ナイトキャップで美髪になれる?ヘアケア効果とおすすめ6選!

ナイトキャップといえば、よく漫画やアニメでキャラクターが寝るときに着用しているので知った人が多いのではないでしょうか?

最近は、人気芸人が愛用していることで注目度が高まり、ヘアケア効果があるということで若い女性を中心に人気を集めています。

今回は、かぶって寝るだけで翌朝の髪がまとまりやすくなると噂のナイトキャップから、特にヘアケア効果の高いシルク製を中心におすすめをご紹介します!

ナイトキャップとは?渡辺直美も愛用中!

眠っているときでも、髪は少しずつダメージを受けています。枕と髪の間で起こる摩擦で、キューティクルが傷ついてダメージが進みやすくなるのです。

特に、寝る前にお風呂に入って髪を乾かさずに寝る、という方は要注意ですよ!濡れた髪はキューティクルが剥がれやすく、ちょっとした摩擦刺激にも弱くなります。

ナイトキャップとは、眠っている間に髪が受ける摩擦ダメージや、髪が乱れて寝癖がつくのを防ぐ帽子です。

昔の給食帽子のような見た目ですが、最近はおしゃれなナイトキャップが増えています。

ナイトキャップは昔からあるアイテムですが、人気芸人の渡辺直美さんがインスタグラムでナイトキャップをつけている投稿をしたことをきっかけに、若い女性の間で注目を集めているのです。

ナイトキャップの知られざる効果とは<ツヤ髪効果?>

①髪の摩擦ダメージを防ぐ

眠っている間に寝返りを打ちますよね。寝返りを打つと、髪の毛と枕の間で摩擦が起こります。

髪が摩擦刺激を受けると、キューティクルを傷つけて枝毛や切れ毛、抜け毛、髪のパサつきなどの原因になるのです。

ナイトキャップをかぶると、枕と髪の間にワンクッション挟み、摩擦刺激から髪を守ります。

②寝癖がつきにくくなる

毎朝寝癖で髪型が決まりにくい、と悩んでいる方にもナイトキャップは効果的です。

髪の毛をナイトキャップに収まるようにかぶると、寝返りを打って髪が摩擦で絡んで癖がつくのを防げます。

③頭皮の乾燥を防ぐ

ナイトキャップをかぶると、ナイトキャップ内が程よく湿度を保つため、頭皮や髪の乾燥を予防できます。

特に頭皮は、乾燥するとかゆみやフケの原因になるので、保湿ケアは欠かせません。でも髪の保湿ケアに比べると、頭皮の保湿ケアもしているという方は少ないでしょう。

頭皮の保湿ケアにはオイルマッサージが効果的ですが、ナイトキャップならかぶって寝るだけで乾燥が防げるので、ズボラさんでも簡単に頭皮ケアができますよ。

④寝汗を吸収して頭皮のニオイを防ぐ

吸湿性のある素材(シルクなど)のナイトキャップなら、寝汗を吸収してムレを防ぐ効果もあるので、頭皮のニオイ予防にも効果的です。

ナイトキャップ選びのポイント

①素材と効果で選ぶ

ナイトキャップの効果は、素材によって違うため、どんな効果を求めるかはっきりさせておくと選びやすくなります。

また、つけ心地やお手入れにも違いがあるので、効果と合わせて自分にとって使いやすいかどうかもチェックしましょう。

ヘアケア効果の高さを重視するなら「シルク製」

シルク製のナイトキャップは、保湿性が特に高く、頭皮と髪の乾燥が原因で起こるヘアトラブルを防ぎます。

また、シルクに含まれるタンパク質やアミノ酸にはエイジングケア効果もあり、老化の原因になる活性酸素の働きを抑える効果も期待できます。

優れた吸湿性で頭皮のムレを防ぎ、雑菌の繁殖を抑えて健やかな頭皮環境をキープするためにも効果的です。

丸洗いができず、手洗いが必要なのでお手入れが少々面倒なのがデメリットですね。

お手入れの楽さ重視なら「コットン製」

ヘアケア効果はシルクに劣りますが、お手入れしやすく価格も手頃なのがコットン製のナイトキャップです。

洗濯機にそのまま入れて丸洗いでき、お手入れが簡単なのでズボラさんでも使いやすいですよ!静電気が起こりしにくく、天然コットン100%なら肌にやさしいのもポイントです。

②サイズ調整できるかどうかをチェックする

ナイトキャップのサイズは、小さすぎず大きすぎない、つけていて不快感を感じないサイズを選ぶことが大事です。

小さくてぴったりすぎると、頭部が締め付けられて血流が悪くなり、頭痛を起こす可能性があります。

逆に大きすぎると、眠っている間に頭から外れてナイトキャップの効果が半減してしまいます。

サイズをしっかり確認するだけではなく、サイズを自由に調整できるタイプのナイトキャップを選ぶと良いでしょう。

ゴムや紐を引っ張って好みのサイズに調整できると、購入して「サイズが合わなかった!」と失敗して使えない、なんてことがありません。

③シーンに合わせてデザインを選ぶ

ナイトキャップには、フリル付きの可愛らしいデザインのものから、シンプルなバンダナタイプのものまで、様々なタイプがあります。

自分が気に入ったデザインを選ぶのがベストですが、デザイン選びに迷ったら使うシーンをイメージすると選びやすくなりますよ。

例えば、可愛らしいフリル付きのナイトキャップなら、人に見られても問題ありませんし、顔まわりを大きめのフリルがカバーするので小顔効果も期待できます。

友人や恋人とのお泊りや、恋人と同棲している、という方におすすめです。

バンダナタイプは、フリル付きのナイトキャップが甘すぎる、と感じる方にぴったりのシンプルデザインです。

バンダナタイプなら、寝るとき以外に在宅中に使えるので、在宅中のヘアダメージ予防にも使えます。

ナイトキャップおすすめ6選

1. LilySilk(リリーシルク)天然シルク100% ナイトキャップ

渡辺直美さんがおすすめしているシルク100%のナイトキャップです。天然シルクの真珠のような光沢かで高級感があり、かぶるだけで特別な気分になれそうですね。

夏は涼しく、冬は暖かく、季節問わず快適に使えるため、しっかりお手入れをすれば年中ずっと使えます。なめらかな肌触りで肌馴染みが良いのもシルク製ナイトキャップの魅力の一つ。

2. UNI-VERSE シルクナイトキャップ

シルク100%なのに1,000円台で購入できるプチプラナイトキャップです。シルク製が良いけどできるだけ節約したい、という方にぴったりですよ!

安いシルク製ナイトキャップの中には、化学繊維のシルク風生地を使っているものもありますが、こちらのナイトキャップは100%本物のシルクを使用しています。

素材が本物ということを証明するため、製造時に余った生地の切れ端が同封されているので、本物かどうか見極められます。

3. Wacoal(ワコール)睡眠科学シルクサテンナイトキャップ

ワコールのナイトキャップは、他にはない睡眠の質を高めることを追求して作ったこだわりナイトキャップです。

つけ心地がより良いシルクサテンを使用し、シルクの高いヘアケア効果に加えて、サテンのなめらかな質感で髪にかかる摩擦刺激を防ぎます。

サテンの軽やかさで、まるで何もかぶっていないようなストレスフリーなつけ心地なので、かぶり心地を重視したい方におすすめです。

より心地よい眠りを追求したシルクサテン素材のナイトキャップ。吸湿・吸水性、放湿性に優れています。寝返りの際の髪への摩擦を軽減。まるで被っていないかのような感覚でノンストレスです。被り心地が気になる方におすすめ。

4. Setagaya-style オーガニックコットン100%ナイトキャップ

男女関わらず使えるナイトキャップです。普段使いもできそうなシンプルなデザインになっています。

オーガニックコットン100%で肌に優しく、締め付けのない柔らか素材なのでつけ心地も快適です。

目まで隠せるので、ナイトキャップ兼アイマスクとして使えますよ!

5. Orange Ananas シルク ナイトキャップ

サイズ調整可能なシルク製ナイトキャップです。締め付けのないゴムを使用しているので、脱げにくいのに締め付けないストレスのないつけ心地になっています。

可愛いレースとリボンがついたガーリーなデザインが可愛いですね。サイズ調整はレース紐で4cmまで調整できます。ショートからロングヘアまで、どの長さにも対応でき、ロングヘアもすっぽり収まる余裕のある設計です。

6. GlovesDEPO SHIROHADAHIME 上質シルクおやすみ帽子

パステルカラーとドット柄で可愛らしいナイトキャップです。

シルクのヘアケア効果に、防臭・消臭効果もあるため、頭皮の雑菌繁殖による嫌なニオイ予防にも使えます。ニット帽をかぶるようなかぶりやすさで使いやすいのもポイントです。

ナイトキャップをかぶるときのコツとは

①髪が濡れた状態でかぶらない

髪が濡れた状態でナイトキャップをかぶると、キューティクルが傷んでダメージヘアが進行してしまいます。

濡れた状態の髪はキューティクルが傷みやすいので、お風呂上がりはできるだけすぐにブローをして髪を乾かすようにしましょう。

また、ナイトキャップを衛生的に使うためにも、濡れた髪のままかぶるのはNGです。雑菌が繁殖しやすくなり、嫌なニオイの原因になります。

②アウトバストリートメントで保湿効果アップ

髪を乾かす前に、アウトバストリートメントをなじませてブローし、ナイトキャップをかぶると保湿効果がアップします。

特にシルクに比べると保湿効果が低いコットン製のナイトキャップでも、かぶる前にしっかりヘアケアをすれば、シルク製のナイトキャップのような美髪効果が期待できますよ。

特に髪のパサつきがひどい方は、毛先にヘアオイルを少量なじませると、翌朝毛先までしっとりまとまりやすくなります。

③髪はナイトキャップ内に収まるようにする

髪の長さに関係なく、ナイトキャップをかぶる時は髪をキャップの内部に収めるようにしましょう。ロングヘアの場合は、ショートと違って少々テクニックが必要になりますが、難しいことはありません。

ブラッシングした髪をトップでお団子を作るようにまとめ、状態をキープしながら空いている方の手でナイトキャップをかぶります。

ナイトキャップから髪がはみ出ていると、寝返りを打ったときに摩擦が生じてダメージが進むので、鏡を見ながら髪がしっかり収まっているか確認してかぶりましょう。

ナイトキャップの作り方<自作を楽しむ人も>

ナイトキャップを手作りする方もいます。手作りナイトキャップの醍醐味は、自分好みのデザインの生地のナイトキャップが手に入ることですね。

また、サイズを変えてお子様とおそろいのナイトキャップを作ったり、中にはペット用のナイトキャップを作る方もいるんですよ!

必要なものは、コットンかシルクの生地とゴム、ハサミ、型紙だけ。型紙は無料でネット配布されていますが、難しい仕組みではないので自分で用意しても良いでしょう。

手縫いでも可能ですが、洗濯して使い続けることを考えると、ミシンを使った方が耐久性がある長持ちするナイトキャップが作れます。

ナイトキャップ作成について詳しく解説している動画を参考にすると、流れがよく理解できますよ!

おすすめナイトキャップでうるツヤ美髪を手に入れて

ナイトキャップは、髪の傷みやくせ毛が気になる方はもちろん、髪が絡まりやすい方にもおすすめです。

かぶって寝るだけでヘアケア効果を高めてくれる便利アイテムだから、ズボラさんでも三日坊主にならず使い続けられますよ!

デザインにこだわって可愛いナイトキャップを使えば、特別な気分で眠りに入れそうです。翌朝の髪のまとまりの良さに驚くこと間違いなしです!

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。