ちふれのオールインワンジェル2種類を徹底検証!口コミからわかる本当の効果

「プチプラなのにしっかり保湿できるコスメが欲しい」「スキンケアに使うお金をできるだけ節約したい」そんな人におすすめなのが、ちふれやセザンヌなど、ドラッグストアの中でも特に安いブランドのオールインワンジェルです。

特にちふれは、口コミ数が多く高評価の声もあり、安いオールインワンジェルでも侮れません。

でも中には、「安いから本当に効果があるのか心配」「肌荒れしそう」と思う人もいるでしょう。

今回は、ちふれのオールインワンジェルの成分や特徴、そして口コミ評価からわかる本当の効果を調べて解説します。

記事後半では、セザンヌのオールインワンジェルと比較もしているので、ちふれとセザンヌの間で迷っている人も必見です!

<うるおいジェル以外も>ちふれオールインワンジェルの種類

2019年10月時点でちふれ公式で販売されているオールインワンジェルは、「うるおいジェル」「美白うるおいジェル」の2種類です。

ちふれのオールインワンジェルは、1つで6役を果たします。

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム
  • パック
  • 化粧下地

6役を果たすのはうるおいジェルと美白ジェル、どちらも一緒です。

また、どちらも詰め替え用が販売されており、2個目からは定価より100円程度やすくなります。

ちふれのオールインワンジェルは、ドラッグストアで購入できるオールインワンジェルの中でも特に安いので、「安いぶんスキンケア効果はなさそう」と思う人は多いかもしれません。

確かに、安い化粧品は使われている成分も安価、または少量で効果があまり期待できないものもあります。

しかし、高価な化粧品、特に大々的に宣伝されている大手化粧品が必ずしも優れている、というわけでもないのです。

実際、大手メーカーの化粧品の価格には宣伝広告費が上乗せされているものも多く、高いぶん良い成分をたくさん使っているものばかりではありません。

ちふれのオールインワンジェルに配合されている成分をチェックしてみましたが、使われている成分は高価なオールインワンジェルにも使われています。

例えば、美白うるおいジェルに配合されている美白有効成分「トラネキサム酸」は、シミの1つである肝斑に効果的な成分です。

ちふれのうるおいジェルの他には、アクアレーベルのオールインワンジェルや第一三共ヘルスケアのトランシーノにも使われています。

『トラネキサム酸』はアミノ酸の一種で、炎症を引き起こす酵素「プラスミン」を抑える「抗プラスミン作用」があり、美白効果を与える化粧品以外にも、風邪などによる喉の炎症を予防する薬や毎日の生活に欠かせない歯磨き粉にも使われています。

美白をターゲットに開発した資生堂が、メラノサイトの活性化を抑制してシミを予防する効果に焦点をあてる場合に、メラノサイトにちなみ、頭に「m-」を付けた名称を用いて区別しています。

出典:SHISEIDO 美容成分辞典

同じ成分でも配合量に違いはあるかもしれませんが、安いオールインワンジェルだから効果のない美容成分が配合されている、というわけではないので、試してみる価値はあるでしょう。

では、実際にうるおいジェルと美白うるおいジェルは、どちらが人気なのでしょうか?

ちふれのオールインワンジェル口コミ評価

ちふれのオールインワンジェル、うるおいジェルと美白うるおいジェルの口コミ評価を比較してみました。

どちらもプチプラなので、購入する人が多く、口コミの数もたくさんありましたが、全体的に評価はまあまあ、特に美白うるおいジェルの方はあまり高くなかったです。

なぜ評価が高くないのか、口コミで多かった意見から分析してみます。

ちふれうるおいジェルの口コミ評価

公式サイトをみる
楽天で購入する
Amazonで購入する

ちふれのうるおいジェルは、美白タイプと比べると高評価な口コミが多かったです。

特に評価されていたのが、保湿力とコスパでした。

1,000円以内で購入できるうるおいジェルは、安いのに保湿力が高く、化粧水や乳液、クリームを別で用意しなくていいというのが支持の理由でしょう。

中には、手持ちの化粧水を塗ってからうるおいジェルを重ねるという人もいましたが、全体的に保湿力に満足している声が多かったです。

一方で、「肌がヒリヒリする」「ニキビができた」という声もありました。

肌質によって効果に違いがあるのはどの化粧品でも言えることですが、調べてみるとちふれのうるおいジェルには防腐剤が配合されているため、敏感肌の方には不向きかもしれません。

また、ちふれのうるおいジェルにはニキビケア効果がないので、保湿力はあっても、食生活や生活習慣が原因でできるニキビは防げないのです。

口コミから、ちふれのうるおいジェルが向いているタイプと、不向きなタイプを考えてみました。

ちふれ うるおいジェルが向いている人

  • 敏感肌じゃない
  • ニキビができることが少ない
  • 忙しくてスキンケアを省くことが多い
  • 乾燥肌

ちふれ うるおいジェルが向いていない人

  • 敏感肌
  • ニキビができやすい

ちふれ美白うるおいジェルの口コミ評価

公式サイトをみる
楽天で購入する
Amazonで購入する

口コミの良し悪しに限らず、とにかく多かったのが「ベタつく」という声でした。

特に20代のユーザーがベタつきを感じると評価しており、逆に30代や40代は「保湿力がある」と評価しているので、年代による肌質の違いで評価が分かれるという印象です。

オールインワンジェルのベタつきに対しては、肌質や使う量、使う季節によって感じ方は変わります。

ただし、ちふれの美白うるおいジェルはベタつきに対する指摘が多いのが気になるところです。

ベタつくという意見が少数であれば、肌質に合わない人もいると考えられますが、ベタつきを気にする声が多いということは、使い心地が万人ウケしないと考えられますね。

肝心の美白力も評価はイマイチ?

ちふれの美白うるおいジェルは、美白有効成分のトラネキサム酸が配合されている薬用オールインワンジェルです。

医薬部外品なので、化粧品に分類される美白コスメよりは効果はあると考えられますが、おそらく美白有効成分の配合量は少ないと思います。

また、美白コスメは一般的に効き目を感じるまでに最低でも3ヶ月はかかるもの。

口コミを見ていると、リピートしている人もいましたが、リピートしていても美白効果を実感したという声はほとんどありませんでした。

特に、できたシミに対しては高い期待はできません。

できたシミのケアには、ハイドロキノンやビタミンC誘導体など、色素沈着したメラニンにも作用する成分が必要です。

すでにあるシミをケアすることが目的なら、ちふれの美白うるおいジェルではなく、ハイドロキノンが配合された「ビーグレン」や「アンプルール」などを使う方が良いでしょう。

ちふれのオールインワンジェル、使うならどっち?

口コミ評価を比較してみて、ちふれのオールインワンジェルで使うならうるおいの方をおすすめします。

美白うるおいジェルは、次の2点がネックですね。

  • ベタつきが気になという声が多く、使用感が心配
  • 美白効果はあまり期待できない

美白ケアをしたいなら、保湿ケアはうるおいジェル1点にして、ジェルを使う前に他の美白美容液を使ったり、定期的に美白パックを使った方が効果的でしょう。

うるおいジェルの方は、敏感肌やニキビができやすい肌以外には、高い保湿効果が期待できるので、日々の保湿ケアに使用しても問題はないと思います。

ちふれのうるおいジェルは、あくまでも保湿ジェルなので、美白やエイジングケアなどは、専用の美容液でケアする必要があります。

シミやシワ、たるみ、毛穴など肌悩みがある場合は、肌悩みに特化した美容液を合わせて使いましょう。

ちふれとセザンヌ、オールインワンジェルの違い

ちふれと並んでプチプラコスメで人気のセザンヌからも、2つのオールインワンジェルが販売されていますが、ちふれとどちらが優れているのでしょうか。

セザンヌのオールインワンジェルの種類と特徴

セザンヌが販売しているオールインワンジェルは、次の2点です。

  • うるおいオールインワンジェル
  • 薬用美白 大人のねりジェル

保湿用と美白ケア用の2種類を展開している、という点ではちふれと同じですよね。

口コミ数では、セザンヌよりもちふれのオールインワンジェルの方が多いですが、やはりセザンヌも保湿用の方は評価が高め、美白用は低めという結果でした。

美容成分に関しては、ちふれよりもセザンヌの方が種類が多く、「大人のねりジェル」は美白有効成分のトラネキサム酸に加え、抗炎症作用を持つグリチルリチン酸ジカリウムも配合されています。

また、美白有効成分以外にはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、植物エキス数種類と保湿成分も豊富です。

美容成分だけで言えば、セザンヌのオールインワンジェルの方が優秀と考えられますね。

セザンヌのオールインワンジェルの口コミ評価

セザンヌの2つのオールインワンジェルの口コミを調べてみましたが、うるおいオールインワンジェルは肌質によっては乾燥しますが、全体的に保湿力に満足している声が多かったです。

美白用のオールインワンジェルは、美白効果に関してあまり評価がないのはちふれと同じですが、ちふれよりはベタつくという声が少ない印象でした。

ただ、保湿感はうるおいオールインワンジェルの方が比較的さっぱりめ、大人のねりジェルはこってりめという感じです。

ちふれもセザンヌも、価格帯と口コミ評価も似ていますが、成分だけで言えばセザンヌの方がスキンケア効果が期待できるので、迷ったらセザンヌを選んだ方が良いかもしれませんね。

また、セザンヌのオールインワンジェルは肌にやさしい弱酸性なので、敏感肌の方でも比較的使いやすいでしょう。

ちふれのオールインワンジェルは使える?

ブティーマガジン的には、プチプラかつ似た価格帯でオールインワンジェルを買うなら、ちふれのオールインワンジェルよりもセザンヌのオールインワンジェルをおすすめします。

ただし、ちふれもセザンヌも、美白タイプのオールインワンジェルを使うより、保湿タイプと美白美容液を合わせて使う方が美白ケア効果が高く期待できるでしょう。

ちふれもセザンヌもどちらのオールインワンジェルでも、極度の敏感肌でない限りは問題なく保湿できます。

ただ、保湿以外の効果を求めるなら、肌悩みに合わせた美容液を組み合わせて使ってみてくださいね。

・記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーや販売元にてご確認ください。
・掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

佐々木りな
美容ライター
佐々木りな
アラサーの美容ライターです。最近3ヶ月で10キロの減量に成功しました!愛猫と一緒に暮らしていますが、婚期からどんどん遠ざかっている気がする今日この頃。