登録商品数
50

クレンジングクリームのおすすめ人気ランキング【特徴と選び方】

クレンジングクリームは、適度な油分と洗浄力で肌にやさしくメイクオフできるスキンケアアイテム。

こちらでは、

  • するんと落ちて刺激が少ないクリームクレンジングがほしい!
  • べたつかないクレンジングクリームってない?
  • 毛穴ケアに効果的なクレンジングクリームは?
  • 価格が安いのに優秀なクレンジングクリームってどれ?

という方のために、おすすめのクレンジングクリームを厳選し、口コミで人気の高い順にランキング形式でご紹介します。

クレンジングクリームの特徴

クレンジングクリームとは、クリームのようなテクスチャで水分よりも油分が多めのメイク落とし。

クレンジングオイルほどメイクを落とす力は高くないものの、肌なじみがよく、適度な洗浄力で肌への負担も少ないため、デイリー使いに適したクレンジング料です。

基本的にダブル洗顔が必要ですが、肌の皮脂を落とし過ぎることなく、乾燥や摩擦から肌を守りながらメイクを落とせるので、クレンジングクリームはこんな方に向いています。

こんな方におすすめ

  • 肌がかさつきがちな乾燥肌の方
  • 刺激を感じやすい敏感肌の方
  • ふだんナチュラルメイクの方
  • 生理前や季節によって肌がゆらぎやすい方

反対に、クレンジングクリームは塗れた手で使えないだけでなく、クレンジング後、洗顔料できちんと洗い流さないと油分が残りやすいものもあるので、面倒臭がりさんには向かないかも。

油分が残ると、毛穴の黒ずみや角栓、ニキビや吹き出物など、肌トラブルを招くこともあり、クレンジングクリームは使い方を守るということも大切です。

クレンジングクリームの選び方

クレンジングクリームを選ぶときには、次の3つのポイントをチェックしてみましょう。

きっと満足のいくクレンジングクリームに出会えるはずですよ♪

拭き取りタイプか洗い流すタイプか

クレンジングクリームには、ティッシュやコットンで拭き取るタイプと、洗い流す(ウォッシャブル)タイプ、そして、拭き取り、洗い流し、どちらでもOKという3タイプがあります。

商品によっても違いはありますが、洗い流すタイプのほうが乳化が必要なので界面活性剤が多めという傾向があり、肌に負担がかかる場合もあります。

そのため、界面活性剤の肌への影響が心配な方は拭き取りタイプがおすすめ。

ただ、拭き取りタイプのほうも、コットンやティッシュで肌をこすってメイクと落としていくため、力加減によっては肌に負担がかかります。

摩擦によるシミやくすみを防ぎたいという方、肌が弱っていてなるべく肌をこすりたくないという方は、洗い流すタイプのクレンジングクリームを選びましょう。

洗い流すタイプの洗い上がりのべたべた感が苦手という方は、メイクをなじませた後、一度、ティッシュを顔に広げて少し油を押さえるようにして拭き取っておくと、その後のダブル洗顔時にすっきり仕上がります。

配合されているうるおい成分をチェック

クレンジングクリームの全成分表示で、配合されている美容オイルや保湿成分をチェックしてみましょう。

肌を乾燥から守りながらやさしくメイクを落とすなら、こんなうるおい成分がおすすめです。

こんな美容オイル・保湿成分がおすすめ

美容オイル ・スクワラン
・オリーブ油
・アーモンド油
・ホホバ種子油など
保湿成分 ・グリセリン
・ヒアルロン酸
・セラミド
・リピジュアなど

使われている油性成分をチェック

ミネラルオイル(鉱物油)を主成分に作られたクレンジングクリームは、肌なじみがよく、メイク料を浮かせやすくなりますが、洗い流そうとすると皮膚からはがれにくいのが特徴。

そのため、界面活性剤が多く配合されていることもあります。

また、商品によってはべたつきが残るものもあり、ダブル洗顔時にすっきり落とそうと念入りに洗ってしまうと皮脂を落とし過ぎることも。

ミネラルオイル自体は安全な成分ですが、肌の乾燥を強く感じる方は「無鉱物油」「鉱物油フリー」と表示されたクリームクレンジングを選ぶと安心です。

クレンジングクリームのおすすめ人気ランキング

ユーザーの口コミ評価を収益してランキング形式でクレンジングクリームを紹介しています。

クレンジングクリームの正しい使い方

クレンジングクリームは正しく使わないと、メイク落ちが悪くなるだけでなく、肌トラブルの原因に。この機会にきちんとおさらいしておきましょう。

ポイントメイクは一番最初に落としておく

クレンジングクリームは基本的にウォータープルーフなど目元の濃いメイク落としには不向き。顔全体のクレンジングを行う前に、マスカラやアイシャドウ、アイラインなど落ちにくい部分のポイントメイクは一番最初に落としておきましょう。

手や顔は乾いたままクレンジングクリームを手に取る

ほとんどのクレンジングクリームは、顔や手が塗れたりしていると油分のメイクアップ料となじみにくくなり、肌を摩擦しやすくなったり、メイク落ちが悪くなります。

クレンジングクリームを手に取る前に、顔や手についた水分は拭き取って乾いた状態にしておきましょう。

クレンジングクリームをなじませる

Tゾーンからクレンジングクリームをのせ、顔の中心部から外側へ向かって全体になじませていきます。肌を動かしたり、手でこすらないように、やさしく広げていくのがコツ。

細かい部分は指の腹でくるくると

角栓や毛穴の黒ずみが起こりやすい小鼻など、細かい部分は指の腹を使って細かくくるくるとなじませます。このときも決してこすらないよう注意!

最後はぬるま湯ですすぐ(orティッシュで拭き取る)

クリームがメイク料になじんで指がふっと軽くなったらすすぎ時。ぬるま湯で洗い流しましょう。クリームクレンジングは基本的にダブル洗顔が必要なので、完璧に落としていなくてもOK。

ぬるつき、べたつきが気になるようなら、ダブル洗顔前にティッシュや蒸しタオルを広げ、押さえるようにして少し油分をとっておくと、肌を傷めずすっきり洗い流せます。

編集部
編集部
比較的、肌にやさしいクレンジングクリームですが、界面活性剤が含まれているため、メイク落としに長い時間をかけるのはNG。

肌に負担をかけないよう、肌にのせてからすすぐまで、大体1分ほどで終わらせるよう、手早く済ませてくださいね。

まとめ

クレンジングクリームは、うるおいを保ちながらメイクオフできる、肌にやさしいアイテムです。肌への負担も少ないので、クレンジングオイルやジェルクレンジングなど、いろいろなクレンジングを使ってなかなか合うものが見つからないという方にもおすすめ。

また、乾燥しやすい秋冬にもクレンジングクリームがあると、かさつきが防げて本当に重宝します。乾燥による肌老化予防にも役立つこと間違いなし!ぜひ上手に使いこなして、うるおいのある美肌に育ててくださいね。