肌トラブルの予防に◎正しいクレンジングの方法

メイクした日の終わりには欠かせないプロセスである「クレンジング」。

疲れているとつい力を入れすぎてしまったり、雑に済ませてしまったり…なんてこともありますよね。

でも、間違えたクレンジング方法が習慣になっていると、毛穴の黒ずみやニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

そこで今回は、肌トラブルの予防にもつがなる正しいクレンジングの方法をご紹介します!

ぜひ参考にして、肌トラブルと無縁のスキンケアを身につけましょう。

正しいクレンジングのポイント

ポイントメイクには専用のリムーバーを使う

クレンジングは時短のため、一度に済ませてしまう方も多いと思います。

でも、ポイントメイクとベースメイクをまとめて落とそうとすると、つい力を入れすぎてしまい、肌への負担が大きくなってしまうことも。

特にウォータープルーフのコスメを使っているときはゴシゴシ洗いにつながりやすく、肌にダメージを与えてしまいます。

クレンジングの際はできるだけ専用のリムーバーを使い、ポイントメイクを先に落とすようにしましょう。

クレンジングの使用量を守る

クレンジングは1度に使う量が少なすぎると、肌へまんべんなく広げる際に摩擦が生じやすく、肌に負担をかけてしまうことがあります。

クレンジングをする際はパッケージに記載されている使用量を必ず守り、肌への負担を最小限にするようにしましょう。

32~35℃くらいのぬるま湯を使う

クレンジングをすすぐ際のお湯は、温度が高すぎると肌に必要な水分や油分まで落としてしまい、乾燥を招く原因にも。

また、反対に冷たい水ですすぐと毛穴が締まり、メイクや余分な皮脂を落ちにくくしてしまいます。

すすぎに使うお湯は、触ったときに「少しぬるいな」と感じる温度(32~35℃くらい)に調節するのがおすすめです。

【正しいクレンジングの方法】

STEP.1
Tゾーンを洗う
まずは比較的皮脂が多いTゾーン(額、鼻)から洗いましょう。

指4本の腹全体を使って小さな円を描くようにリズミカルに動かします。

STEP.2
Uゾーンを洗う
Uゾーン(頬)はそっと触れるような感覚で、優しく丁寧にクレンジングをなじませるようにしましょう。

STEP.3
目元と口元を洗う
目元や口元は皮膚が薄くデリケートなため、時間をかけすぎないように洗ってください。

STEP.4
ぬるま湯ですすぐ
すすぎの際は両手でたっぷりのぬるま湯をすくい上げて、刺激を与えないようそっと洗い流します。

フェイスラインや生え際はすすぎ残しをしやすい箇所なので、忘れずにすすぐようにしましょう。

水圧の強いシャワーを当てたり、指でこするようにすすぐのはNGです。

STEP.5
清潔なタオルで優しく水気を取る
清潔なタオルをポンポンと肌に当て、優しく水気を取るようにします。

ゴシゴシと力を入れて拭き取ると、摩擦によって肌にダメージを与えてしまうことがあります。

「こすらず優しく押し当てる」拭き取りを心がけましょう。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. Hold Porn

    Be beautiful enough to feast the eyes

コメントするためには、 ログイン してください。