乳液洗顔のやり方|毛穴トラブルや乾燥肌にお悩みの方におすすめ!

「乳液洗顔」はSNSでも話題の洗顔法。

実際にやってみた!という方の書き込みも多く、毛穴トラブルや肌の乾燥でお悩みの方にも注目されているよう。

でも、本当に効果があるのかとか、やり方とか、ちょっと気になるところですよね。

そこで、今回は「乳液洗顔」について詳しく調べてみました!やってみようかな・・・と思っている方、必見ですよ♪

この記事でわかる事!
  • 乳液洗顔のやり方
  • 乳液を買う必要はある?ない?
  • 乳液洗顔の美肌効果
  • 乳液洗顔をやってはいけない人
  • 乳液洗顔におすすめの乳液・不向きの乳液

この記事の目次

そもそも乳液洗顔とは?美肌効果は本当にあるの?

SNSなどで話題になっている「乳液洗顔」初めて耳にするという方も結構多いと思いますし、本当に肌にいいの?とか、効果についても不安がありますよね。

そこで、まずは実際の方法や実践してみた方の声、乳液洗顔によくある疑問などについてご紹介していきますね。

乳液洗顔の方法・目的は?

乳液洗顔法は、最初に蒸しタオルで顔を温めた後、乳液を使って顔を洗い、あとはいつもの洗顔を行うという方法。

乳液洗顔を行うと、通常の洗顔では落ちにくい、皮脂汚れや毛穴に詰まった角栓等を、肌を傷めることなく除去することができます。

また、乳液に入っている油分や保湿成分が肌を保護する役割となり、洗顔時に起きやすい皮脂の落とし過ぎによる乾燥肌やインナードライ肌の改善につながります。

なぜ乳液で汚れが落とせるの?

これはもともと油と油はくっつく性質を持っているためです。

乳液の油分と肌にくっついている余分な皮脂汚れがなじんでくっつき、浮かび上がります。

そのため、ふだんの洗顔では落とせない毛穴の中の汚れや角栓もしっかり落とせるというわけです。

手持ちの乳液でも大丈夫?新たに買う必要はないの?

そもそも乳液洗顔に不向きな乳液もありますが、基本的には手持ちの乳液でOK。特に新たに購入する必要はありません。

後ほど、乳液洗顔の選び方やおすすめの人気商品、向いていない乳液の特徴等についても紹介しますので、併せてチェックしてみてくださいね。

乳液洗顔の美肌効果は?SNSで調べてみました

では、SNSで実際に実践している方の声を見てみましょう!

乳液洗顔は、以前にもSNSで話題になったことがあるのですが、また最近になって実践している方がじわじわ増え、再び注目されてるみたいです。

実際、美肌効果を実感している方も多くて、毛穴の汚れが落ちたとか、肌の調子がよくなったとか、そんな声が多いですね。

乳液洗顔で得られる美肌効果とそのしくみについて

実践者の声を調べてみると、乳液洗顔では以下のような効果が期待できるようです。

なぜ乳液洗顔でそんな効果が得られるのか、そのしくみは以下のとおりです。

毛穴の詰まりが解消されスッキリ♪

乳液洗顔を行うと、毛穴に詰まった角栓が解消され、黒ずみや開きが目立たなくなります。
これは乳液の持つ働きと、配合されている成分にその理由があります。

そもそも乳液の働きは、肌の保湿。
エモリエント効果で皮膚をやわらかくして、キメの整った肌に仕上げる機能があります。

同様の働きを持つクリームに比べると油分よりも水分が多く、保湿成分や美白成分、乳化剤や香料等が配合されているのが特徴です。

毛穴の角栓の正体は、皮脂腺から分泌される余分な皮脂と、肌にたまり、古く硬くなった角質が混ざり合ったもの。

ほどよい油分を含み、エモリエント効果のある乳液で洗顔することで、角質を柔らかくし、さらに油分が毛穴に詰まった角栓を浮かび上がらせるので、続けていると毛穴の詰まりが解消され、黒ずみや開きが目立たなくなってくるというわけです。

肌の乾燥を予防する

一般的な洗顔料は、洗浄成分を含み、商品によっては洗浄力が強いものもあり、汚れだけでなく必要な皮脂まで奪ってしまうことがあります。

特にTゾーンのテカリやべたつき、黒ずみが気になると、ゴシゴシと洗顔をしてしまいがちですが、過剰な洗顔は肌に負担が大きく、乾燥を招いてしまっている場合もあります。

その点、乳液は肌へのダメージの原因となる洗浄剤等は含んでいませんし、油分や保湿成分が配合されたアイテム。

皮脂を取りすぎることもないので、洗顔による肌の乾燥を防ぐことができるというわけです。

ニキビができにくくなる

ニキビができるのは、毛穴が詰まることが主な原因。
本来なら毛穴の外に出ていくはずの皮脂が毛穴の中にとどまり、アクネ菌がこれを栄養源として繁殖してしまうために起こる炎症です。

前述したように、乳液洗顔を行うと毛穴詰まりを解消することができるので、結果的にニキビ予防につながるというわけです。

特に、成人してからできる大人ニキビは肌の乾燥も原因の一つ。

乳液洗顔は肌の乾燥も防げることから、繰り返す大人ニキビを予防することもできます。

ターンオーバーサイクルを回復させる

乳液洗顔は、角質を柔軟にして肌の乾燥を防ぐこともできることから、乱れたターンオーバーサイクルの回復にもつながります。

ターンオーバーは加齢や乾燥等によって徐々に遅くなり、それに伴って肌表面には古い角質がはがれずに残り、厚くなってしまいます。

古い角質が厚くたまってしまうと、肌がくすみやすくなったり、化粧品が浸透しにくくなったり、ごわついてきたり、角栓ができやすくなったりと、様々な肌トラブルを引き起こします。

でも、乳液洗顔を行うことでターンオーバーサイクルが徐々に正常化するようになると、バリア機能も向上。

肌トラブルが起きにくくなり、肌の透明感も上がって健康な美肌に育てていくことができるというわけです。

乳液洗顔のデメリットは?脂性肌でもやっていいの?

肌質は、普通肌や乾燥肌、混合肌や脂性肌などがありますが、実は乳液洗顔は脂性肌に少々不向きなのがデメリット。

もともと皮脂の分泌量が多いオイリーな肌質の方が乳液洗顔を行うと、肌に油分を残しすぎてしまい、それがかえってニキビ等の肌トラブルを招く恐れがあります。

ただ、乳液洗顔のタイミングやアフターケア、使う乳液等によっては脂性肌でも実践できる場合もありますので、乳液の選び方や正しいやり方をチェックしておきましょう。

乳液洗顔の正しい実践法

乳液洗顔の正しい実践法
では、乳液洗顔の美肌効果を実感するための正しいやり方をご紹介します。

必要なもの

乳液洗顔に使うのは、「乳液」と「蒸しタオル」のみ。

タオルを水に濡らしてレンジで1、2分チンすれば蒸しタオルが簡単に作れます。

乳液洗顔の手順

①蒸しタオルを顔に当てる

毛穴の汚れが落ちやすくなるよう、まずは蒸しタオルを顔に当て、しっかり毛穴を開かせておきます。

タオルが冷たくなったら、また温めて顔に当てるというのを3回ほど繰り返すのがおすすめ。

肌を触ってやわらかくなったと感じればOKです。

②乳液を量多めに手に取る

乳液は量多めでたっぷりと使うのがコツ。
量が少ないと肌を摩擦してダメージを与えてしまうことがあるので、ここはケチらず、たっぷり使いましょう。

手に取ったら両手でモミモミして少し温めてから顔全体に広げ、パーツごとにくるくると優しくなじませていきます。

黒ずみが気になる小鼻には特に細かく丁寧に。
マッサージするようになじませていきましょう。

③水かぬるま湯で乳液を洗い流す

乳液をきちんと洗い流したら、いつもの洗顔料で洗顔し、その後は普段どおりのスキンケアでうるおいをチャージすれば完了!

乳液洗顔後は肌がモチモチ、しっとりやわらかくなってるのがわかりますよ♪

乳液洗顔を行うときの注意点

せっかく美肌効果の高い乳液洗顔も、間違った方法で行うと肌トラブルの原因に。

実践するときは、以下の点に注意しましょう。

蒸しタオルの温度に注意!

熱すぎるタオルを顔に乗せるとやけどや赤ら顔の原因に。
レンジでチンしたタオルは、一度広げて温度を十分冷まし、顔にのせる前に確認しましょう。
何度か作れば、適温の蒸しタオル作りのコツがわかってきます。

マッサージは優しく細かく丁寧に

毛穴の角栓を取ろうと、ゴシゴシやったり、強くマッサージするのはNG。
肌を摩擦して、シミやしわ、たるみを作る原因になります。

量はたっぷりケチらずに

やり方のところでもご紹介しましたが、乳液の量が少ないと、肌を摩擦する原因となります。
くれぐれも量をケチることなく、贅沢に使っていきましょう。
なるべくコスパのいい乳液を選ぶと、思いっきり使えますね。

乳液洗顔方法Q&A

こちらからは乳液洗顔のやり方のよくある疑問について解説します!

Q.乳液洗顔は毎日やってもいいの?

A.肌への負担も少ないため、毎日行っても問題ありません。

Q.乳液洗顔の後はいつもの洗顔もやる?

A.乳液洗顔の後は、通常の洗顔料での洗顔が必要です。
そのままでは乳液の油分が落とせず、肌にべたつきが残り、肌質によってはニキビができやすくなることがあります。

Q.メイクも落とせるの?

A.乳液には油分が含まれるので、軽いメイクなら十分に落ち、クレンジング代わりになりますが、ウォータープルーフのマスカラなど、濃いポイントメイクやベースメイクは乳液では落とし切れません。

Q.洗い流す前に乳液を拭き取ってはダメ?

A.コットンやティッシュで乳液を拭き取ると、肌を摩擦してダメージを与える原因になるため、あまり推奨できませんが、蒸しタオルによる拭き取りはおすすめ。

最後の拭き取り時にも蒸しタオルを使うことで、古い角質をオフしながら血行を促すことができるので、やわらかくツヤのある肌に仕上がります。

ただし、拭き取るタオルはやわらかいものを使い、肌を摩擦しないよう、やさしく拭き取るよう注意してください。

Q.いつやるのがいい?乳液洗顔のタイミングは?

A.おすすめは入浴時。

少し熱めのお湯にタオルを入れて蒸しタオルの代わりにすることで手間も省けますし、湯船の蒸気で毛穴も開きやすい状態になっています。

手の水分を拭いてから乳液を手に取り、浴室内でマッサージ。

ぬるま湯にして洗い流した後に通常の洗顔を行えば、楽に乳液洗顔が行えます。

洗髪前に行うと、後でシャンプーやリンスをすすいだお湯が顔にかかってしまうので、洗髪の後に行うのがベストです。

Q.朝にやってもいい?

A.もちろんOK。
蒸しタオルを使うことで血行もよくなり、乳液洗顔後は化粧ノリもよくなりますよ♪

Q.ニベアを乳液の代わりにしてもいい?

A.ニベアはクリームで、しかもテクスチャは硬め。
肌の汚れを取ろうとすると、肌を摩擦して負担をかけますので、乳液洗顔として使うのは避けましょう。

Q.乳液タイプの洗顔料とは違うの?

A.乳液状洗顔料と乳液洗顔は別物。
乳液状の洗顔料は、洗顔目的で使用する洗浄成分を含むアイテムですが、乳液は保湿目的で使用するもの。
乳液洗顔で言うところの乳液は後者の商品ですので、間違えないよう注意しましょう。

乳液洗顔に使う乳液の選び方

乳液洗顔に使う乳液の選び方
乳液洗顔に使う乳液は、基本的に手持ちのものでOKですが、高い美肌効果を狙うなら以上のようなポイントをもとに選んでみてください。

リーズナブルでたっぷり惜しみなく使えるもの

前述したように、使う乳液の量をケチると、効果が得られないばかりか、肌トラブルの原因に。

そのため、心理的に使う量を減らしてしまいたくなる、1本10,000円もするような商品は乳液洗顔には不向きです。(洗い流しますし。)

たっぷり惜しみなく使える、価格の手頃な大容量タイプの乳液がおすすめです。

油分多めの高保湿タイプで美容成分をしっかり配合したもの

乳液はクリームに比べると油分が少なめですが、若干油分が多めでコクのあるタイプの乳液がおすすめ。
保湿力も高いだけでなく、肌への摩擦も防げ、角栓とのなじみもいいです。

逆に、水分が多めのさらっとしたテクスチャのものは乳液洗顔には不向きです。

保湿成分などの美容成分をたっぷり配合したものを選びましょう。

乳液洗顔に超おすすめ!市販の人気アイテムをご紹介

それでは、こちらからは乳液洗顔に適した、高保湿のおすすめ人気アイテムをご紹介します。

どれもリーズナブルな乳液なので、洗顔用として惜しみなくたっぷり使えますよ♪

ミノン アミノモイスト モイストチャージミルク

画像引用:www.daiichisankyo-hc.co.jp
価格 2,000円+税
内容量 100g
特徴
  • 9種の保潤アミノ酸配合
  • 香料、着色料、アルコール、パラベン、紫外線吸収剤フリー
  • アレルギーテスト済み
  • パッチテスト済み
  • スティンギングテスト済み

製薬会社が皮膚科学に基づいて考えた、保湿力高めのコクのある乳液。

伸びもよく、肌になじみやすいので、洗顔にも向いています。

低刺激タイプなので、乾燥が強く、少し過敏になった肌でも安心して使える優しい使い心地です。

公式ページ

無印良品 乳液・敏感肌用・高保湿タイプ

画像引用:www.muji.net
価格 780円
内容量 200ml
特徴
  • うるおい機能成分リピジュア&ヒアルロン酸Na配合
  • 香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンフリー
  • アレルギーテスト済み

オリーブ油をはじめ、天然の植物成分や高保湿成分を配合した低刺激性の乳液。

200mlで780円とプチプラ価格なので、乳液洗顔としてケチることなくたっぷり使えます。

肌に優しく、洗顔後の通常の乳液として使っても申し分のない保湿力です。

公式ページ

コーセー モイスチュアマイルド ミルキィローション b

画像引用:www.kosecosmeport.co.jp
価格 1,080円
内容量 160ml
特徴
  • 浸透型マイクロヒアルロン酸AA&高保湿リフトWコラーゲン配合
  • 香料、着色料、鉱物油、アルコールフリー
  • 弱酸性

アルコールフリーで刺激が少ないプチプラ乳液。

ヒアルロン酸とコラーゲン、天然保湿因子(NMF)の高い保湿力で、乳液洗顔として使うと肌にうるおいを与えながらやわらかく洗い上げることができます。

ドラッグストアでも購入できるお手軽ミルクです。

公式ページ

モイスタージュ リンクルエッセンスミルク(超しっとり)

画像引用:http://www.moistage.jp
価格 864円
内容量 160ml
特徴
  • コラーゲン、スクワラン、ローヤルゼリー配合
  • 香料、着色料フリー
  • 弱酸性
  • アレルギーテスト済み
  • 効能評価試験済み

高保湿成分をはじめ、レチノールやマリンプラセンタなどのエイジングケア成分がたっぷり配合された美容液レベルの保湿乳液。

この価格でこれだけの美容成分が補えるなら、洗顔として使うだけでなく、通常使用でもおすすめ。

毛穴もきれいになるだけでなく、乾燥しやすい目元・口元に重ねづけしておくと、乾燥による小じわを目立たなくしてくれます。

公式ページ

なめらか本舗 リンクル乳液

画像引用:nameraka.jp
価格 1,080円
内容量 150ml
特徴
  • ヒト型セラミド配合
  • 香料、着色料、鉱物油フリー

なめらか本舗こだわりの投入発酵液に、セラミド、レチノール、大豆イソフラボンのもっちり成分を配合したエイジングケア乳液です。

濃厚な使い心地で伸びもよく、乳液洗顔にも向いているアイテム。

コクがあるのにべたつかず、リーズナブルでとても使いやすい乳液です。

公式ページ

乳液洗顔の後はアフターケアを忘れずに

乳液洗顔の後はアフターケアを忘れずに
乳液洗顔をすると、すっきり洗い上がるのに肌がやわらかく、しっとりした感覚が実感できるはず。

でも、それに満足してアフターケアをおろそかにすると、乳液洗顔による美肌効果が半減してしまいます。

こちらからは、乳液洗顔の効果をさらにサポートしてくれる、アフターケアに最適なスキンケア化粧品をご紹介します。

乳液洗顔後の毛穴ケアにおすすめ!アクポレス

乳液洗顔後の毛穴ケアにおすすめ!アクポレス
トライアル価格 10日間分 1,400円+税
セット内容 ・洗顔料20g
・薬用拭き取り美容水18ml
・薬用ミルクジェル15g
・薬用保湿乳液8ml
備考 ・泡立てネット、2WAYコットンプレゼント
・30日間全額返金保証付き

ライスフォース アクポレスの特徴

皮脂分泌抑制成分、ライスパワーNo.6エキスを配合した、人気の毛穴ケア化粧品シリーズです。

保湿力の高いライスパワーNo.1エキスや植物性スクワラン、ヒアルロン酸を配合し、肌の皮脂と水分のバランスケアが可能。

乳液洗顔の後に使うと、毛穴の汚れやざらつきがなくなり、それでいてほどよいしっとり感が残ります。

毛穴レスな美肌を目指している方にイチオシです!

詳細はこちら

乳液洗顔後の乾燥肌ケアにおすすめ!ディセンシアアヤナス

トライアル価格 10日間分 1,480円
セット内容 ・化粧水20ml
・美容液10g
・クリーム9g
備考 ・アイクリーム1回分プレゼント
・30日間全額返金保証付き

ディセンシアアヤナスの特徴

特許認定の肌ガード&超保湿技術を採用している、敏感肌・乾燥肌向け保湿化粧品ラインです。

保湿力が高く、肌に浸透しやすいヒト型ナノセラミド配合で、一日中、肌を乾燥や外部刺激から守り、うるおいをキープ。

乳液洗顔のアフターケアに使うと、今まで感じたことのない、モチモチ、しっとりしたやわらか肌を体験できますよ♪

詳細はこちら

毛穴トラブルや乾燥を防ぐ生活習慣

毛穴トラブルや乾燥を防ぐ生活習慣
乳液洗顔で美肌を手に入れたら、生活習慣にも気をつけて、さらなる美肌を目指しましょう。

こちらからは、毛穴レスのしっとり肌をキープするための4つのポイントをご紹介します。

バランスのよい食生活を心掛ける

食生活が乱れていると、栄養のバランスが偏って、美肌づくりに必要な栄養が肌に行き届かなくなります。
これが毛穴の詰まりや乾燥による肌荒れ等、肌の調子が落ちる原因に。

肌をきれいにするためには、たんぱく質をはじめ、脂質や炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、バランスよく摂取できる食事を心掛けることが大切です。

特に、日本人が長年食べてきた和食は美肌食。栄養のことがわからなくても、和食を食べるだけでバランスよく摂取できます。

忙しくて外食が多いという方は、できるだけ和食をオーダーするようにしましょう。

質のよい睡眠をとる

毎日、質のよい睡眠がとれていないと、寝ている間に行われる成長ホルモンの分泌がとどこおって、日中に受けた肌ダメージを修復できなくなります。

睡眠不足だと肌の調子が悪くなるのは、この修復機能が低下することが主な原因。

自律神経のバランスも崩れやすくなり、皮膚のターンオーバーサイクルも乱れてしまうため、肌トラブルが起きやすく、そして治りにくくなります。

美肌をキープするためにも、寝る前のスマホやパソコンの使用は控え、室内を少し暗くしたり、好きなアロマをたいたりして、質のよい睡眠をとれるよう心掛けましょう。

ストレスをため込まない

人は仕事や人間関係などでストレスを大きく感じると、体内の活性酸素量が増え、これが細胞を傷つけて肌の老化のスピードを速めてしまうと言われています。

また、ストレスを感じると分泌されるストレスホルモンは、皮脂の分泌量を増やす働きをするため、ニキビや吹き出物など、毛穴トラブルも起きやすくなります。

さらに、ストレスは腸内環境を悪化させ、肌が本来持っている免疫力も低下。
それに伴って皮膚のバリア機能も衰えてしまうので、肌が過敏になったり、炎症を起こしやすくなってしまいます。

肌のコンディションを保つには、とにかくストレスを発散することが大事。

お風呂にゆったり入ったり、エステに行ったり、趣味に没頭したりと、気分転換をはかって、ストレスをため込まないようにしましょう。

適度な運動で血行を促す

運動を行うと、成長ホルモンが分泌され、新陳代謝が活発になります。
さらに血行も促されるため、栄養や酸素が肌の細胞にいきわたり、肌のターンオーバーが活性化されて、美肌作りをサポート。

適度な疲労感も加わって、睡眠の質もアップしますよ♪

乳液洗顔で乾燥・毛穴レスの美肌を目指そう!

乳液洗顔は、ニキビや角栓などの毛穴トラブルや肌の乾燥改善に高い効果が期待できる洗顔法。

実際、SNSでも実践して美肌効果を感じている方が多くいらっしゃいますし、やってみたいと思われた方も多いと思います。

それに、乳液洗顔は手持ちの乳液とタオルで手軽にできるのが最大のメリット。

なかなか改善しない毛穴や乾燥肌でお悩みの方、乳液洗顔、この機会に試してみてはいかがですか?

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。