大人ニキビのケアにおすすめな化粧水ランキング【市販で話題の商品を厳選】

大人ニキビに効く化粧水をお探しのあなた。いろんな情報に振り回されていませんか?

間違ったニキビケアを続けていると、症状がよくなるどころか、悪化して消えないニキビ跡を作ってしまうことにもなりかねません。

大人ニキビを根本から治すためには、まず、自分の肌状態をしっかり認識してから化粧水を選ぶべきです。

こちらでは、なかなかよくならない大人ニキビにお悩みの方のために、本当に大人ニキビのケアにおすすめの化粧水の見極め方を解説します。ニキビレスな美肌を手に入れたい方は要チェックです!

この記事の目次

大人ニキビケアに向いてる化粧水の選び方

大人ニキビに効く化粧水の選び方
10代の頃にできる思春期ニキビに比べると、大人ニキビは治りにくく、長期に及んで慢性化しやすいという傾向にあります。

そんな頑固な大人ニキビケアに最適な化粧水を見つけるためには、あなたのニキビがなぜ完治しないのかを認識することが第一です。

まずは、大人ニキビが治らない本当の原因を押さえておきましょう。

大人ニキビはなぜできる?根本的な原因はここにあった!

思春期ニキビは、主に性ホルモンの分泌による皮脂の増加が原因ですが、大人ニキビの原因はもっと複雑だと言われています。

まず簡単に、一般的に大人ニキビができる要因として挙げられているものをさらっと見てみましょう。

内的要因 ホルモンバランスの変化、睡眠不足や夜更かし、偏った食生活
外的要因 肌質に合わない化粧品の利用、メイクや汗などの皮脂汚れ、活性酸素
その他の要因 肌の乾燥、薬の常用など

大人ニキビは、以上のような要因を背景に、肌のターンオーバーが乱れて古い角質が肌表面に蓄積。

それが皮脂と混ざり合って毛穴に詰まることでアクネ菌が繁殖し、炎症を起こす・・・
これが大人ニキビができる原因として、よく言われていることですよね。

でも、考えてみてください。

これらの要因は他の誰にでもあること。それなのに、大人ニキビができる人、できない人がいるのはなぜなんでしょう?

もちろん人によって肌質や生活環境が違うということもありますが、一番の理由は「肌環境の違い」です。

チェック!

日本中医薬研究会のホームぺージでは、下記のような事が大人ニキビの原因になりえると説明されています。

◆便秘
便秘と肌のトラブルの関係を実感したことのある女性は多いはず。便秘になると、「熱」が体内にこもり、ニキビの原因になってしまうのです。

◆辛いもの・甘いもの
体を熱くする辛いものや油っこいものの食べ過ぎで、体内に熱がこもった状態になるとニキビができやすくなります。また、甘いものはニキビを化膿させる原因となります。

◆ストレス
ストレスと女性ホルモンには密接な関係があります。ストレスを受けるとホルモンのバランスが乱れ、ニキビができやすくなってしまいます。

◆紫外線
紫外線を浴びると、ニキビの元であるアクネ菌が繁殖しやすくなります。さらにターンオーバーや角質の乱れがおこり、ますますニキビができやすい状態に。

◆睡眠不足
睡眠が足りないと、肌のうるおいが不足し、肌の調子が悪くなります。また、睡眠不足からくるイライラも、ニキビを悪化させる原因になります。

引用:www.chuiyaku.or.jp

大人ニキビができる原因はアクネ菌そのものではない

そもそも、ニキビはアクネ菌が毛穴の中で過剰に増えて炎症を起こし、腫れてしまったものです。

でも、本来アクネ菌は肌を守っている常在菌の一種。

肌環境が正常な状態に整っていれば、肌の修復機能が働き、ニキビができることはないんです。

つまり、大人ニキビができる根本的な原因は、アクネ菌が増殖しやすくなっている肌環境にあるということ。

大人ニキビに悩んでいるあなたの肌は、いろいろな要因が重なって、肌環境が他の人よりも悪化しているというわけです。

アクネ菌とは

アクネ菌は、ほとんど全ての人の皮膚や毛穴におり、表皮ブドウ球菌とともに皮膚常在菌の代表といえます。

脂質を好むため皮脂の分泌量が多い顔や背中に多く、そこからは1平方センチメートルあたり10万~100万個の菌が検出されます。

引用:yakult.co.jp

大人ニキビ化粧水は肌環境を改善してくれるものを選ぶ

顔のパックでスキンケア中の女性
以上のことから、大人ニキビを改善するためには、悪化した肌環境を正常な状態に戻すサポートをしてくれる化粧水を選ぶほうが正解。

具体的には、

  • 刺激がなく肌にやさしいもの=肌を刺激する成分が配合されていない化粧水
  • 今ある炎症を抑えてくれるもの=抗炎症成分が配合されている医薬部外品または薬用の化粧水

この2点を満たしたものが本当に大人ニキビに効く化粧水と言えます。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

刺激がなく肌にやさしいものを選ぼう!

大人ニキビができやすい肌は、肌環境の悪化に伴い、肌のバリア機能も低下。

そのため、以下に挙げるような刺激の強い成分が配合された化粧水を使うと、荒れた肌に追い打ちをかけ、さらに肌環境が悪化するという悪循環に陥ります。

殺菌剤

ニキビ用の化粧水には「イオウ」や「イソプロピルメチルフェノール」、「サリチル酸」、「レゾルシン」といった殺菌剤がよく使われています。

確かに、殺菌剤が配合されたニキビ化粧水は、アクネ菌の繁殖を抑えるためニキビを改善する作用がありますが、これは一時的なもの。

殺菌剤を配合したニキビ化粧水を継続して使っていると、肌を守る菌まで滅菌してしまい、一旦ニキビが治ってもまた再発してしまうことが多いので注意が必要です。

ピーリング成分

「乳酸」や「グリコール酸」などのAHAや「サリチル酸」等のケミカルピーリング成分は、皮膚の角質を溶かして剥離する作用があります。

これらの成分は、角質肥厚によって起こる毛穴詰まりの予防ができるため、こちらもニキビケア化粧品にはよく配合されている成分です。

ただ、皮膚表面を無理やりはがしてしまうわけで、肌環境が悪化した状態で使うと刺激をもろに受けます。

使った直後はニキビが治ることもありますが、こちらも継続使用すると、バリア機能を損ねて肌環境がさらに悪化し、余計大人ニキビができやすい状態に。

殺菌剤と同様、即効性はあるものの、副作用も大きいので、根本的な大人ニキビケアとしてはおすすめできません。

アルコール(エタノール)

アルコールも殺菌剤同様、アクネ菌を殺菌する作用があり、拭き取り化粧水など、多くのニキビケア化粧水に配合されています。

清涼感もあり、使用後にはスッキリするので、使うとクセになりがちですが、こちらも大人ニキビができやすい肌にはかなりの刺激を与えます。

また、アルコールには収れん作用といって、肌を引き締める働きもあり、毛穴自体が閉じてしまうことも。

すると、毛穴内部にたまった膿の排出がうまくできなくなり、ニキビが治りづらくなることがあります。

大人ニキビをできるだけ早く治していくためにも、アルコール配合のニキビ化粧水は避けたほうが賢明です。

今ある炎症を抑えてくれるもの

大人ニキビができやすい肌を健康な肌環境に改善していくためには、まず今起こしている炎症をゆっくり抑えていく必要があります。

それには、

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • グリチルレチン酸ステアリル
  • アラントイン

といった抗炎症成分が配合された医薬部外品または薬用の化粧水が有効。

作用も穏やかなので、肌を傷めることなく、アクネ菌の増殖によって起きた炎症を緩やかにしずめてくれます。

これらの抗炎症成分が配合された化粧水は、殺菌剤が配合された化粧水のような即効性はありませんが、副作用はほとんどなし。

根気よく使い続けることで肌環境が徐々に改善し、大人ニキビができにくい肌に回復していきます。

皮脂分泌が多めの方はビタミンC誘導体配合化粧水もおすすめ

ビタミンC配合の化粧水がおすすめ
もともと皮脂が多いオイリーな肌や、部分的にべたつく混合肌の大人ニキビには、ビタミンC誘導体を配合した化粧水が効果的。

ビタミンCは美白効果や抗酸化作用の高い成分ですが、過剰な皮脂分泌を抑えて、顔の水分と皮脂のバランスを整える効果もあります。

ビタミンC誘導体にも様々な種類がありますが、浸透力や即効性・持続性の高い「APPS」「VCエチル」がニキビケアに向いています。

ビタミンC誘導体化粧水おすすめランキング|プチプラ人気アイテムと選び方ビタミンC誘導体配合化粧水のおすすめアイテムを紹介。エステや美容皮膚科でも使われ、様々な美肌効果が得られると言われている万能アイテム。美肌効果や選び方などを紹介しています。...

大人ニキビ化粧水選びはコスパも重要

大人ニキビを根本的に治していくには、作用が穏やかな抗炎症化粧水で長期間、じっくり腰を据えてケアしていくのが結局のところ一番の早道です。

なので、コスパの点もしっかり考えて、無理なく続けられるものを選びましょう。

また、どんなに作用が穏やかでも、他の配合成分によっては、合う、合わないが出てきます。

失敗した・・・なんてことにならないよう、まずはトライアルで自分の肌に合うことを確認してから現品購入することをおすすめします。

化粧水の選び方まとめ

  • 殺菌剤・ピーリング成分・アルコールを配合していない、肌に刺激の少ないもの
  • 作用が穏やかな抗炎症成分を配合したもの
  • 脂性肌・混合肌はビタミンC誘導体を配合したものも◎
  • コスパがよく続けやすいもの
  • 肌に合うか心配なときはトライアルを

大人ニキビに効く化粧水おすすめランキング

化粧水でケアする美少女
以上の点を踏まえ、殺菌剤・ピーリング成分・アルコール不使用の大人ニキビケアに向いた化粧水だけを厳選。

口コミ、コスパなどを考慮して、おすすめ順にランキング形式でご紹介します。

どれも効果の高い化粧水ですが、保湿力が高くコクのあるしっとりタイプや、テクスチャが軽いさっぱりタイプ、ビタミンC誘導体を配合したタイプがあります。

お財布事情と相談しながら、肌質に合った化粧水を選んでくださいね。

大人ニキビに効く市販のプチプラ薬用ローション

大人ニキビに効く市販のプチプラ薬用ローション

根気よく続けるためにも、もっと安い大人ニキビケア化粧水を知りたい・・・という方もいらっしゃいますよね。

ドラッグストアやスーパー、コンビニでも購入できる市販の大人ニキビ用化粧水は数々ありますが、実はほとんど殺菌剤やアルコールを配合したものばかり。

なので、自信を持っておすすめできるアイテムがあまりないのが現状です。

ただ、ニキビ用とは記載されていなくても、大人ニキビに効果が期待できる、コスパのいい薬用化粧水があります。どれも抗炎症成分を配合したシンプルな化粧水で、副作用も少なく、低刺激なもの。

ニキビへの積極的な効果は若干弱いので即効性はありませんが、炎症を抑えて肌を整える効果が期待できます。

気兼ねなくバシャバシャ使えるので、背中や胸などボディのニキビにも◎です。

肌の弱いメンズニキビにおすすめのプチプラ化粧水

肌の弱いメンズニキビ
男性でも肌が弱いという方はもちろんいらっしゃいますよね。そんな方におすすめなのがこのニキビ化粧水です。

早めに治したい大人ニキビに!殺菌剤配合の薬用化粧水


ランキングでは、比較的作用が穏やかで、緩やかに肌環境改善を促して大人ニキビに効く化粧水をご紹介しました。

こちらからは、大人ニキビを一時的にでも早く治したいという方のために、殺菌剤を配合した薬用化粧水をご紹介します。

どれもニキビへの効果が高いものですが、なるべく長期の使用はしないようにしてくださいね。

大人ニキビのタイプ別おすすめの化粧水


20代以降にできる大人ニキビですが、肌質や生活習慣によってタイプがあります。こちらでは、タイプ別におすすめの化粧水やニキビケア法をご紹介します。

乾燥ニキビ

ニキビができやすいのはオイリー肌というイメージがありますが、大人ニキビでお悩みの方に多い肌質は、実は乾燥肌や部分的に乾燥している混合肌です。
クレンジングや洗顔で皮脂を取り過ぎていたり、保湿が十分でなかったりすると、皮膚のセンサー機能が作用。

皮脂不足を補おうと過剰な皮脂を分泌させるためニキビができてしまう・・・これが肌が乾燥しているのにニキビができる理由です。
乾燥肌の方は、しっとりタイプの化粧水を使い、ノンコメドジェニックテスト済みの乳液や美容液で肌にうるおいをとじこめるスキンケアを。

混合肌の方は、顔の中で乾燥している部分が多い方はしっとりタイプ、べたつく部分が多い方はさっぱりタイプの化粧水を選びましょう。また、ビタミンC誘導体配合の化粧水も効果的です。

おすすめの大人ニキビ化粧水

  • 乾燥肌 ルナメアAC スキンコンディショナー(しっとりタイプ)
  • 混合肌 ルナメアAC スキンコンディショナー(ノーマルタイプ)、エトヴォス 薬用アクネVCローション

ストレスニキビ

最近の研究で、ニキビのある人はストレスが多いということがわかっています。

これは、ストレスを受けるとストレスホルモンが分泌され、それが皮脂腺を刺激して過剰に皮脂を分泌させてしまうからです。
疲れやストレスがたまるとニキビができやすくなるという方は、リラックス効果の高い天然香料を使った自然派のニキビ化粧水がおすすめ。

使用感のいい化粧水で、心も体も癒やしてあげましょう。

おすすめの大人ニキビ化粧水

  • ⇒アユーラ f サインディフェンス バランシングプライマー アクネ

大人ニキビの進行別効果的な治し方


大人ニキビも思春期ニキビ同様、ニキビの進行度によって症状やケア方法が異なります。
適切なケアができるよう、今の自分のニキビの状態がどの段階なのか把握して、それに合わせたケアを行っていきましょう。

白ニキビ

ニキビの状態を見て、毛穴が閉じていて、白いプツプツとした芯のようなものが出ていたら、それが白ニキビ。ニキビの初期症状です。この状態から悪化させないよう、常に肌を清潔に保つことが大切です。

洗顔後、水分を拭き取るタオルをペーパータオルに変えるのもおすすめ。ピーリング効果のある洗顔料を泡立て、ニキビができている部分にだけ泡を乗せて洗い流すようにすると、肌を傷めずに毛穴詰まりを解消できます。

また、この段階で面皰圧出器(コメドプッシャー)などを使って芯を押し出すことができれば、早く治ることもあります。

白ニキビの原因とケア方法?生活習慣とケアを見直して体質改善!気がつくと、頬やおでこ、鼻や口周りにポツポツ出てくる白ニキビ。突然大量発生してみたり、治ってもまた出てきたりと、白ニキビに長年悩まされて...

黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビの白い芯の部分が酸化して黒くなっている状態。白ニキビとほぼ同じ段階なので、基本的に同じお手入れ方法ですが、ビタミンC誘導体配合の化粧水をプラスすると皮脂の酸化が防げます。

赤ニキビ

赤く腫れてしまった赤ニキビは、白ニキビが悪化して炎症を起こしてしまった状態。肌への刺激を極力抑え、さらなる悪化を防ぐようにしましょう。赤ニキビができているときは、ファンデーションの使用も控えたほうが無難。クレンジングの使用も省けるので肌の負担が軽減できます。

頭皮の赤いニキビの原因は?おすすめのシャンプーと治し方気がつくと、赤くぷつっと出てくる頭皮ニキビ。かゆみが出たり、なかなか治らなくてお困りの方も多いですよね。 放っておくと炎症が大きく...

黄ニキビ

黄ニキビは、赤ニキビがさらに悪化して膿がたまった状態です。
この状態で潰してしまうと、確実にニキビ跡を残してしまうので、絶対に触らないこと。
自己流のケアはやめて、早めに専門医の治療を受けましょう。

紫ニキビ

赤ニキビの状態が進行して毛穴周辺の組織が破壊されると、かなりの痛みを伴う炎症が起こります。
皮膚の下に硬いしこりのようなものができてしまっている状態が紫ニキビの段階です。
この状態でのセルフケアによる完治はほぼ絶望的。黄ニキビ同様、早めに専門医の治療を受けましょう。

大人ニキビ化粧水を選ぶときによくある疑問

よくある疑問

Q:化粧水に記載されている「ノンコメドジェニック」って何?

ノンコメドジェニック化粧品というのは、アクネ菌の栄養源となりにくい油分だけで作られている化粧品という意味です。

油分だけが大人ニキビができる原因ではないですが、「ノンコメドジェニック」と表示された化粧品のほうがニキビができにくい処方になっています。

ノンコメドジェニック化粧品には

  • ノンコメドジェニック処方
  • ノンコメドジェニックテスト済み

という2種類の記載がありますが、テスト済みと書かれたものは「コメド=角栓」ができにくいという証明試験をクリアしたもの。

処方とだけ書かれたものは、コメドができにくい処方で作られていますよということのみの表示です。

100%コメドができないとは言えませんが、ニキビができやすい方は、化粧水に限らず、ファンデーションや化粧下地などを選ぶときにも、「ノンコメドジェニックテスト済み」かどうかをチェックしましょう。

Q:敏感肌なのに大人ニキビができるという場合、どんな化粧水を選んだらいい?

アルコールや殺菌剤、ピーリングなど、肌の刺激となる成分を配合していない化粧水がおすすめです。

当サイトのランキングでご紹介している大人ニキビケア化粧水は、これらの成分をすべて配合していないので、敏感肌の方でも安心です。ぜひ参考になさってくださいね。

Q:ニキビができやすいので乳液は使いたくないです。化粧水だけで保湿を終わらせてもいいですか?

基本的に化粧水のみの保湿では不十分。肌を乾燥させて、かえってニキビができやすくなってしまうため、化粧水の後は必ず乳液や美容液で保湿を行ってください。

油分が気になるようなら、ノンコメドジェニックテスト済みの化粧品や、油分が少なめのジェルタイプの保湿剤などを使いましょう。

Q:なぜ大人ニキビには思春期ニキビ用の化粧水を使ってはいけないの?

思春期ニキビ用の化粧水は、主に殺菌作用や脱脂作用の強い成分が配合されているため、大人ニキビに使うと乾燥や刺激の原因となります。

大人ニキビには、抗炎症と保湿ができるタイプの化粧水でケアを行っていきましょう。

Q:大人ニキビ用の化粧水は男性も女性も使えるの?

基本的に男性でも女性でも使えますが、女性に比べると男性のほうが皮脂分泌が多く、肌も強いため、男性には男性向けの大人ニキビ化粧水がおすすめです。

ただ、男性用のニキビ化粧水は、サリチル酸やアルコールが使われていて清涼感のあるものが多め。女性が使うと乾燥しやすいので注意しましょう。

大人ニキビの悪化を予防する4つのポイント

大人ニキビの悪化を予防する4つのポイント
大人ニキビは、思春期ニキビに比べると重症化しやすく、ケアを間違えるとニキビ跡が残ってしまうことがあります。悪化を防ぐためにも、以下の点を守りましょう。

炎症があるときは絶対に潰さない

白ニキビや黒ニキビなど、初期症状のニキビは上手に潰すと治りが早くなる場合がありますが、炎症を伴っているときはNG。

ひどく化膿して痛みを伴ったり、毛穴周辺の組織が壊れて、凸凹のニキビ跡ができることがあるので、絶対に潰さないでください。

過剰な洗顔はしない

ニキビができているからと、何度も洗顔を行うのもNG。
過剰な洗顔で皮脂を取り過ぎてしまうと、逆に皮脂分泌を招いて大人ニキビのできやすい肌になってしまいます。

洗顔は朝晩2回で十分です。大人ニキビに適した洗顔料で丁寧に洗い上げ、常に肌を清潔にしておきましょう。

おでこニキビがあるときは髪を上げる

おでこにニキビがあるときに前髪がかかっていると、毛穴を刺激してニキビが悪化したり、量が増えたりすることがあります。
なるべく前髪が当たらないよう、思い切って髪を上げておきましょう。

頬の大人ニキビは触らない

頬にニキビができると、ほおづえをついたり、無意識に触ったりと、知らず知らずのうちに刺激を与えがち。

手には見えない雑菌がたくさん付いているので、つい触っていると、あっという間に悪化してしまいます。
手では触らないということを常に意識しましょう。

ニキビが腫れて膿んだら皮膚科を受診する

悪化してしまったら、治すケアよりも、とにかくニキビ跡を残さないというケアにシフトすべき。
大人ニキビが腫れて痛みや膿を持ったら、自己流のケアはやめて、早めに皮膚科を受診しましょう。

大人ニキビに効く化粧水で自信を持てる素肌に

以上、大人ニキビに効くと言われる化粧水をたくさんご紹介しました。無理なく続けられそうな商品は見つかりましたでしょうか?

いろんな種類があって迷うと思いますが、大人ニキビケアの基本は、肌を清潔にして炎症を和らげ、十分な保湿をすること。
バリア機能を健康な状態に回復させて、ニキビのできにくい肌環境に改善させることが一番大切です。

肌が元気になってきた!と感じたら、ニキビレスな肌まであと一歩。
大人ニキビに効く化粧水でじっくりケアし、すっぴんに自信の持てる素肌を手に入れましょう!

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

ブティーマガジン
編集部
ブティーマガジンはあなたの知りたいを追及するWEBマガジンです。クレンジング、スキンケア、基礎化粧品に関する記事を配信しています。