、牛乳の成分が皮膚から浸透することがあるため、牛乳アレルギーの人は入浴を避けましょう。直接飲まなくても、牛乳の成分が浸透して体調不良を起こす可能性があるからです。

賞味期限は最大1週間までなら切れていてもOK

牛乳風呂をお金をかけずに楽しむなら、スーパーで賞味期限間近で割引されているものや、賞味期限切れの牛乳を使うと良いでしょう。

あまりに古すぎる牛乳はNGです。古すぎる牛乳を使うと、牛乳のニオイが強くなり、入浴中にニオイが気になってリラックスできません。

また、肌に与える影響も心配です。うっかり口に入れてしまう場合もあります。賞味期限は最大1週間切れまで、と覚えておきましょう。

掃除はその日のうちに済ませよう

牛乳風呂に入った日は、できればお風呂掃除はその日のうちに行った方が良いでしょう。

実際に私も牛乳風呂を体験してみましたが、普通のお湯でも一日経てば雑菌が繁殖しますから、牛乳が入っていると繁殖スピードも早いと思います。お湯を放置しがちな方には、牛乳風呂は向いていないかもしれませんね。

また、牛乳風呂で追い焚き機能が壊れるかどうかは不明ですが、追い焚き機能を使って牛乳風呂に入るのも避けた方が良いでしょう。

その日のうちに掃除するのは面倒、というときはお湯を抜いたあと、高温のシャワーで浴槽の中を洗い流しておき、翌日に掃除してもOKです。

高温のシャワーで浴槽を流せば、水アカがつきにくくなりますし、表面の汚れが取れて掃除が楽になります。

牛乳風呂以外も!家にあるものでオリジナル入浴剤

牛乳風呂以外も!家にあるものでオリジナル入浴剤

牛乳風呂以外にも、美肌に良いとされている食品由来の入浴剤があります。特におすすめなのが、塩風呂と日本酒風呂です。

嬉しい効果がいっぱい!塩風呂

塩風呂には、美肌効果血流、発汗の促進が期待できます。

特に天然塩はミネラルが豊富で、毛穴から体内に入り込んで老廃物の排出をサポートするため、むくみに効果的です。

血流が促されることで肩や首のコリほぐしにも良いですし、発汗作用で身体が温まりやすく、冷えを防いで代謝を促します。

リラックス効果の高い日本酒風呂

美肌に良いといえば日本酒風呂も見逃せません。

豊富なアミノ酸による肌のうるおいアップや、美白有効成分コウジ酸がメラニン生成を抑え、美白効果も期待できます。

キメの整ったふっくらツヤ肌を目指すなら、日本酒風呂を試してみてはいかがでしょうか。

ダイエット目的なら日本酒と塩の組み合わせ

日本酒と塩には、どちらにも血流促進による発汗作用があるため、二つを組み合わせることで身体が温まる効果がアップします。

身体が温まって体温がアップすると、基礎代謝もアップしてエネルギーを消費しやすいやせ体質を目指せるのです。

牛乳風呂はこんな人におすすめ!

牛乳風呂は、

  • 肌がごわつく
  • ひじや足裏に角質が溜まりやすく、ザラザラする
  • 肌のくすみが気になる
  • 顔や背中にニキビができやすい

上記のような人におすすめの天然入浴剤です。

普段よく牛乳を飲む、という人は賞味期限切れの牛乳があるときに試してみてください。

牛乳風呂と同じ効果が期待できる牛乳洗顔は、牛乳風呂のような掃除の手間がかからないので、牛乳風呂が面倒な方は牛乳洗顔も試してみてくださいね。

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。